OpenSeaMap

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
OpenSeaMap
OpenSeaMap logo
URL
openseamap.org
タイプ 無料海図の共同作成プロジェクト
分野 地図
使用言語 ロシア語スペイン語イタリア語英語ドイツ語フランス語
閲覧 無料
登録 利用するだけなら登録不要
編集するなら要登録
ライセンス ODbL 1.0
運営元 オープンストリートマップ財団
設立 2009年
オンラインエディタ
JOSMエディタ
大気圧
OpenSeaMapとWikipedia

OpenSeaMapは利用可能な航海情報や地理データを集結して世界中の海図を作成する共同作業プロジェクトである。海図は公式サイトでの閲覧以外にも、手持ちの電子機器にダウンロードした利用が可能である。 オープンストリートマップ(以下、OSM)の一部であり、共に同じデータベースを使用し、地理および海洋データを補完している。オープンデータベースライセンスに則した利用が可能であり、参照元としてOpenSeaMapの記載が必要だが使用料やライセンスによる使用制限に縛られることなく、印刷物やウェブサイトアプリケーションに利用できる。

概要[編集]

海図には灯台や各種航路標識、その他の航法援助や港湾施設(防波堤、歩道、埠頭、給油所、連絡道路、鉄道路線、連絡船航路)なども含まれる。各種表示は国際水路機関のS-57に準拠している。

データベースは、3次元に対応していないことから水深の立体表示が不可能(現時点では階級区分図を採用)である。しかし、将来的には水深測量モデルを用いて海底の描画に対応するよう取り組んでいる。

OSMをベース[1] にしたOpenLayersによる多層のデータが表示されており、OSMの全オブジェクトの他にも航路標識法や各種港、船レースイベント情報等の追加レイヤーが使用できる。

ロシア語スペイン語イタリア語英語ドイツ語フランス語の六言語に翻訳されており、ツールや凡例は英語ドイツ語フランス語インターフェースが利用できる。海図の地名は各地域の言語で記載されており、日々地図作成者により更新され続けている。

地図上の港湾や停泊地、ヨットハーバーはポップアップウインドウにて詳細が表示され、記載内容は編集可能である。SkipperGuide[2] を含むウィキプロジェクトによると、5000箇所の港湾が世界中で利用されており、600箇所の停泊地に詳細な説明が加えられている。

全地域の風速や気圧(等圧線)などの気象データに基づく天気図が描画されており、データは一日2〜3回更新され、三日後までの予想天気図が利用できる。

100から10000mまでの海底の深度に伴い、23段階に海の色調を塗り分けている。

アプリケーション[編集]

海図データの編集には以下の2方式がある。

地図の編集に際してメールアドレスの入力を含むアカウント登録(無料)をする必要がある。XML-RPCのインタフェースを用いたプログラムによる利用も可能である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]