XML-RPC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

XML-RPCとは、RPCプロトコルの一種であり、エンコード(符号化)にXMLを採用し、転送機構に HTTP を採用している。非常に単純なプロトコルで、少数のデータ型やコマンドだけを定義しているだけであり、その仕様は2枚の紙にまとめられる。これは多くのRPCシステムが膨大な量の規格を規定し、実装に多量のプログラミングを要することに比べると、際立った特徴と言える。

1998年、ユーザーランド・ソフトウェアがマイクロソフトと共同で開発した。その後、これに新たな機能を追加したものがSOAPへと発展した。しかし、SOAP よりも単純で扱いやすい XML-RPC を好む人もいる。

類似の RPCプロトコルとして JSON-RPC がある。

データ型[編集]

名称 タグ使用例 説明
array
<array>
  <data>
    <value><i4>1404</i4></value>
    <value><string>Something here</string></value>
    <value><i4>1</i4></value>
  </data>
</array>
値の配列。キーは格納しない。
base64
<base64>eW91IGNhbid0IHJlYWQgdGhpcyE=</base64>
Base64でエンコードされたバイナリデータ
boolean
<boolean>1</boolean>
ブーリアン型の論理値(0 または 1)
date/time
<dateTime.iso8601>19980717T14:08:55</dateTime.iso8601>
日付と時刻
double
<double>-12.53</double>
倍精度浮動小数点数
integer
<i4>42</i4>

または

<int>42</int>
整数
string
<string>Hello world!</string>
文字列。XMLのエンコード規則に従う。
struct
<struct>
  <member>
    <name>foo</name>
    <value><i4>1</i4></value>
  </member>
  <member>
    <name>bar</name>
    <value><i4>2</i4></value>
  </member>
</struct>
キーを含む値の配列。
nil
<nil/>
NULL値の識別用。XML-RPC の拡張

[編集]

XML-RPC 要求の典型例を以下に示す。

<?xml version="1.0"?>
<methodCall>
  <methodName>examples.getStateName</methodName>
  <params>
    <param>
        <value><i4>40</i4></value>
    </param>
  </params>
</methodCall>

XML-RPC 応答の典型例を以下に示す。

<?xml version="1.0"?>
<methodResponse>
  <params>
    <param>
        <value><string>South Dakota</string></value>
    </param>
  </params>
</methodResponse>

XML-RPC フォールトの典型例を以下に示す。

<?xml version="1.0"?>
<methodResponse>
  <fault>
    <value>
      <struct>
        <member>
          <name>faultCode</name>
          <value><int>4</int></value>
        </member>
        <member>
          <name>faultString</name>
          <value><string>Too many parameters.</string></value>
        </member>
      </struct>
    </value>
  </fault>
</methodResponse>

関連項目[編集]

外部リンク[編集]