ラジオカセットレコーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
初期のステレオタイプのモデル

ラジオカセットレコーダーは一般的にラジカセとも呼ばれ、コンパクトカセットテープレコーダー(テレコ)にラジオチューナーを内蔵した音響機器である。その他にアンプスピーカーを備える、いわゆるオールインワン型製品である。

ほぼ全ての機種で持ち運びが出来ることを念頭とし(大きくて困難な機種もある)上部に折りたたみ式の把っ手がついており乾電池で駆動を可能にしている。

本項では、ラジカセに準ずる、ラジオとレコーダー機能を併せ持ち持ち運びが容易なオールインワン製品一般を取り扱う。

ちなみに短縮形で「ラジカセ」と世間に呼ばせたのは音響機器メーカーのパイオニアで、「ラジカセ」を商標登録しようとしたが却下された。日本国外では「boombox」や「ghettoblaster」と呼ばれる。

歴史[編集]

1980年代初頭に製造されたラジカセ(日本ビクター製・RC-M50)

ラジカセの登場[編集]

日本では日立製作所1963年オープンリール式テープレコーダーにトランジスタラジオを搭載した「ベルリーナ」が最初と言われている。その後、1968年に国産初のアイワTPR-101コンパクトカセット+FM SW AM 3バンドラジオ式)が登場し、1970年代には各家電メーカーが相次いで商品を投入した。当初はモノラルタイプが主流だったが、同時期にFM放送が開始されてエアチェックがブームになると、ステレオタイプも出すようになった。

本体にマイクロフォンを内蔵しており、マイク端子を持たない物もあった。ビデオレコーダーが家庭に普及する前は、テレビの前にラジカセを置いてテレビの音声を録音するのが、唯一のテレビ番組の保存方法だった[1]。しかし、これはテレビの音を外部入力端子にケーブルを繋がないで直接内蔵マイクで録音する事から録音者及び周囲が静かにしないと他の物音も録音される欠点がある。外部入力端子付きのラジカセでテレビの音を録音すればこの問題は無いが、当時は外部入力端子(マイク入力・ライン入力)がほぼすべてのラジカセが備えていながら一般に存在を知られていなかった事、接続するためのコードも普及していなかった事、テレビとラジカセを接続するとリアルタイムで放送音声が聴けなくなる事(当時のテレビの外部出力端子はスピーカーからの音が遮断されるイヤホン端子のみで、RCA端子の装備はビデオデッキの普及以降である。もっとも録音を開始すれば、大抵のラジカセはラジカセ内蔵のスピーカーから音が出た)などから、こうした問題が起こっていた。1980年代前半からこうした利用方法に答えるべく、VHF/UHFのTVチューナー搭載機も多く発売された。下記の「CDラジカセ」には内蔵マイクを持つ機種は少ない。

ハイスペック志向へ[編集]

当初はモノラルラジカセが主流であったが、1970年代後半頃にはステレオタイプのラジカセが普及し始め、市場が高音質化やカセットの選曲に便利さを求めたことから、スピーカーにウーファーツイーターを備えた2ウェイ4スピーカータイプが登場し、また低音へのこだわりからウーファーの口径も当初の10㎝程度から15㎝程度に大口径・大出力化し、1978年のメタルテープ登場時にはいち早く対応するなどの高音質化への対応や、カセットテープの自動選曲機能やオートリバースなどの便利機能を競って採用した。これにより必然的に大型多機能化し高級化が進み、大きな直方体の箱、上部に大きなチューニングスケール、正面左右に大きいステレオのスピーカー、中央にカセットテープドライブ、というスタイルができあがった。 この大型化へのアンチテーゼとして1979年に三洋電機が「おしゃれなテレコ」の愛称で小型ラジカセ「U4」を登場させ、ベストセラーになった。また、この頃にはダブルカセットのラジカセも登場して、テープダビングも可能となった。(パナソニック(松下電器産業)からはトリプルラジカセも発売されたが、高価格化や海賊版テープ作成の容易化などで苦情が殺到し、わずか1機種が短期間販売されたのみであった)。またウォークマンをはじめとするヘッドホンステレオの人気により、カセット部分を切り離して携帯できる機種も存在した。

1980年代にはアメリカでブレイクダンスヒップホップの流行に伴い、携帯性を度外視した音質さらには大音量を追求した「Boombox」が普及した。なおBoomboxとはその大小に関わらずラジカセ一般を示す単語である。このタイプの日本国内メーカー製大型ラジカセは当時殆どが国内生産であり、メイドインジャパンの象徴的存在であった。

CDラジカセの登場[編集]

CDラジカセ(パナソニック製・RX-DT701) 写真の機種は1980年代末期から1990年代中期にかけて一世を風靡したもの。

1986年頃からCDプレーヤーを搭載した「CDラジカセ」が登場。ディスクメディアのオールインワン型音響機器と考えると、アンサンブル型ステレオが小さくなって現代風になったようなものでもある。最初期はWカセットの片方をCDプレーヤーに乗せ換えたような機種も多く見られたが、後にダビングに便利なカセットテープドライブを2台としたモデルでは横長になるなどし、直方体の箱ではないものが増えた。

MDの出現とデジタルオーディオの台頭[編集]

1995年頃からはカセットの代わりにMDデッキを搭載したものも登場した。カセットが付いていないことから、メーカーでは「MDラジカセ」とは呼ばず「MDシステム」や「MDCDシステム」、「ラジMD」等と呼称していた。ただしMDデッキとカセットデッキを両搭載した製品もあり、それらについては「MDラジカセ」と呼ぶこともあった。また同時にあらゆる機能を搭載した「ハイスペック機種」にする風潮もなくなっていった(たとえばラジオ部分を見ると、一時期はVHFの全チャンネルだけではなく、UHFの全チャンネルが受信できる機種や、さらにそれらテレビの音声多重放送に対応したタイプまで製造・発売されていたこともある)。

mpmanに始まるデジタルオーディオプレーヤーの隆盛(これにもラジオや外部端子を利用した自然音録音機能が搭載されるモデルが多い)により、「最もポピュラーな音響機器」の座は譲りつつあるも、iPodとの連携が図られたものや、カセットテープ、CD、MD、2バンドラジオの全てを搭載したハイエンドモデルなどが長らく生産されていたが、2010年代にはMDを搭載しないものに置き換えられた。

2000年代後半には、カセットを搭載せずSDカードスロットを搭載し、SDカードにCDからmp3録音出来る「SD/CDラジオ」やSDカードスロットの他にUSBポートにを搭載し、USBケーブルを介してUSBマスストレージクラス対応のUSBメモリにCDからmp3録音出来る「SD/USB/CDラジオ」と呼ばれる機種が出現している。

また2000年代頃からは、持ち運びに重点を置かずに、小型でオールインワン製品であることに重点をおいたミニコンポや一体型コンポが多く出回るようになり、乾電池が使用できないラジカセが出現することで二つの区別は曖昧になりつつある。

主なメーカー別ラジカセの歴代シリーズ・ブランド名[編集]

MDシステム アイワ製・CSD-MD3
1台だけでCDからMDへデジタル録音可能(カセットテープへはアナログ)とし1990年代末期から2000年代中期にかけて一世を風靡した。
近年[いつ?]のCDラジカセ(オーム電機製)
近年[いつ?]のシンプルラジカセ(小泉成器製)

(★マークのつくシリーズは現在発売中のシリーズ)

アイワ(現・ソニーマーケティング)[編集]

  • STRASSER(シュトラッサー) - ミニコンポとシリーズ名を共用。
  • ターボソニック
  • フットワーク

オーム電機[編集]

  • AudioComm(オーディオコム)★

ケンウッド(現・JVCケンウッド)[編集]

  • WOODSTOCK(ウッドストック) - ミニコンポとシリーズ名を共用。
  • RAMPAGE(ランページ) - 2010年12月に最終機種である「MDX-L1」の生産が終了し、消滅した。

小泉成器[編集]

  • SOUNDLOOK(サウンドルック)★

廣華物産[編集]

  • WINTECH(ウィンテック)★
  • MateStar(メイトスター)★ - 現在はダブルラジカセのみを展開。中国大手ファクトリーメーカーブランド。

三洋電機[編集]

  • U4 - 通称「おしゃれなテレコ」
  • V2
  • (Σ)ZooSCENE(ズシーン) - CMにボン・ジョヴィを起用していたことでも有名。1988年当時ボン・ジョヴィは三洋のAV機器のキャラクターでもあった。1989年にはホイットニー・ヒューストンを起用。
  • primaire(プリミエール)- ズシーンの後継だが機種によってはメタル録音・電動パネル・CDチェエンジャー機能を追加。
  • BiG BEN(ビッグベン)
  • ROBO(ロボ) - カラフルな知育玩具を意識したラジカセ。電子貯金箱までラインナップされていた。
  • CD POT(CDポット)

鳥取三洋電機(現・三洋テクノソリューションズ鳥取)[編集]

  • FISHER(フィッシャー)★ - かつてU4シリーズを海外向けに「FISHER」ブランドを冠していた。

シャープ[編集]

  • THE SEARCHER(ザ・サーチャー) - 縦置きラジオカセットでは初のWデッキ採用。シングルカセット採用機種のGP-8Sには当時数少なかったシンセサイザーチューナーを搭載していた。
  • AUTO DISC(オートディスク) - 日本初のレコードプレーヤー内蔵ラジオカセット。レコード再生にオートリバース機構を採用しコンポ型も同じシリーズ名である。
  • SEGNO(セグノ) - ヤマハとの共同開発品、同社のASTシステムを搭載。最上位機種にはタッチパネル液晶を装備。
  • TWINCAM W(ツインカムダブル) - 1つのスロットにカセットテープを2本装填し、それぞれのテープリールを同じ回転軸で駆動。
  • MD studio(MDスタジオ) - ミニコンポとシリーズ名を共用(2003年5月発売のMD-F350をもってシリーズ展開終了。以降の機種は下記のAuviシリーズとして発売された)。
  • Auvi(アウビィ) - ミニコンポ、ポータブルMDとシリーズ名を共用(2006年発売のSD-FX33をもってシリーズ展開終了。2013年現在、シャープはオーディオ事業から事実上撤退している)。
  • DIGITURBO(デジターボ)

ソニー[編集]

  • エナジーシリーズ - セパレート型ラジカセは「エナジースリーラン」
  • スタジオシリーズ - CF1980等、ミキシング機能のついたもの。
  • TV SOUND(ティーヴィーサウンド) - テレビ音声チューナー内蔵。
  • ZILBA'P(ジルバップ)
  • XYZ(ジィーゼット、後にカーナビゲーションシステムの商品名に転用)
  • DoDeCaHORN(ドデカホーン)
  • SONAHAWK(ソナホーク)
  • PRESH(プレッシュ)
  • CELEBLITY(セレブリティー)
  • Dr.CHANGER(ドクターチェンジャー) - 3枚CDチェンジャー、光デジタル出力端子搭載。
  • Wキッド
  • 050(ゼロハン)
  • YOKOHAMA(ヨコハマ)
  • DEGITABLE(デジタブル)
  • MD Link(MDリンク) - 光デジタル出力、ライン入出力端子搭載(MDシステムではない)。
  • MD Link Plus(MDリンクプラス) - 上記端子に加えMDコントロール、DCアウト端子も搭載。MDウォークマンの制御、充電が可能。
  • MDIO(エムディオ) - MDシステム。
  • ザ・たんぱ録音ラジカセ - ラジオNIKKEIと共同開発。ラジオNIKKEIの他AMも聴け、タイマーを内蔵しているので留守録もできる。愛称「株・録ラジカセ」。
  • My First Sony(マイファーストソニー)
  • widdit - ストリート向けポータブルオーディオのシリーズでありCDラジカセもラインナップされていた。CDラジカセとしては異例の「10秒音飛びガードメモリー」搭載。

MDシステムには特にシリーズ名は無かったが、同社製唯一のMDラジカセ「ZS-M75」は今も人気が高い。

東芝(現・東芝エルイートレーディング、Aurexブランド含む)[編集]

  • BOMBEAT(ボンビート) - 時期によってはカタログや雑誌では、ボムビートと表記されていた。全てステレオラジオカセットで、ACTUS BOMBEATと呼ばれた時期もあった。
  • SUGAR(シュガー) - CD搭載機は「SUGAR CD」と表記されていた。
  • ACTAS(アクタス)
  • MacKenzie(マッケンジー)
  • CD WORKS(シーディーワークス)
  • CUTEBEAT(キュートビート)★ - 現行機種としてはソニーと同じく国内では数少ないカセット部にフルロジック機構&リモコンを採用。

NASA通信[編集]

  • NASA1200GX DJ573 - シャープOEM

日本コロムビア、もしくはデンオン(現・デノン)[編集]

日本ビクター(現・JVCケンウッド)[編集]

  • ラジオカセッター
  • CDean(シーディーン)
  • CDian(シーディアン)
  • CDioss(シーディオス)
  • G-HORN(ジーホーン)
  • SLENDY(スレンディ)
  • DRUM CAN(ドラムカン)
  • Sound Rocket!(サウンドロケット)
  • MD CREATION(MDクリエイション) - ミニコンポとシリーズ名を共用。
  • Clavia(クラビア)★ - 2013年現在のラインナップは、2010年発売のメモリーポータブルシステム「RD-M8」及び「RD-M8VD」のみ。それ以外の機種は全て生産終了。
  • √2(ルート2)

日本マランツ[編集]

  • STANDARD(スタンダード)- 前身のポータブルラジオメーカー「スタンダード工業」のブランド(1975年まで)。
  • SUPERSCOPE(スーパースコープ) - 日本マランツの当時の親会社の名前。日本初のダブルカセット、日本初の3ヘッド搭載機など。
  • unix(ユニックス) - 1980年代初頭に採用していたブランド。
  • marantz(マランツ) - 一部の大型機にのみ採用(高級ブランドと位置づけていたため)。

いずれもブランド名であり、特にシリーズ名は持っていなかった。

パイオニア[編集]

  • MultiBoy(マルチボーイ)
  • Runaway(ランナウェイ) - CMソングにデビュー当時のシャネルズを起用していた。

日立製作所(現・日立コンシューマエレクトロニクス)[編集]

  • Lo-D(ローディー)[2]
  • PERDiSCO(パディスコ) - ヘッドホンステレオはアイワからのOEM。
  • EDITBORG(エディトボーグ) - 全機種他メーカーからのOEM。
  • 見聞録(けんぶんろく) - 白黒テレビ(機種によってはカラーテレビ)付き、いわゆるラテカセ

松下電器産業(現・パナソニック)[編集]

  • MAC(マック
  • DISCO(ディスコ
  • The 3(ザ・サード) - スピーカー着脱式。
  • STATION(ステーション)
  • LOVE CALL(ラブコール)
  • CDer(シーダ) - コンパクトCDプレイヤー。
  • RIDDIM VOX(リディムボックス) - パーソナルPAシステム。ギターやベースを直接接続できる。
  • SPATIALIZER(スペシャライザー)
  • オレッキー - 数少ない、マイク内蔵CDラジカセの1つである。

DT、EDシリーズは「コブラトップ」「サイバートップ」のブランドが知られている。

  • FDシリーズ
  • DTシリーズ - バブル期のラジカセで最も人気が高い。
  • DSシリーズ
  • Eシリーズ - スピーカー着脱式。
  • EDシリーズ - 国内メーカーのテープセレクター付き(メタルは再生のみ)としては2011年にして唯一の機種であったが生産終了。
  • MDXシリーズ - MDシステム。

三菱電機[編集]

  • JEAGAM(ジーガム) - BCLラジオとブランド名を共用。
  • DIATONE(ダイヤトーン)

山善[編集]

  • Qriom(キュリオム)★

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ タレントの松村邦洋は、この方法で大映テレビ制作のドラマ等のテレビの音声を録音して繰り返し聞いており、後の物真似芸に生かされている。
  2. ^ 一時消滅したが、現在は日製の子会社である日立リビングサプライから発売している。

関連項目[編集]