ゴロザウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ゴロザウルス (Gorosaurus) は、東宝怪獣特撮映画『キングコングの逆襲』などに登場した、架空の怪獣。別名は「原始恐竜[2]」「原始怪獣[3]」。

特徴[編集]

1億5000万年前に生息していたアロサウルスの生き残りが怪獣化したもので、学名もアロサウルス。外見は「大きな頭部と口、鋭い牙、小さな手、長い尻尾」など“ほとんど肉食恐竜そのもの”だが、小さな耳介を持つ。 光線などの特殊能力は一切有しておらず、強力な尾をバネにした飛び蹴り(カンガルーキック)などを得意とする。肉食でありながら性質は比較的穏和で、戦闘はあくまで自衛の手段として行う。

名前の由来については『「アロサウルス」+「ゴルゴサウルス」』という説がある。[要出典]

着ぐるみのモデルは、原典である『キング・コング』に登場したティラノサウルス(暴君竜)。キングコングとの闘い自体が1933年公開の『キング・コング』における「コング対暴君竜」のシーンへのオマージュとなっている[4]。このティラノサウルスの指が三本であったことからゴロザウルスの指も同様に三本となり、三本指の恐竜である「アロサウルスの一種」と設定された。

ぬいぐるみ(着ぐるみ)造形は東宝特殊美術スタッフの安丸信行。安丸にとって、特殊美術班での初の怪獣造形である。安丸によると、「キングコングとメカニコングの造型で東宝特殊美術課の手が一杯だったので、当時『ウルトラシリーズ』などで怪獣造型に腕を振るっていた高山良策にゴロザウルスの制作が外注された。が、途中までは高山の手で制作されたものの、結局造りに不満を持った安丸の意見で取りやめとなり、安丸が新規に造型した」とのことである。 着ぐるみは『行け!ゴッドマン』まで使用された。

登場作品[編集]

公開順。

  1. キングコングの逆襲(1967年)
  2. 怪獣総進撃(1968年)

『キングコングの逆襲』のゴロザウルス[編集]

  • 身長:35メートル
  • 体重:8000トン
  • 尾の長さ:15メートル

モンド島に上陸した女性スーザンの前に現れ、スーザンの悲鳴を聞いてやってきたキングコングと闘う。カンガルーキックや噛み付きでコングを手こずらせるが、やはり怪力では敵わず一方的に殴りつけられ気絶してしまう。しかし直後に復活し、油断したコングの足に噛みつき最後の抵抗を図るも、最期は口を裂かれて絶命した

  • スーツアクターは関田裕
  • 短い前足は、演技者が肘から先だけを入れて動かしている。
  • 鳴き声は『ウルトラマン』に登場するマグラーの流用。[要出典]
  • コングとの対決シーンで、円谷英二が自らゴロザウルスに模範指導を行っているスチール写真が現存する[4]。アメリカ側製作者は原典のように流血する恐竜の最期を要求したが、円谷は自らの方針でこれを許さず、「泡を吹いて絶命する」という描写を用いた。

『怪獣総進撃』のゴロザウルス[編集]

  • 身長・体重:初代と同じ

怪獣ランドに住む怪獣として登場し、キラアク星人に操られパリを襲い凱旋門を破壊[5]。 その後、地球怪獣軍団の一員として、キングギドラを相手に立ち回りを演じる[6]

  • 関連書籍などでは二代目ゴロザウルスとも表記される[7][8]
  • スーツアクターは関田裕。
  • パリ襲撃シーンでは、貸与先の円谷特技プロから返却されたバラゴンのスーツの復元作業が間に合わず、代わりにゴロザウルスで撮影された[10]。劇中のセリフでも「地底怪獣」と呼称されており、このシーンではバラゴンの声が使用されている。脚本では最終段階まで、このセリフは「マグマ」になっていた[11]
    • 海外版予告編ではゴロザウルスがバラゴンとして紹介されていたが、これも上記の事情で急遽出番がゴロザウルスに変更されたためである。(バラゴンの項を参照のこと)
  • 当時のコーヒー用の粉末ミルクのCMにも登場。「世の中変わった。怪獣と子供が仲良くなった」とナレーションされる。

『行け!ゴッドマン』のゴロザウルス[編集]

郊外の集合住宅地のような場所に登場。徘徊を続けるが、現れたゴッドマンに顎を執拗に狙われ、ゴッドマン超音波で倒される。

この際の鳴き声は『ウルトラマンタロウ』のガンザ、『メガロマン』のゴラン、『ウルトラマン80』のダロンに流用された。[要出典]

『ゴジラアイランド』のゴロザウルス[編集]

ゴジラアイランドの“ゴロザウルスの里”に生息する怪獣。バラゴンと絡む事が多く、「ゴジラは死んだ」と言うカマキラスの言葉を真に受けて、バラゴンと共にザグレス側に寝返った事がある(ただし、ゴジラが帰ってきたのを見ると、バラゴンと一緒にあっさり戻ってきた)。ガバラ池に毒を仕込まれて仮死状態になってしまう。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 元山掌 et al. 2012, pp. 114.
  2. ^ 『キングコングの逆襲』公開時のポスターより[1]
  3. ^ 岩畠寿明 & 小野浩一郎 1991, pp. 73、75.
  4. ^ a b 元山掌 et al. 2012, pp. 117.
  5. ^ 劇中では「パリを襲った怪獣はバラゴン」とされている。
  6. ^ ゴジラとの連携プレイ(直前に意思を疎通しているかのようなカットがある)で活躍、得意のカンガルーキックでキングギドラを大地にひれ伏させる。これによりキングギドラは反撃の機を失い、討ち取られた。
  7. ^ 岩畠寿明 & 小野浩一郎 1991, pp. 75.
  8. ^ 野村宏平 『ゴジラ大辞典』 笠倉出版社2004年12月5日、116頁。ISBN 4773002921
  9. ^ 間宮尚彦 『ゴジラ1954-1999超全集』 小学館2000年1月1日、131頁。ISBN 4091014704
  10. ^ 『ゴジラ1954-1999超全集』では、「(凱旋門の破壊シーンで)耳が邪魔だったので変更された」としている[9]
  11. ^ 元山掌 et al. 2012, pp. 124.
  12. ^ オール東宝怪獣大図鑑 2014, p. 8.

参考文献[編集]