石川進

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

石川 進(いしかわ すすむ、1933年(昭和8年)7月13日 - 2012年(平成24年)10月29日)は、日本の男性歌手声優俳優栃木県足利市出身。東京薬科大学薬学部卒業。愛称は「キューピー」。

個性的な歌声で、1960年代から70年代を中心に活動した。サウンドファーム音楽事務所所属。

経歴[編集]

終戦後の少年時代、近所で黒人アメリカ兵の歌うブルースに衝撃を受ける。毎日歌を聴きに足を運ぶうちに親しくなり、そのアメリカ兵からウクレレをもらう。

高校時代からプロのバンドに参加していたが、祖父の勧めで東京薬科大学薬学部に進学する。本来プロミュージシャンを目指していた石川は、大学在籍時にも積極的に音楽活動を行う。そして1953年ハワイアンバンドの『大塚竜男とパームセレナーダーズ』に参加、プロデビューする。

1958年6月に『ダニー飯田とパラダイス・キング』に参加、坂本九とのボーカルで人気を博し、この頃より「キューピーちゃん」の愛称でその後も親しまれた。

1962年に脱退しソロ活動へ。歌手としてはもちろん、俳優、声優、テレビ番組の司会者などとしても活動を始める。

1965年、作曲家で石川の友人でもある広瀬健次郎の勧めでテレビアニメオバケのQ太郎』の主題歌を歌い大ヒット。1966年第8回日本レコード大賞童謡賞を受賞した。その後も藤子不二雄アニメ主題歌の顔として、1969年の『ウメ星デンカ』まで歌い続けた。1968年にはモスクワ映画賞受賞。 2012年2月10日に放送された『Break Out』で『アニソンバカ一代』の著者でフリーライターのキムラケイサクが声優で最初に歌唱した人物として石川を挙げており、最初に歌ったといわれる曲は『ウルトラ怪獣音頭』と紹介されている[1]

1965年から日本テレビ系列で放送が開始された「おはよう!こどもショー」では司会を務める。共演のロバ君は、愛川欽也が務め、子供たちに人気を博した。この番組の中では様々な歌が歌われたが、石川進も「きゅーぴーちゃんのうた」や「ニョキニョキ節」など様々な歌を歌った。

1966年(昭和41年)から放送の『ウルトラマン』のイデ隊員役として出演が決まり撮影を開始していたが、撮影2日のみで降板し、3日目から二瓶正也に交代することになった。降板理由は、スケジュールの都合とも言われるが、共演した黒部進は出演料を知って撮影に来なくなったと証言し、ギャラの理由もあると言われている[2][3]。その後、『ウルトラマン』のイメージソング『ウルトラ怪獣音頭』の歌唱を担当することになる。

1982年愛知県岡崎市東岡崎駅前に石川進音楽学院を開校[4][5]

1987年7月にカラオケ喫茶を兼ねて音楽学院をラブホテルの敷地内に移転して新装オープンするも赤字続きとなり、1989年(平成元年)10月15日暴力行為の容疑で、愛知県警察捜査4課と岡崎警察署に逮捕された。容疑は同年10月に知人2人とともに音楽学院を共同経営するラブホテル経営者を取り囲み、アイスピックをつきつけて、「経営権を放棄しろ」「殺したるで。山に連れて行って木に縛りつけたろか」と脅迫したというもの。逮捕令状が出たことを知って、身の潔白を訴えるとして10月15日に岡崎署に出頭して逮捕され、取り調べには容疑を否認していた[5]

その後は、原点であるハワイアンバンド『石川進&フレンズ』を結成、活動を続けていたが、2011年頃より体調を崩して入退院を繰り返し、2012年(平成24年)10月29日胃がん肺気腫のため死去した[6][7]。79歳没。

人物[編集]

「キューピー」の愛称は、バンド時代に髪形をリーゼントにしていた頃、天然パーマのせいで額の毛が丸まり「キューピー人形」に似ていると言われ、いつの間にか浸透したとのこと。

タイムボカンの歌』は、石川の吹込みを想定して創られたが、作曲者である山本正之が自ら歌うことになった。

作品[編集]

楽曲[編集]

アルバム[編集]

  • 石川進 アニソン・コレクション(2008年1月23日発売)

出演作品[編集]

声優[編集]

アニメ

吹き替え

俳優[編集]

映画

テレビドラマ

司会[編集]

歌手[編集]

  • 2008年5月6日 BSアニメ主題歌大全集2008(NHK BS2)(収録日2008年4月24日 木)
  • 2009年5月2日 BSアニメ主題歌大全集2009(NHK BS2)

脚注[編集]

  1. ^ 「Break Out」(2012年2月10日)の番組概要ページ - TVトピック検索
  2. ^ 白石雅彦飯島敏宏 「ウルトラマン」から「金曜日の妻たちへ」』双葉社、2011年、pp.147-148
  3. ^ 黒部進『ハヤタとして、父として』扶桑社、1998年、p.92
  4. ^ 「キューピーの愛称で親しまれた石川進さん(48)、紆余曲折の末やっと夢が実って音楽学院を経営」『週刊平凡』1982年4月29日号、pp.140-144
  5. ^ a b 「元パラキンの石川進逮捕 ラブホテル乗っ取り "潔白証明"と出頭」『中日新聞』1989年10月16日付
  6. ^ “歌手・石川進さん死去 オバQ・ど根性ガエルで主題歌”. 朝日新聞. (2012年11月1日). http://www.asahi.com/obituaries/update/1101/TKY201211010195.html 
  7. ^ 石川進さん死去「オバケのQ太郎」「ど根性ガエル」主題歌スポーツ報知2012年(平成24年)11月1日閲覧

外部リンク[編集]