ローハイド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローハイド』(Rawhide)は、1959年から1965年にかけて米CBSで制作・放送されたドラマテレビ映画西部劇)である。日本では、同時期の1959年から1965年まで、NET(現テレビ朝日)系で放送された。その後、数度再放送が行われ、最近では2006年にNHK-BS1で放送された。

概要[編集]

南北戦争後の1870年代のアメリカ西部を舞台に、テキサス州サンアントニオからミズーリ州のセデリア(セダリア)[1]まで約3000頭のを運ぶカウボーイ達の長い道中ロングドライブで起こる様々な事件を描く。主演は隊長ギル・フェイバー (エリック・フレミング)、副隊長のロディ・イェーツ(クリント・イーストウッド) で、これに斥候ピート・ノーラン(シェブ・ウーリー ) 、料理人ウィッシュボン(ポール・ブラインガー)らが絡んで一話完結方式で毎回展開された。

英語の"rawhide" は、「ロウ(raw、生の)」+「ハイド(hide、皮)」、つまり「生皮(きかわ)」「生皮の鞭」「生皮の鞭で打つ」などを意味するが、そこから派生してカウボーイ達のズボンの上から着用する革製のズボンカバーのことを指す言葉でもあり、この番組では初期にはそのように説明されていた。ローハイドの主題歌では歌の合間に牛を追う掛け声と鞭音が鳴り響く。

放送[編集]

1959年1月[2]からアメリカCBSで放送されて、日本では同年11月から翌1960年4月まで第1シーズン全22話が毎週土曜日夜10時から放映された。このローハイドの日本での放送は、単発番組を除いてテレビ映画としては初の1時間番組であった。その後1960年10月から再開されて1964年6月まで同じ時間帯で放送されて、1964年7月から同年12月まで毎週月曜日夜8時に移り、この間に第2シーズンから第6シーズンまでの分が放映されている。翌1965年4月から同年10月まで毎週木曜日夜8時から第7シーズンの分まで放映されている。

アメリカでは全8シーズン217話が製作されたが、日本では7シーズンまで203話が放送されて終わっている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ギル・フェイバー エリック・フレミング 小林修
ロディ・イェーツ クリント・イーストウッド 山田康雄
ピート・ノーラン シェブ・ウーリー 金内吉男/羽佐間道夫
ウィッシュボーン ポール・ブラインガー 永井一郎
マッシー ジェームズ・マードック 市川治
ジョー・スカーレット ロッキー・シャーハン 脇孝之/瀬下和久
ジム・ケンツ スティーヴ・レインズ 藤岡琢也/梶哲也
ヘイ・スース ロバート・カバル 小宮山清/野島昭生
クレイ・フォレスター チャールズ・H・グレイ 大塚周夫
ジェド・コルビー ジョン・アイアランド 大木民夫
サイモン・ ブレイク レイモンド・サン・ジャック 宮部昭夫
  • 第1シーズンは冒頭に隊長ギル・フェイバーの独白で始まっている。隊長の任務、西部を旅する者の心得、カウボーイの生きがい、頭にかぶるテンガロンハットの使い方などを語り、最後は「私の名はギル・フェイバー。この隊の隊長である」で終わって、ストーリーが始まる。そしてラストは「さあ~行くぞ~。しゅっぱ~つ(出発)」の掛け声とともにフランキー・レーンの主題歌が流れる。演じたエリック・フレミングは、その後、ローハイドの最終シーズンはフェイバー役から降りて、その後他の映画に出演したが南米でロケ中に事故で悲劇的な死を遂げた。
  • どこか頼りなさそうな副隊長であったロディ・イェーツを演じたのはあのクリント・イーストウッド 。最終の第8シーズンは隊長格に昇格したが日本では放映されていない。このローハイドの撮影終了直後にマカロニウェスタンの「荒野の用心棒」に抜擢されて一気に大スターの道を歩んだ。
  • 斥候のピートを演じたシェブ・ウーリーは地味だが、このローハイド出演の前に数々の映画で端役を演じている。その中で有名なのはゲーリー・クーパー主演の「真昼の決闘」で、決闘相手の4人の中の1人を演じ、クーパーに最初に倒される役を演じている。因みに2番目に倒されたのはリー・ヴァン・クリーフで、彼はその後ローハイドでゲスト主演している。

その他[編集]

  • 主題歌はフランキー・レインが歌い、彼もゲストとして出演していたことがある。作詞はネッド・ワシントン、作曲はディミトリ・ティオムキン。また第1シーズンで冒頭に必ずバックに流れて、放映終了後の「声の出演」のテロップが出る時にも流れていた曲は「夕陽の丘」という曲名で、その後も牛の大群を運ぶ場面ではローハイドの中でよく流れていた。第1シーズンのエピソードで、町のイベントでロディ(クリント・イーストウッド)が即興でアカペラでこの曲を唄う場面がある。
  • NETテレビで放送された当時、番組スポンサーは「洋酒の寿屋」(今のサントリー)だった[3]。また同社の社長がパーティなどで「ローハイドのテーマ」を歌うのも恒例になっていたようである。
  • ちなみに後のサントリー会長の佐治敬三も「ローハイドのテーマ」を好んで歌っていたことに加え、1970年代には同ドラマから名前を取ったウイスキーが発売されたこともある。
  • 2010年NTTドコモのCM(渡辺謙岡田将生出演)にも「ローハイドのテーマ」が起用されている。

注釈[編集]

  1. ^ SEDALIAで発音としてはセデリアに近いので、ローハイドの中ではセデリアと言っているが、地図の上ではセダリアとカタカナ表記されている。
  2. ^ アメリカのテレビ界では秋が新シーズンの始まりである。この年明け1月から放送開始ということは、前年秋の新シーズンに入る時に、放送局であまり評価されず、期待されていなかった番組ということになる。たまたま秋からスタートした番組が視聴率が悪く1クールで放送終了して、年明け1月の「ミッドシーズン」から放送開始した番組で異例の長寿番組となった。
  3. ^ 番組開始から1962年9月までの第4シーズン終了まで番組スポンサーであった。この当時は1時間番組でも1社提供が多かった。

外部リンク[編集]