ウッディー・ウッドペッカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームの、ウッディー・ウッドペッカーの星

ウッディー・ウッドペッカー(英文:Woodie Woodpecker)は、ユニバーサル・ピクチャーズアニメーション作品に登場するキツツキを模したキャラクターである。

概要[編集]

1940年ユニバーサルスタジオのプロデューサーだったウォルター・ランツのスタジオで創造された。ウッディー・ウッドペッカーは、1940年代カートゥーン業界に登場したスクリューボール・キャラクター(イカレポンチ)の代表格の一人である。

過去にワーナーバッグス・バニー作品などを手掛けていたベン・ハーダウェイのストーリーボードにより、ウッディー・ウッドペッカーは1940年11月25日の『キツツキとパンダ一家(原題:Knock, Knock)』で初登場した。ウッドペッカーの特徴は、「ゥアアアーアー、ゥアアアーアー、ゥアアアアアアアアアアアアア!」という甲高い陽気な笑い声である。初期のウッドペッカーは血走った目と鋭い歯を特徴とする凶暴なキャラクターであったが、後期の作品では彼の性格は温和な物に変更されていった。鳴き声もスタッフォード版では「ゥエエエーエー」と聞こえるような微妙な発音である(恐らくは発音記号で言うと「æ」)。

主な「共演者」としてハゲタカのバズ・バザードやセイウチのウォーリー・ウォーラスがおり、路線変更後にはガールフレンドのウィニー・ウッドペッカー、甥のスプリンター、姪のノットヘッドが追加された。併映作品のキャラクターにはペンギンの子供チリー・ウィリーと犬のスメドレー、パンダのアンディ・パンダなどがいる。ハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに7000番目の星としてその名を残している。

声優[編集]

初期の作品ではメル・ブランクがウッドペッカーの声を演じていた。

1950年の実写映画『月世界征服』の中に挿入されたアニメーションパートでは、ランツの妻グレイス・スタッフォードがウッドペッカーの声を演じ、これ以降の作品ではスタッフォードがウッドペッカーの声を演じた。ウッドペッカーの笑い声を21年も務め、後年彼女のドキュメンタリーも収録されることになった。スタッフォードは1992年に亡くなった。

日本でのウッドペッカー[編集]

テレビアニメが3作放送され、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンでは、メインキャラクターとして、ガールフレンドのウィニー・ウッドペッカーと共に登場している。

ウッドペッカー(THE WOODY WOODPECKER SHOW[編集]

日本テレビ系列 土曜日19:30-20:00 味の素一社提供
【当番組まで海外アニメ枠】
前番組 番組名 次番組
ウッドペッカー
(1961.9 - 1962.7)
日本テレビ系列 木曜日18:15-18:45枠
ウッドペッカー
(1962.7 - 1964.7)

ウッドペッカー大行進[編集]

  • 放送期間:1965年3月29日 - 9月30日
  • 放送時間:日本テレビ系 月曜日 - 土曜日18:00-18:15
  • サッポロビールの一社提供[2]。ただし放送時間からして、ビールの宣伝はしなかったと思われる。
日本テレビ系 月 - 土18:00 - 18:15枠
前番組 番組名 次番組
ウッドペッカー大行進
(1965.3 - 9)

ウッディー・ウッドペッカー[編集]

日本語版制作スタッフ
  • 音響監督:高橋秀雄
  • 音楽プロデュース:菊池圭介、市川邦泰
  • 音楽協力:テレビ東京ミュージック
  • 日本語版制作担当:萩野宏、片柳優貴子
  • 制作協力:ユニバーサルスタジオコンシューマープロダクツジャパン ジャパンデジタルコンテンツ
  • プロデューサー:崔鐘秀(テレビ東京)、成毛克憲
  • 制作:テレビ東京、NAS

この新作放送開始の一週間前には大阪ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)がオープンしており、番組スポンサーにもついていた。

テレビ東京系列 木曜日18:00-18:30枠
前番組 番組名 次番組
ウッディー・ウッドペッカー
(2001.4 - 6)
テレビ東京系列 日曜日18:30-19:00枠
ウッディー・ウッドペッカー
(2001.7 - 10)
サイボーグ009(第3シリーズ)

日本版担当声優[編集]

関連事項[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 日本テレビ社史「大衆とともに25年・沿革史」453 - 459頁 1978年
  2. ^ 「大衆とともに25年・沿革史」463頁
  3. ^ 月まち子の証言による

関連項目[編集]