堀絢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ほり じゅんこ
堀 絢子
プロフィール
性別 女性
出生地 日本の旗 日本東京都
誕生日 2月2日
身長 145 cm
職業 声優舞台女優
事務所 ぷろだくしょんバオバブ
声優活動
活動時期 1960年代 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

堀 絢子(ほり じゅんこ、2月2日 - )は、日本声優舞台女優ぷろだくしょんバオバブ所属。東京都出身。身長145cm[1]

読み方を、「ほり あやこ」とよく誤読されることがあるが、「じゅんこ」が正しい読み方。

人物・エピソード[編集]

  • 快進撃TVうたえモン』・『笑っていいとも!』・『INsideOUT』や、舞台『朝ちゃん』関連(広島県のテレビ局の報道取材)等の女優活動を行う時以外は「キャラクターのイメージを壊す」という理由で顔出し出演をしたことがない。。
  • 女優として文学座に所属していたことがあり、当時文学座のカリスマとされた杉村春子からも評価された。
  • 山本真理子の『広島の母たち』(岩崎書店)を原作とした舞台『朝ちゃん』(一人芝居、一人五役)を1989年より公演している。これは、被爆して死ぬ少女「朝ちゃん」を主役とした反戦劇である。「反戦=半千」という意味で、500回の公演を目指している。演じている動機は、原爆で父親を失ったため(1945年8月21日没)。
  • 『INsideOUT』における顔出しテレビ出演は、戦争特集のため、主役の朝ちゃんが着るセーラー服姿で登場した。
  • 大胆MAP』では一回目の交渉で、テレビ出演を拒否し、写真公開のみになった。二回目の交渉で見てみたい声優として、第1位ランクイン、タカアンドトシがやってきたときも、テレビ顔出しを拒んだが、タカが土下座をしたりするなどの粘り強さに根負けし、顔出し出演をすることとなった。そしてリクエストで、三人で『忍者ハットリくん』の主題歌を歌った。顔出しで登場の際には「テレビ初出演」と表記された。(ただし初出演は間違いである。少なくとも『朝ちゃん』関連の取材や、1994年の『笑っていいとも』で顔出しゲスト出演している。その際はハットリ君とウッドペッカーの声を披露した。)その後2011年11月12日に放送された、『お願い!ランキング』で全声優に聞いたすごい声優において、やむをえずに再び顔出出演し、『忍者ハットリくん』のハットリくんの声とムーミンのミイの声を披露した。

家族[編集]

母方の伯父は東京国立博物館技官共立女子大学教授奥平英雄

出演作品[編集]

太字は主役・メインキャラクター

テレビアニメ[編集]

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1972年

  • ムーミン(1972年版)(ミイ

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1987年

1989年

1991年

1992年

1995年

1996年

1997年

1999年

2002年

2003年

2005年

  • 名探偵コナン(須藤昌代)

2006年

2007年

2009年

  • 名探偵コナン(山村ミサエ)

2012年

2013年

OVA[編集]

1989年

劇場アニメ[編集]

出演年不明

  • 劇場版とびだせ! でこねこ 無敵の宇宙戦争(くんふーでこねこ)

1962年

1963年

1965年

1966年

1968年

1980年

1981年

1982年

1983年

  • 忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻(ハットリカンゾウ

1984年

1985年

1986年

1990年

1991年

1993年

1998年

Webアニメ[編集]

2008年

ゲーム[編集]

1995年

1997年

1998年

2003年

吹き替え[編集]

実写[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

人形劇[編集]

おかあさんといっしょ[編集]

マスクプレイ人形劇[編集]

音楽CD[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 堀 絢子”. @nifty タレント図鑑. nifty. 2011年11月29日13:57閲覧。
  2. ^ インド版「忍者ハットリくん」が日本逆上陸 5月13日アニマックス放映開始 | アニメ!アニメ!
  3. ^ オープニングでは「唄」ともクレジットされているが、参加していない。

外部リンク[編集]