ダウト〜あるカトリック学校で〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダウト 疑いをめぐる寓話 > ダウト〜あるカトリック学校で〜
ダウト〜あるカトリック学校で〜
Doubt
監督 ジョン・パトリック・シャンリー
脚本 ジョン・パトリック・シャンリー
原作 ジョン・パトリック・シャンリー
ダウト 疑いをめぐる寓話
製作 スコット・ルーディン
マーク・ロイバル
製作総指揮 セリア・コスタス
出演者 メリル・ストリープ
フィリップ・シーモア・ホフマン
エイミー・アダムス
ヴィオラ・デイヴィス
音楽 ハワード・ショア
撮影 ロジャー・ディーキンス
編集 ディラン・ティチェナー
配給 アメリカ合衆国の旗 ミラマックス
日本の旗 ウォルト・ディズニー・カンパニー
公開 アメリカ合衆国の旗 2008年12月12日 (限定)
アメリカ合衆国の旗 2008年12月25日 (拡大)
日本の旗 2009年3月7日
上映時間 104分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 US$ 20,000,000[1]
興行収入 US$ 50,907,234[1]
テンプレートを表示

ダウト〜あるカトリック学校で〜』(原題: Doubt)は、2008年アメリカ映画ジョン・パトリック・シャンリーの『ダウト 疑いをめぐる寓話』及び同作品の舞台版を映画化した。

第81回アカデミー賞では4部門にノミネートされた。

あらすじ[編集]

1964年、ニューヨーク。厳格なカトリック学校の校長シスター・アロイシアスは、まだ年若い教師であるシスター・ジェイムズに、全ての事に疑惑をもって当たれと厳命していた。そんな折、進歩的で生徒達の人気も高いフリン神父が、黒人少年ミラーと性的な行為を行なったという疑いをジェイムズは持ち、アロイシアスに告白する。僅かな証拠からその疑いが確信に変わるのを感じたアロイシアスはフリンを問い詰めるが、フリンは単なる勘違いであると具体的に証明し、ジェイムズは疑いを解く。しかし「神の意に沿う行為を為すためには、神より遠ざかる手段をとることも辞さない」との信念を持つアロイシアスは、執拗にフリンの「罪」を追求してゆくのだった。

キャスト[編集]

役名: 俳優 (ソフト版日本語吹き替え)

スタッフ[編集]

製作[編集]

撮影は2007年12月1日から行われた[2]ベッドフォード・スタイベサント地区等を含むブルックリン内の複数の場所で撮影が行われた[3]

評価[編集]

受賞歴[編集]

部門 候補者 結果
アカデミー賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
脚色賞 ジョン・パトリック・シャンリー ノミネート
英国アカデミー賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
シカゴ映画批評家協会賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
脚色賞 ジョン・パトリック・シャンリー ノミネート
放送映画批評家協会賞 作品賞 ノミネート
主演女優賞 メリル・ストリープ 受賞
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
アンサンブル演技賞 ノミネート
脚本賞 ジョン・パトリック・シャンリー ノミネート
ダラス・フォートワース映画批評家協会賞 助演女優賞 エイミー・アダムス 受賞
デトロイト映画批評家協会賞 主演女優賞 メリル・ストリープ ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ゴールデングローブ賞 主演女優賞(ドラマ部門) メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
脚本賞 ジョン・パトリック・シャンリー ノミネート
ヒューストン映画批評家協会賞 助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス 受賞
キャスト賞 受賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 ブレイクスルー女優賞 ヴィオラ・デイヴィス 受賞
キャスト賞 受賞
パームスプリングス国際映画祭 スポットライト賞 エイミー・アダムス 受賞
フェニックス映画批評家協会賞 主演女優賞 メリル・ストリープ 受賞
サテライト賞 映画主演女優賞(ドラマ) メリル・ストリープ ノミネート
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
脚色賞 ジョン・パトリック・シャンリー ノミネート
全米映画俳優組合賞 主演女優賞 メリル・ストリープ 受賞
助演男優賞 フィリップ・シーモア・ホフマン ノミネート
助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ヴィオラ・デイヴィス ノミネート
キャスト賞 エイミー・アダムス、ヴィオラ・デイヴィス、
フィリップ・シーモア・ホフマン、メリル・ストリープ
ノミネート
セントルイス映画批評家協会賞 助演女優賞 エイミー・アダムス ノミネート
ヴィオラ・デイヴィス 受賞
ワシントンD.C.映画批評家協会賞 主演女優賞 メリル・ストリープ 受賞
キャスト賞 受賞

参照[編集]

  1. ^ a b Doubt (2008)” (英語). Box Office Mojo. 2010年9月27日閲覧。
  2. ^ Pincus-Roth, Zachary (2007年4月19日). “Meryl Streep and Philip Seymour Hoffman to Star in Doubt Film”. Playbill. http://www.playbill.com/news/article/107473.html 2008年2月7日閲覧。 
  3. ^ “The benefit of the 'Doubt'”. Daily News (New York). (2008年2月5日). http://www.nydailynews.com/entertainment/galleries/the_benefit_of_the_doubt/the_benefit_of_the_doubt.html 2008年2月7日閲覧。 

外部リンク[編集]