ダウト 疑いをめぐる寓話

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダウト 疑いをめぐる寓話
Doubt: A Parable
脚本 ジョン・パトリック・シャンリィ
登場人物 シスター・アロイシス
フリン神父
シスター・ジェームス
ミラー婦人
初演日 2004年11月23日
初演場所 ニューヨーク
マンハッタン・シアター・クラブ
言語 英語
舞台設定 1964年ニューヨークブロンクスミッション・スクール
IBDB profile

ダウト 疑いをめぐる寓話』(Doubt: A Parable)は、ジョン・パトリック・シャンリィ作による2004年戯曲マンハッタン・シアター・クラブの制作により、同年の11月23日からオフ・ブロードウェイで開幕を迎えた。翌年3月からはブロードウェイでも公演され、ストレート・プレイとしては異例の1年以上のロングラン上演を記録した。翌年に発表されたピューリッツァー賞戯曲部門トニー賞では演劇作品賞を受賞、他多くの賞賛を得ている。2009年には映画版も公開された。

1964年ニューヨークブロンクスミッション・スクールを舞台に、厳格な校長が抱いた若手神父と黒人生徒との間の不適切な関係に対する「疑い(Doubt)」を通し、人間の心の闇を浮き彫りにさせた会話劇である[1][2]

登場人物[編集]

  • シスター・アロイシス
  • フリン神父
  • シスター・ジェームス
  • ミラー婦人

プロダクション[編集]

2004年にニューヨークで初上演。同年11月23日から2005年1月30日オフ・ブロードウェイでの公演後、3月31日よりブロードウェイウォルター・カー劇場で開幕した。オリジナルキャストは、シスター・アロイシスにチェリー・ジョーンズ、フリン神父にブライアン・F・オバーン、シスター・ジェームスにヘザー・ゴールデンハーシュ、ミラー婦人にエイドリアン・レノックス。キャスト4人は全員トニー賞で候補になり、ジョーンズとレノックスはそれぞれ受賞している。2006年1月10日にレノックス以外のキャストの降板に伴い、アイリーン・アトキンスロン・エルダードジェナ・マローンへそれぞれ変更、7月2日の閉幕までこのキャストで演じられた。

2006年のフランス・パリでの公演は、ロマン・ポランスキーが演出を担当した。

2008年に日本語による上演が文学座によって行われ、清水明彦寺田路恵渋谷はるか山本道子が出演した。

映画化[編集]

2008年に、ミラマックスの制作・配給で映画版が公開された。撮影は2007年12月1日より作品の舞台と同じブロンクス区で撮影が開始された。

監督は原作者のジョン・パトリック・シャンリィ自身が担当し、脚本も担当。映画版のキャストには、大女優メリル・ストリープを始め、フィリップ・シーモア・ホフマンエイミー・アダムスヴィオラ・デイヴィスらが参加した。アカデミー賞ではメインキャストの4人がそれぞれ候補になった。

脚注[編集]

外部リンク[編集]