トニー賞 演劇作品賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー賞演劇作品賞(Best Play)は、第2回となる1948年から授与されている。

受賞一覧[編集]

1940年代・1950年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
1948年 『ミスタア・ロバーツ』
Mister Roberts
トーマス・ヘッゲン
ジョシュア・ローガン
原作は1946年に出版。1955年に映画化。
1949年 セールスマンの死
Death of a Salesman
アーサー・ミラー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。二度映像化されている。
1950年 『カクテルパーティー』
The Cocktail Party
T・S・エリオット
1951年 バラの刺青
The Rose Tattoo
テネシー・ウィリアムズ 1955年に映画化。
1952年 The Fourposter ヤン・デ・ハルトグ 1966年にミュージカル化された。邦題は『I do! I do! 結婚物語』。
1953年 るつぼ
The Crucible
アーサー・ミラー 『サレムの魔女』、『クルーシブル』として2度映画化。
1954年 『八月十五夜の茶屋』
The Teahouse of the August Moon
ジョン・パトリック ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1956年に映画化。
1955年 『必死の逃亡者』
The Desperate Hours
ジョン・パトリック 1955年と1990年に映画化。
1956年 『アンネの日記』
The Diary of Anne Frank
フランセス・グッドリッチ
アルバート・ハケット
ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。
1957年 夜への長い旅路
Long Day's Journey Into Night
ユージン・オニール 1962年に映画化。ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。
1958年 『ルーズベルト物語』
Sunrise At Campobello
ドア・シャーリー 1960年と2005年に映像化された。
1959年 J.B. アーチボルド・マクリーシュ ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。

1960年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
1960年 奇跡の人
The Miracle Worker
ウィリアム・ギブスン 1962年に映画化。
1961年 『ベケット』
Beckett
ジャン・アヌイ 1964年に映画化。
1962年 『すべての季節の男』
A Man for All Seasons
ロバート・ボルト 1966年に映画化。邦題は『わが命つきるとも』。
1963年 バージニア・ウルフなんか怖くない
Who's Afraid of Virginia Woolf?
エドワード・オールビー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞、1966年に映画化。
1964年 『ルター』
Luther
ジョン・オズボーン
1965年 『バラが問題だ』
The Subject Was Roses
フランク・D・ギルロイ 1968年に映画化。ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。
1966年 マルキ・ド・サドの演出のもとにシャラントン精神病院患者たちによって演じられたジャン=ポール・マラーの迫害と暗殺
Marat/Sade
ペーター・ヴァイス 1967年に映画化。
1967年 『帰郷』
The Homecoming
ハロルド・ピンター 1965年に出版。2008年にリバイバル上演された。
1968年 ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ
Rosencrantz and Guildenstern Are Dead
トム・ストッパード 1990年にストッパード監督で映画化。
1969年 『ボクサー』
The Great White Hope
ハワード・サックラー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1970年に映画化。

1970年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
1970年 The Shadow Box フランク・マクマホン 原作はブレンダン・ビーアン。2000年に映画化。
1971年 『探偵/スルース』
Sleuth
アンソニー・シェーファー 1972年と2007年に映画化。
1972年 『棒きれと骨』
Sticks and Bones
デイヴィッド・レイブ 1973年に映画化。
1973年 『ザット・チャンピオンシップ・シーズン』
That Championship Season
ジェイソン・ミラー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1982年に映画化。邦題は『栄光の季節』。
1974年 The River Niger ジョセフ・A・ウォーカー 1976年に映画化。
1975年 エクウス
Equus
ピーター・シェーファー 1977年に映画化。日本でも3度上演されている。
1976年 Travesties トム・ストッパード
1977年 『シャドウボックス』
The Shadow Box
マイケル・クリストファー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1980年に映画化。邦題は『ポール・ニューマン/遠い追憶の日々』。
1978年 Da ヒュー・レナード 1988年に映画化。邦題は『マーティン・シーンのDa/ゴーストになったパパ』
1979年 エレファント・マン
The Elephant Man
バーナード・ポメランス 2002年にリバイバル上演された。

1980年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
1980年 ちいさき神の、作りし子ら
Children of a Lesser God
マーク・メドフ 1986年に映画化。邦題は『愛は静けさの中に』。
1981年 アマデウス
Amadeus
ピーター・シェーファー 1984年に映画化され、アカデミー作品賞などを受賞。
1982年 『ニコラス・ニクルビーの生涯と冒険』
The Life and Adventures of Nicholas Nickleby
デヴィッド・エドガー 原作はチャールズ・ディケンズ
1983年 トーチソング・トリロジー
Torch Song Trilogy
ハーヴェイ・ファイアスタイン 1988年に映画化。
1984年 『リアル・シング』
The Real Thing
トム・ストッパード 2000年、2009年にリバイバル上演された。
1985年 ビロクシー・ブルース
Biloxi Blues
ニール・サイモン 1988年に映画化。邦題は『ブルースが聞こえる』。
1986年 『私はラッパポートじゃないよ』
I'm Not Rappaport
ハーブ・ガードナー 1996年に映画化。邦題は『俺たちブラボー・ブラザース/ホラ吹いて行こう!』。
1987年 Fences オーガスト・ウィルソン ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。
1988年 M.バタフライ
M. Butterfly
デヴィッド・ヘンリー・ホアン 1993年に映画化。
1989年 ハイジ・クロニクル
The Heidi Chronicles
ウェンディ・ワッサースタイン ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1995年に映画化。

1990年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
1990年 『怒りの葡萄』
The Grapes of Wrath
フランク・ガラチ 原作はジョン・スタインベック
1991年 ロスト・イン・ヨンカーズ
Lost in Yonkers
ニール・サイモン ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。1993年に映画化。
1992年 『ルナサの祭りの日に』
Dancing at Lughnasa
ブライアン・フリール 1998年に映画化。
1993年 エンジェルス・イン・アメリカ -至福千年紀が近づく-
Angels in America: Millennium Approaches
トニー・クシュナー ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。2003年にミニシリーズとして映像化された。
1994年 エンジェルス・イン・アメリカ -ペレストロイカ-
Angels in America: Perestroika
トニー・クシュナー 2003年にミニシリーズとして映像化された。
1995年 Love! Valour! Compassion! テレンス・マクナリー 1997年に映画化。
1996年 マスタークラス
Master Class
テレンス・マクナリー
1997年 『バリフー最後の夜』
The Last Night of Ballyhoo
アルフレッド・ウーリー
1998年 『アート』
'Art'
ヤスミナ・レザ
1999年 『サイドマン』
Side Manよ
ウォーレン・レート

2000年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
2000年 コペンハーゲン
Copenhagen
マイケル・フレイン
2001年 プルーフ/証明
Proof
デイヴィッド・オーバーン 2005年に映画化。邦題は『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』。
2002年 『山羊、シルヴィアって誰?』
The Goat: or, Who Is Sylvia?
エドワード・オールビー
2003年 Take Me Out リチャード・グリーンバーグ
2004年 『I AM MY OWN WIFE 私が私自身の妻である』
I Am My Own Wife
ダグ・ライト ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。
2005年 ダウト 疑いをめぐる寓話
Doubt: A Parable
ジョン・パトリック・シャンリィ ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。2008年にシャンリィ自身の監督で映画化。邦題は『ダウト〜あるカトリック学校で〜』。
2006年 ヒストリー・ボーイズ
The History Boys
アラン・ベネット 2006年に映画化。
2007年 コースト・オブ・ユートピア
The Coast of Utopia
トム・ストッパード
2008年 『八月:オセージ郡』
August: Osage County
トレイシー・レッツ ピューリッツァー賞 戯曲部門も受賞。2013年に『8月の家族たち』として映画化。
2009年 『大人は、かく戦えり』
God of Carnage
ヤスミナ・レザ 2011年に『おとなのけんか』の邦題で映画化。

2010年代[編集]

受賞作 作者(もしくは脚本家) 備考
2010年 Red ジョン・ローガン
2011年 『軍馬ジョーイ』
War Horse
ニック・スタフォード 元は児童小説『戦火の馬』。2012年に映画化。
2012年 Clybourne Park ブルース・ノリス
2013年 Vanya and Sonia and Masha and Spike クリストファー・デュラング
2014年 All the Way ロバート・シェンカン

注意

ここで表記される邦題は、翻訳上演されたときの物に準ずる。また、日本では上演されていないが、映画作品から舞台作品へと転じた物・映像化された物が日本で公開され邦題が付けられた物・原作または書籍化された物が日本で出版され邦題が付いている物などに関しても、それに準ずることとする(NHKで放送される授賞式で表記された邦題についても一部参考として表記)。

外部リンク[編集]