ヒストリーボーイズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヒストリーボーイズ
The History Boys
監督 ニコラス・ハイトナー
脚本 アラン・ベネット
原作 アラン・ベネット
製作 ケビン・ローダー
ニコラス・ハイトナー
ダミアン・ジョーンズ
パドレイグ・キューサック
製作総指揮 マイルズ・ケットリー
アンドリュー・マクドナルド
チャールズ・ムーア
アロン・ライヒ
デヴィッド・M・トンプソン
出演者 リチャード・グリフィス
クライヴ・メリソン
フランシス・デ・ラ・トゥーア
ドミニク・クーパー
音楽 ジョージ・フェントン
編集 ジョン・ウィルソン
配給 アメリカ合衆国の旗 フォックス・サーチライト・ピクチャーズ
公開 イギリスの旗 2006年10月13日
アメリカ合衆国の旗 2006年11月21日
上映時間 112分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $13,401,952[1]
テンプレートを表示

ヒストリーボーイズ』(The History Boys)は、2006年制作のイギリスの映画。本国イギリスでローレンス・オリヴィエ賞を受賞し、トニー賞でも6部門を制覇した同名舞台を舞台のキャストそのままで映画化。また、2014年に日本でも舞台化された。

ストーリー[編集]

1983年イングランドシェフィールドグラマースクールの進学クラスで学ぶ8人は、名門のオックスフォード大学ケンブリッジ大学を目指し学問に励んでいた。

学校の老教師ヘクターは彼らが人間として豊かな教養を身につけることを考え、歌や詩、演技などを使った個性的な授業を行っていた。しかし校長はオックスフォード大卒の若手教員アーウィンを招き、他の授業の時間を削減させ、アーウィンによる徹底した受験指導を行うようになる。

キャスト[編集]

日本での舞台化[編集]

2014年8月29日~9月14日に世田谷パブリックシアター、同年9月18日~21日に森ノ宮ピロティーホールにて上演された。[2]

スタッフ[編集]

  • 翻訳:常田景子
  • 演出:小川絵梨子
  • 美術:堀尾幸男
  • 照明:原田保
  • 音響:長野朋美
  • 舞台監督:二瓶剛雄
  • 企画・制作:シーエイティプロデュース

ほか

キャスト[編集]

ほか

参考文献[編集]

外部リンク[編集]