トニー・クシュナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トニー・クシュナー
Tony Kushner
Tony Kushner
2010年11月
本名 Anthony Robert Kushner
生年月日 1956年7月16日(57歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク市マンハッタン
職業 劇作家脚本家
配偶者 マーク・ハリス英語版[1]

アンソニー・ロバート・"トニー"・クシュナーAnthony Robert "Tony" Kushner, 1956年7月16日 - )は、アメリカ合衆国劇作家脚本家である。 1993年に舞台『エンジェルス・イン・アメリカ 国家的テーマに関するゲイ・ファンタジア』でピューリッツァー賞戯曲部門を受賞した。映画では『ミュンヘン』(2005年)、『リンカーン』の脚本を執筆している。

生い立ちとキャリア[編集]

1978年にコロンビア大学で抗議活動をするクシュナー。

ニューヨーク市マンハッタンでクラリネット奏者兼指揮者の父とファゴット奏者の母のあいだに生まれる[2]。ユダヤ系の家庭である。誕生後、一家はルイジアナ州レイクチャールズに移り、幼少時代を過ごした。高校時代は政治議論を熱心だった。1974年にニューヨークへ移り、コロンビア大学で学び、1978年に中世研究の学士号を得た。さらにニューヨーク大学の大学院演技プログラムに参加し、1984年に卒業した[3]

クシュナーで最も有名な作品『エンジェルス・イン・アメリカ 国家的テーマに関するゲイ・ファンタジア』(『至福千年紀が近づく』と『ペレストロイカ』の2部構成)は7時間時間に及ぶ長編で、レーガン時代のニューヨークのエイズ患者を描いている。同作はHBOよりミニシリーズ化され、クシュナー自身が脚色した。

2000年代には映画の仕事も始めた。2005年、エリック・ロスと共同で脚本を執筆し、スティーヴン・スピルバーグが製作・監督した『ミュンヘン』が公開された。2006年1月にはドキュメンタリー映画『Wrestling With Angels』がサンダンス映画祭で公開された。2011年4月、再びスピルバーグ作品への参加が発表され、ドリス・カーンズ・グッドウィン英語版の書籍『リンカン』を原作とした『リンカーン』の脚本を書いた[4]

クシュナーは自身の作品を長年にわたって何度も改訂することで知られる。『エンジェルス・イン・アメリカ』の『ペレストロイカ』はオリジナルの倍の長さになっていることを認めている[5]

参考文献[編集]

  1. ^ Lois Smith Brady (2003年5月4日). “Weddings/Celebrations: Vows; Mark Harris and Tony Kushner”. The New York Times. http://query.nytimes.com/gst/fullpage.html?res=9A00E5DE143CF937A35756C0A9659C8B63 2008年12月21日閲覧。 
  2. ^ Fisher, James (2001). The Theater of Tony Kushner: Living Past Hope. Psychology Press. ISBN 0815331509, 9780815331506. http://books.google.com/books?id=VBm4oe3W_ewC. 
  3. ^ NYU Graduate Acting Alumni” (2011年). 2011年12月1日閲覧。
  4. ^ Yin, Maryann (2011年5月14日). “Steven Spielberg & Tony Kushner To Adapt Team of Rivals”. Mediabistro. http://www.mediabistro.com/galleycat/steven-spielberg-tony-kushner-to-adapt-team-of-rivals_b27796 2011年5月5日閲覧。 
  5. ^ Lucas, Craig. "Tony Kushner", "BOMB Magazine", Spring, 1993. Retrieved July 25, 2011.

外部リンク[編集]