第63回トニー賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

第63回トニー賞は、2009年6月7日に発表・授賞式が行われた。

作品賞はミュージカル部門では最多15候補の Billy Elliot, The Musicalリトル・ダンサー)、演劇部門は『大人は、かく戦えり』。それぞれイギリス発の作品である(ただし、『大人は、かく戦えり』は元はフランス語による演劇である。英語の翻訳公演はイギリスが初演であった)。

Billy Elliot, The Musicalミュージカル作品賞の他に同主演男優賞・演出賞など10部門を独占し、今回の最多受賞となった。主演男優賞ではビリー役を演じた子役3人が演技部門で史上初の同時受賞を果たした。

候補数が2番目に多かった Next to Normalミュージカル主演女優賞や楽曲賞など3部門を受賞し、"Billy Elliot, The Musical"に次ぐ受賞数となっている。演劇作品賞の"God of Canage"も同主演女優賞など3部門受賞した。

個人ではアンジェラ・ランズベリーが『陽気な幽霊』で83歳にして演劇助演女優賞を受賞。『スウィーニー・トッド』で4度目のミュージカル主演女優賞を受賞して以来、30年ぶり5度目のトニー賞受賞となった。演劇部門では初の受賞である。また、演技カテゴリーでの通算5度の受賞はジュリー・ハリスの持つ最多受賞記録に並んだ。

候補作の統計[編集]

  • 作品名の上段は邦題、下段は原題。邦題の横の括弧内には、他に著名な邦題がある場合参考に併記。
  • 邦題のない作品は日本未上演。下段の括弧内は原作付きの作品に邦題がある場合のみ併記。
候補数 作品名 カテゴリー 受賞数
15 Billy Elliot, The Musical
(原作は映画『リトル・ダンサー』)
ミュージカル 10
11 ネクスト・トゥ・ノーマル
Next to Normal
ミュージカル 3
8 ヘアー ミュージカル(リバイバル) 1
Shrek The Musical
(原作は映画『シュレック』)
ミュージカル 1
7 メアリー・ステュアート
Mary Stuart
演劇(リバイバル) 1
The Norman Conquests 演劇(リバイバル) 1
6 大人は、かく戦えり
God of Carnage
演劇 3
Joe Turner's Come and Gone 演劇(リバイバル) 2
5 ロック・オブ・エイジズ ミュージカル
33の変奏曲
33 Variations
演劇 1
4 瀕死の王
Exit the King
演劇(リバイバル) 1
9 to 5: The Musical
(原作は映画『9時から5時まで』)
ミュージカル
パル・ジョーイ
Pal Joey
ミュージカル(リバイバル)
ウエスト・サイド物語 ミュージカル(リバイバル) 1
3 カワイクなくちゃいけないリユウ
Reasons to be Pretty
演劇
ゴドーを待ちながら 演劇(リバイバル)
2 Blithe Spirit 演劇(リバイバル) 1
Dividing the Estate 演劇
エクウス 演劇(リバイバル) 1
ガイズ&ドールズ ミュージカル(リバイバル)
ホワイト・クリスマス ミュージカル
1 Speed-the-Plow 演劇(リバイバル)
[title of show] ミュージカル

候補と受賞の一覧[編集]

太字となっているものは受賞である。

以下の作品・人物の日本語表記については

  • 作品
    1. 日本で翻訳上演された際などに邦題が付けられた作品は、邦題で表記する
    2. 日本未上演ながら原作となった小説や映像作品に邦題が付けられている場合はそれに準拠して表記する
      (邦題表記されている原作付き作品とその原題については候補作の統計の表を参照)
    3. 1.と2.が無い作品については、原題のままとする
  • 人物
    1. 関わった作品の日本語による公式情報での表記に準ずる
    2. 1.が見当たらない場合は、NHK2009年6月28日に行う授賞式の放送での表記に準ずる
    3. 2.で表記されなかった場合は、英語表記のままもしくはデータベースサイトなどを参考にして日本語表記する

演劇部門[編集]

作品賞[編集]

リバイバル作品賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

演出賞[編集]

装置デザイン賞[編集]

  • デイル・ファーガソン - 『瀕死の王』
  • ロブ・ハウエル - The Norman Conquests
  • デレク・マクレーン - 『33の変奏曲』
  • マイケル・イヤーガン - Joe Turner's Come and Gone

衣装デザイン賞[編集]

照明デザイン賞[編集]

  • デヴィッド・ハーシー - 『エクウス
  • デヴィッド・ランダー - 『33の変奏曲』
  • ブライアン・マクデヴィット - Joe Turner's Come and Gone
  • ヒュー・ヴァン・ストーン - メアリー・ステュアート』

音響デザイン賞[編集]

  • Paul Arditti - 『メアリー・ステュアート』
  • グレゴリ・クラーク - 『エクウス
  • ラッセル・ゴールドスミス - Rock 'n' Roll
  • Scott Lehrer、Leon Rothenberg - Joe Turner's Come and Gone

ミュージカル部門[編集]

作品賞[編集]

脚本賞[編集]

  • リトル・ダンサー』 - リー・ホール
  • 『ネクスト・トゥ・ノーマル』- Brian Yorkey
  • 『シュレック』 - David Lindsay-Abaire
  • [title of show]- ハンター・ベル

楽曲賞[編集]

  • 『リトル・ダンサー』 - 作曲:エルトン・ジョン、作詞:リー・ホール
  • 『ネクスト・トゥ・ノーマル』 - 作曲:Tom Kitt、作詞:Brian Yorkey
  • 『9時から5時まで』 - 作曲・作詞:ドリー・パートン
  • 『シュレック』 - 作曲:Jeanine Tesori、作詞:David Lindsay-Abaire

リバイバル作品賞[編集]

主演男優賞[編集]

主演女優賞[編集]

助演男優賞[編集]

助演女優賞[編集]

  • ジェニファー・ダミアーノ - 『ネクスト・トゥ・ノーマル』
  • Haydn Gwynne - 『リトル・ダンサー』
  • Karen Olivo - 『ウエスト・サイド物語
  • マーサ・プリンプトン - 『パル・ジョーイ』
  • キャロル・シェリー - 『リトル・ダンサー』

演出賞[編集]

振付賞[編集]

編曲賞[編集]

  • ラリー・ブランク - 『ホワイト・クリスマス』
  • Martin Koch - 『リトル・ダンサー
  • Michael Starobinトム・キット - 『ネクスト・トゥ・ノーマル』
  • Danny Troob、John Clancy - 『シュレック』

※タイ受賞

装置デザイン賞[編集]

  • Robert Brill - 『ガイズ&ドールズ
  • イアン・マクニール - 『リトル・ダンサー
  • スコット・パスク - 『パル・ジョーイ』
  • マーク・ウェンドランド - 『ネクスト・トゥ・ノーマル』

衣装デザイン賞[編集]

  • グレゴリー・ゲイル - 『ロック・オブ・エイジズ』
  • Nicky Gillibrand - 『リトル・ダンサー』
  • Tim Hatley - 『シュレック
  • マイケル・マクドナルド - 『ヘアー』

照明デザイン賞[編集]

  • ケヴィン・アダムス - 『ヘアー』
  • ケヴィン・アダムス - 『ネクスト・トゥ・ノーマル』
  • ハウエル・ビンクリー - 『[エスト・サイド物語』
  • リック・フィッシャー - 『リトル・ダンサー

音響デザイン賞[編集]

  • Acme Sound Partners - 『ヘアー』
  • Paul Arditti - 『リトル・ダンサー
  • Peter Hylenski - 『ロック・オブ・エイジズ』
  • Brian Ronan - 『ネクスト・トゥ・ノーマル』

特別シアトリカルイベント賞[編集]

  • Liza's at The Palace
  • Slava's Snowshow
  • Soul of Shaolin
  • You're Welcome America. A Final Night with George W. Bush

特別賞[編集]

  • 生涯功労賞
  • 地方劇場賞
    • Signature Theatre, Arlington, Va.
  • イザベル・スティーヴンソン賞
    • フィリス・ニューマン
  • Tony Honors for Excellence in the Theatre
    • Shirley Herz

外部リンク[編集]