スウィーニー・トッド (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スウィーニー・トッド(原題 Sweeney Todd, the Demon Barber of Fleet Street)は、19世紀イギリスの伝説、スウィーニー・トッドを題材としたミュージカルである。 ヒュー・ホイーラー脚本、スティーヴン・ソンドハイム作詞作曲。1979年3月1日初演。

あらすじ[編集]

19世紀イギリスのロンドン、フリート街。

流罪となった、理髪師ベンジャミン・バーカー。残した妻と幼い娘を想い流刑地から脱獄した彼は、漂流しているところを水夫アンソニーに助けられる。アンソニーの乗る船で15年振りにロンドンに戻ったベンジャミン・バーカーは、スウィーニー・トッドと名を変え、フリート街にあった自分の理髪店へと向かう。

そこで彼は、かつての店の大家であったパイ屋のミセス・ラヴェットと再会する。彼女から妻と娘に起きた悲劇を聞かされ、自分が無実の罪を着せられたことを悟った彼は、全ての元凶であるターピン判事に復讐を誓う。

公演記録[編集]

1979年ブロードウェイ初演[編集]

1979年3月1日 - 1980年6月29日 ブロードウェイ/ユーリス劇場/577公演

オリジナル・キャスト[編集]

  • スウィーニー・トッド(復讐に燃える床屋):レン・キャリオウ
  • ミセス・ラヴェット(パイ屋の主):アンジェラ・ランズベリー
  • 乞食女(スウィーニーの周囲に現れる謎の女):メール・ルイーズ
  • ジョアンナ(スウィーニーの娘。ターピン判事の養女):サラ・ライス
  • アンソニー・ホープ(ジョアンナに心を寄せる若き船乗り):ヴィクター・ガーバー
  • ターピン判事(スウィーニーを無実の罪に落とし入れた張本人):エドモンド・リンテック
  • ビードル・バンフォード(タービンの子飼いの役人):ジャック・エリック・ウィリアムス
  • トバイアス・ラグ(ミセス・ラヴェットを慕う、素朴で純粋な青年):ケン・ジェニングス

オリジナル・スタッフ[編集]

  • ディレクター:ハロルド・プリンス
  • 演出・振付:Larry Fuller
  • 美術:Eugene Lee
  • 衣裳:Franne Lee
  • 照明:Ken Billington

ほかの主な公演[編集]

  • 1980年ウエスト・エンド公演
  • 1989年ブロードウェイ再演
    • 1989年9月14日 - 1990年2月25日 ブロードウェイ/スクエア劇場/189公演
1989年度トニー賞に6部門ノミネート。ミュージカル演出賞とミュージカル音響デザイン賞を受賞
  • 2005年ブロードウェイ再再演
    • 2005年11月3日 - 2006年9月3日 ブロードウェイ/ユージンオニール劇場/384公演

受賞[編集]

1979年度トニー賞8部門受賞

  • 最優秀ミュージカル作品賞
  • 最優秀ミュージカル脚本賞
  • 最優秀作詞作曲賞
  • 最優秀ミュージカル主演男優賞
  • 最優秀ミュージカル主演女優賞
  • 最優秀ミュージカル演出賞
  • 最優秀ミュージカル装置デザイン賞
  • 最優秀ミュージカル衣装デザイン賞

日本における公演[編集]

初演[編集]

1981年に鈴木忠志演出、市川染五郎(現・松本幸四郎)鳳蘭主演で初演


亜門版[編集]

2007年、26年ぶりの上演となり、大竹しのぶのミュージカル初主演としても話題になった。

スタッフ[編集]

演出:宮本亜門
主催・企画・制作:フジテレビホリプロ

キャスト[編集]

公演記録[編集]

年月日 会場
2007年1月5日 - 2007年1月29日 東京・日生劇場
2007年2月8日 - 2007年2月10日 愛知・愛知厚生年金会館
2007年2月15日- 2007年2月18日 大阪・イオン化粧品シアターBRAVA!
2007年2月22日 - 2007年2月24日 福岡・北九州芸術劇場


亜門版再演[編集]

2011年、宮本亜門演出で再演された。

スタッフ[編集]

演出:宮本亜門
主催・企画・制作:フジテレビジョン・ホリプロ

キャスト[編集]

  • スウィーニー・トッド:市村正親
  • ミセス・ラヴェット:大竹しのぶ
  • 乞食女:キムラ緑子
  • ジョアンナ:ソニン
  • アンソニー:田代万里生
  • ターピン判事:安崎求
  • ビードル:斉藤暁
  • トバイアス:武田真治

公演記録[編集]

年月日 会場
2011年5月14日 - 6月5日 東京・青山劇場
2011年6月9日 - 6月12日 大阪・シアターBRAVA!
2011年6月18日 - 6月19日 広島・ALSOKホール
2011年6月25日 長崎・ブリックホール
2011年7月1日 - 7月3日 愛知・愛知県芸術劇場
2011年7月9日 - 7月10日 神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場


亜門版3回目公演[編集]

2013年、宮本亜門演出で再々演が決定した。

スタッフ[編集]

演出:宮本亜門
主催・企画・制作:フジテレビジョン・ホリプロ

キャスト[編集]

  • スウィーニー・トッド:市村正親
  • ミセス・ラヴェット:大竹しのぶ
  • 女乞食:芳本美代子
  • ジョアンナ:高畑充希
  • アンソニー:柿澤勇人
  • ターピン判事:安崎求
  • ビードル:斉藤暁
  • トバイアス:武田真治

公演予定[編集]

年月日 会場
2013年5月5日 - 5月6日 神奈川・KAAT 神奈川芸術劇場
2013年5月10日 - 5月12日 大阪・シアターBRAVA!
2013年5月16日 - 6月2日 東京・青山劇場
2013年6月8日 - 6月9日 愛知・愛知県芸術劇場

関連項目[編集]

外部リンク[編集]