トニー賞 ミュージカル作品賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

トニー賞ミュージカル作品賞(Best Musical)は、第3回となる1949年から授与されている。

受賞一覧[編集]

~1950年代[編集]

受賞作 製作者 備考
1949年 キス・ミー・ケイト
Kiss me,Kate
コール・ポーター(作詞・作曲)
サミュエル&ベラ・スピワック(脚本)
1953年に映画化。
日本初演は1966年。
1950年 南太平洋
South Pacific
リチャード・ロジャース(音楽)
オスカー・ハマースタイン2世(作詞・脚本)
ジョシュア・ローガン(脚本)
1958年と2001年に映画化。
日本初演は1966年
1951年 ガイズ&ドールズ
Guys and Dolls
フランク・レッサー(作詞・作曲)
エイブ・バロウズ &ジョー・スワーリング(脚本)
1955年に映画化。
日本初演は1984年
1952年 王様と私
The King and I
リチャード・ロジャース(音楽)
オスカー・ハマースタイン2世(作詞・脚本)
日本初演は1965年
1953年 『ワンダフルタウン』
Wonderful Town
ジョセフ・フィールズ&ジェローム・コドロフ(脚本)
レナード・バーンスタイン(作曲)
ベティ・コムデン&アドルフ・グリーン(作詞)
日本初演は2010年
1954年 『キスメット』
Kismet
チャールズ・レデラー&ルーサー・デイヴィス(脚本)
アレクサンドル・ボロディン(作曲)
ロバート・ライト&ジョージ・フォレスト(編曲・作詞)
1955年 『パジャマゲーム』
The Pajama Game
ジョージ・アボット&リチャード・ビセル(脚本)
リチャード・アドラー&ジェリー・ロス(作詞・作曲)
1957年にドリス・デイ主演で映画化。
1956年 くたばれ!ヤンキース
Damn Yankees
ジョージ・アボット&ダグラス・ワロップ(脚本)
リチャード・アドラー&ジェリー・ロス(作詞・作曲)
1958年にスタンリー・ドーネン監督で映画化。
日本初演は2007年
1957年 マイ・フェア・レディ
My Fair Lady
アラン・ジェイ・ラーナー(脚本・作詞)
フレデリック・ロ(作曲)
1964年に映画化され、アカデミー作品賞を受賞。
日本初演は1963年
1958年 『ザ・ミュージック・マン』
The Music Man
メレディス・ウィルソン(作詞・作曲・脚本)
フランクリン・レイシー(脚本)
日本初演は1985年
1959年 『レッドヘッド』
Redhead
ハーバート・フィールズ&シドニー・シェルダン&デヴィッド・ショウ(脚本)
ドロシー・フィールズ(脚本・作詞)
アルベルト・ハーグ(作曲)

1960年代[編集]

受賞作 製作者 備考
1960年 サウンド・オブ・ミュージック
The Sound of Music
ハワード・リンゼイ&ラッセル・クローズ(脚本
オスカー・ハマースタイン2世(作詞)リチャード・ロジャース(作曲)
1965年に映画化され、アカデミー作品賞・監督賞等を受賞。
日本初演は1965年
『フィオレロ!』
Fiorello!
ジェローム・ワイドマン&ジョージ・アボト(脚本)
シェルダン・ハーニック(作詞)
ジェリー・ボック(作曲)
1961年 『バイバイ・バーディ』
Bye Bye Birdie
マイケル・スチュワート(脚本)
チャールズ・ストラウス(作曲)
リー・アダムス(作詞)
1962年 努力しないで出世する方法
How to Succeed in Business Without Really Trying
エイブ・バロウズ&ジャック・ウェインストック&ウィリー・ギルバート(脚本)
フランク・レッサー(作詞・作曲)
ピューリッツアー賞も受賞。1967年に映画化。
日本初演は1964年
1963年 『ローマで起こった奇妙な出来事』
A Funny Thing Happened on the Way to the Forum
バート・シーヴラヴ&ロバート・ゲルバート(脚本)
スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)
1966年に映画化。
1964年 ハロー・ドーリー!
Hello,Dolly!
マイケル・スチュアート(脚本)ジェリー・ハーマン(作詞・作曲) 原作はソーントン・ワイルダー。1969年に映画化。
日本初演は2013年
1965年 屋根の上のヴァイオリン弾き
Fiddler On The Roof
ジョセフ・スタイン(脚本)
ジェリー・ボック(作詞)
シェルドン・ハーニック(作曲)
1971年に映画化。
日本初演は1967年
1966年 ラ・マンチャの男
Man Of La Mancha
デイル・ワッサーマン(脚本)
ミッチ・リー(作曲)
ジョー・ダリオン(作詞)
1972年に映画化。
日本初演は1969年
1967年 キャバレー
Cabaret
ジョー・マステロフ(脚本)
ジョン・カンダー(作曲)
フレッド・エッブ(作詞)
クリストファー・イシャーウッドの小説とそれを基にしたジョン・ヴァン・ドルーテンの戯曲に基づいている。1972年に映画化。
日本初演は1982年
1968年 『ハレルヤベイビー!』
Hallelujah,Baby!
アーサー・ローレンツ(脚本)
ジュール・スタイン(作曲)
ベティ・コムデン&アドルフ・グリーン(作詞)
1969年 『1776』
1776
ピーター・ストーン(脚本)
シャーマン・エドワーズ(作詞・作曲)
1776年のアメリカ独立宣言がテーマ。

1970年代[編集]

受賞作 製作者 備考
1970年 『アプローズ』
Applause
ベティ・コムデン&アドルフ・グリーン(脚本)
チャールズ・ストラウス(作曲)
リー・アダムス(作詞)
映画『イヴの総て』が原作。
日本初演は1972年
1971年 『カンパニー』
Company
ジョージ・ファース(脚本)
スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)
1972年 ヴェローナの二紳士
Two Gentlemen Of Verona
ウィリアム・シェイクスピア(原作)
ガルト・マクダーモット(音楽)
ジョン・グアーレ(作詞)
日本初演は2014年
1973年 『リトル・ナイト・ミュージック』
A Little Night Music
ヒュー・ウィーラー(脚本)
スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)
映画『夏の夜は三たび微笑む』に着想を得た作品。
1974年 レイズン
Raisin
ロバート・ネミロフ&Charlotte Zaltzberg(脚本)
Judd Woldin(作曲)
ロバート・ブリッタン(作詞)
ア・レーズン・イン・ザ・サン』のミュージカル化。
1975年 ウィズ
The Wiz
ウィリアム・F・ブラウン(脚本)
チャールズ・スモールズ(作詞・作曲)
オズの魔法使い』が原作。アフリカ系のキャストのみで上演。1978年に映画化。
1976年 コーラスライン
A Chorus Line
ジェームズ・カークウッド(脚本)
マーヴィン・ハムリッシュ(作曲)
エドワード・クレバン(作詞)
トニー賞で12部門受賞。ピューリッツアー賞も受賞。1985年に映画化。
日本初演は1975年
1977年 アニー
Annie
トーマス・ミーハン(脚本)
チャールズ・ストラウス(作曲)
マーティン・チャーニン(作詞)
ハロルド・グレイの漫画『小さな孤児アニー』が原作。
日本初演は1978年
1978年 『エイント・ミスビヘイヴン』
Ain't Misbehavin'
ファッツ・ウォーラー(作曲) ファッツ・ウォーラーの曲 w:Ain't Misbehavin' (song)から題名が取られた。
1979年 スウィーニー・トッド
Sweeny Todd
ヒュー・ウィーラー(脚本)
スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲)
2007年に映画化。
日本初演は1981年

1980年代[編集]

受賞作 製作者 備考
1980年 エビータ
Evita
ティム・ライス(脚本・作詞)
アンドルー・ロイド・ウェバー(作曲)
1996年に映画化。
日本初演は1982年
1981年 『フォーティセカンド・ストリート』
42nd Street
マイケル・スチュアート&Mark Bramble(脚本)
ハリー・ウォーレン(作曲)
アル・ダビン(作詞)
映画『四十二番街』が原作。リバイバル上演の際もトニー賞を受賞。
1982年 『ナイン』
Nine
アーサー・コピット(脚本)
モーリー・イェストン(作詞・作曲)
マリオ・フラッティフェデリコ・フェリーニの『8 1/2』に触発されて書いた戯曲が原作。
日本初演は1983年
1983年 キャッツ
Cats
アンドルー・ロイド・ウェバー(作曲
)T・S・エリオット(詩)
トレヴァー・ナン(作詞)
T・S・エリオットの詩集が基になっている。
日本初演は1983年
1984年 ラ・カージュ・オ・フォール
La Cage Aux Folles
ハーヴェイ・ファイアスタイン(脚本)
ジェリー・ハーマン(作詞・作曲)
ジャン・ポワレによる戯曲が原作。
日本初演は1985年
1985年 『ビッグ・リバー』
Big River
ウィリアム・ハウプトマン(脚本)
ロジャー・ミラー(作詞・作曲)
マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』が原作。
1986年 『ミステリー・オブ・エドウィン・ドゥルード』
The Mystery Of Edwin Drood
ルパート・ホルムズ(脚本・作詞・作曲) チャールズ・ディケンズの未完成作品『エドウィン・ドルードの謎』が原作。
1987年 レ・ミゼラブル
Les Miserables
クロード・ミシェル・シェーンベルク(脚本・作曲)
アラン・ブーブリル(脚本)
ハーバート・クレッツマー(作詞)
ヴィクトル・ユーゴーの小説のミュージカル化。
日本初演は1987年
1988年 オペラ座の怪人
The Phantom of the Opera
アンドリュー・ロイド=ウェバー(脚本・作曲)
リチャード・スティルゴー(脚本)
チャールズ・ハート(作詞)
ガストン・ルルーの小説のミュージカル化。
日本初演は1988年
1989年 『ジェローム・ロビンス・ブロードウェイ』
Jerome Robbins' Broadway
ジェローム・ロビンズ(演出)

1990年代[編集]

受賞作 製作者 備考
1990年 『シティ・オブ・エンジェルズ』
City of Angels
ラリー・ギルバート(脚本)
David Zippel(作詞)
サイ・コールマン(作曲)
1991年 『ウィル・ロジャース・フォーリーズ』
The Will Rogers Follies
ピーター・ストーン(脚本)
ベティ・コムデン&アドルフ・グリーン(作詞)
サイ・コールマン(作曲)
1992年 クレイジー・フォー・ユー
Crazy for You
ケン・ルドウィグ(脚本)
アイラ・カーシュウィン(作詞)
ジョージ・ガーシュウィン(作曲)
日本初演は1993年
1993年 蜘蛛女のキス
Kiss Of The Spider Woman
テレンス・マクナリー(脚本)
フレッド・エッブ(作詞)
ジョン・カンダー(作曲)
マヌエル・プイグ の小説のミュージカル化。
日本初演は1996年
1994年 『パッション』
Passion
ジェームズ・ラパイン(脚本)スティーヴン・ソンドハイム(作詞・作曲) エットーレ・スコラの映画『パッション・ダモーレ』が原作。
1995年 『サンセット大通り』
Sunset Boulevard
クリストファー・ハンプトン (脚本)
ドン・ブラック(脚本・作詞
アンドリュー・ロイド・ウェバー(作曲)
映画『サンセット大通り』が原作。
日本初演は2012年
1996年 レント
Rent
ジョナサン・ラーソン(脚本・作詞・作曲) ピューリッツアー賞も受賞。2005年に映画化。
日本初演は1998年
1997年 タイタニック
Titanic
ピーター・ストーン(脚本)
モーリー・イェストン(作詞・作曲)
1998年 ライオン・キング
The Lion King
ロジャー・アレーズ&アイリーン・メッキ(脚本)
ティム・ライス(作詞)
エルトン・ジョン(作曲)
レボ・M&マーク・マンシーナ&ジェイ・リフキン&ジュリー・ティモア&ハンス・ジマー(追加の作詞・作曲)
映画『ライオン・キング』が原作。
日本初演は1998年
1999年 フォッシー
Fosse
リチャード・マルトビー・Jr&チェット・ウォーカー&アン・ラインキング(企画)

2000年代[編集]

受賞作 製作者 備考
2000年 コンタクト
Contact
スーザン・ストローマン(原案)
ジョン・ワイドマン(原案・脚本)
日本初演は2002年
2001年 プロデューサーズ
The Producers
メル・ブルックス(脚本・作詞・作曲)
トーマス・ミーハン(脚本)
1968年の同名映画のミュージカル化。
日本初演は2005年
2002年 『モダン・ミリー』
Thoroughly Modern Millie
リチャード・モリス(脚本)
ディック・スキャンラン(脚本・作詞)
ジャニーン・テソリ(作曲)
1967年の同名映画、『モダン・ミリー』が原作。
2003年 ヘアスプレー
Hairspray
トーマス・ミーハン(脚本)
マーク・シャイマン(作詞・作曲)
スコット・ウィッティ(作詞)
1988年の同名映画のミュージカル化。
2004年 アベニューQ
Avenue Q
ジェフ・ウィッティ(脚本)
ロバート・ロペス&ジェフ・マークス(作詞・作曲)
2005年 モンティ・パイソンのスパマロット
Monty Python's Spamalot
エリック・アイドル(脚本・作曲・作詞)
ジョン・デュプレ(作曲)
映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル]』から「割愛された」ミュージカル。
日本初演は2012年
2006年 『ジャージー・ボーイズ』
Jersey Boys
マーシャル・ブリックマン&リック・エリス(脚本)ボブ・ゴーディオ&ボブ・クリュー(作詞・作曲)
2007年 春のめざめ
Spring Awakening
Steven Sater(脚本)
ダンカン・シーク(作詞・作曲)
日本初演は2009年
2008年 『イン・ザ・ハイツ』
In the Heights
Quiara Alegría Hudes (脚本)
Lin-Manuel Miranda(作詞・作曲)
日本初演は2014年
2009年 Billy Elliot the Musical Lee Hall (脚本・作詞)
エルトン・ジョン(作曲)
2000年の映画『リトル・ダンサー』のミュージカル版

2010年代[編集]

受賞作 製作者 備考
2010年 メンフィス
Memphis
ジョー・ディピエトロ (脚本・作詞)
デヴィッド・ブライアン(作詞・作曲)
日本初演は2015年
2011年 The Book of Mormon トレイ・パーカー (脚本・作詞・作曲)
Robert Lopez(脚本・作詞・作曲)
マット・ストーン(脚本・作詞・作曲)
2012年 Once Enda Walsh (脚本)
Glen Hansard(作詞・作曲)
Markéta Irglová(作詞・作曲)
映画『ONCE ダブリンの街角で』が原作
2013年 『キンキー・ブーツ』
Kinky Boots
ハーヴェイ・ファイアスタイン (脚本)
シンディ・ローパー(作詞・作曲)
映画『キンキーブーツ』が原作
2014 A Gentleman's Guide to Love and Murder Rober L. Freedman(脚本・作詞)
Steven Lutvak(作曲・作詞)

注意

ここで表記される邦題は、翻訳上演されたときの物に準ずる。また、日本では上演されていないが、映画作品から舞台作品へと転じた物・映像化された物が日本で公開され邦題が付けられた物・原作または書籍化された物が日本で出版され邦題が付いている物などに関しても、それに準ずることとする(NHKで放送される授賞式で表記された邦題についても一部参考として表記)。

出典[編集]

外部リンク[編集]