キンキーブーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キンキーブーツ
Kinky Boots
監督 ジュリアン・ジャロルド
脚本 ティム・ファース
ジェフ・ディーン
製作 ニック・バートン
ピーター・エテッドギー
スザンヌ・マッキー
出演者 ジョエル・エドガートン
キウェテル・イジョフォー
サラ=ジェーン・ボッツ
音楽 エイドリアン・ジョンストン
撮影 アイジル・ブリルド
編集 エマ・E・ヒコックス
配給 日本の旗 ブエナビスタインターナショナル
公開 イギリスの旗 2005年10月7日
日本の旗 2006年8月26日
上映時間 107分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
興行収入 $9,950,133[1]
テンプレートを表示

キンキーブーツ』(Kinky Boots)は、2005年イギリスとアメリカ合衆国の合作のコメディ映画。脚本はジェフ・ディーンとティム・ファース、監督はジュリアン・ジャロルドが担当した。日本では2006年に公開された。実在の紳士靴メーカー 「W.J. Brookes Ltd」 がモデルになっている。実話を基に、イギリスの経営がうまくいっていない靴製造工場の若いお堅いオーナーであるチャーリーと、そりが合わなそうなドラァグ・クイーンのローラと共に経営を立て直そうとする物語であり、それまで製造してきた紳士靴ではなく、ドラァグ・クイーン向けの特注靴の製造を計画する。なお撮影には紳士靴メーカー「トリッカーズ」の工場が使用された[要出典]

あらすじ[編集]

桟橋の上にいる寒そうな少年がベルト付きの赤いハイヒールを履き、踊りだす。その様子を年配の男性が窓から見て注意する。一方、別の少年は家の靴製造工場を継ぐことよりもサッカーに興味がある。 時は流れ、チャーリー・プライスはイギリスの田舎町ノーザンプトンの伝統ある紳士靴メーカー 『プライス社』 の跡取りだったが、周囲の重圧に耐えかね、転勤を機にロンドンに移住することを計画していた。

しかしロンドンに到着したその日に父の訃報が届き、『プライス社』 を継ぐことになってしまう。しかも社の財政状況が火の車だということを知る。在庫の処分のためロンドンへ出張中にやけ酒を食らった勢いで、酔っ払いのチンピラ[要曖昧さ回避]に絡まれている美女を助けようとすれば、逆に美女に一発で誤って叩きのめされてしまう。目が覚めるとそこは不作法なドラァグ・クイーンのローラ、本名サイモンの楽屋であり、その人物は桟橋で踊っていた少年の未来の姿であった。ドラァグ・クイーンには女性用の靴しかなく、ハイヒールは男性の重く大きな体を支えきれずに簡単に壊れてしまうことにチャーリーは興味が湧く。ノーザンプトンに戻り人員整理をしている最中、クビにしようとした社員のローレンに「ニッチ市場を開拓しろ」と捨て台詞をはかれる。チャーリーはローレンを顧問として再雇用し、ローラのためのハイヒールのブーツである『女物の紳士靴』 の開発に着手し、そこにローレンの言うニッチ市場を見出す。しかし最初のデザインは機能性を重視するあまりにオバサンくさいブーツに仕立ててしまい、ローラを怒らせ、チャーリーとローレンはローラをコンサルタントとして迎える。道は険しく、男性従業員の多くはローラの登場と新商品製作を快く思わず、チャーリーも婚約者の二コラとの関係もぎくしゃくし始めて「工場を売ってしまえ」と責められる。ローラは服装を地味にして友達もできるが、ローラの意見を取り入れ、『危険でセクシーな女物の紳士靴 (Kinky Boots)』 を作り上げたチャーリーは、ミラノの靴見本市に打って出る決意をすると事態は悪化する。ローラを含む多くの従業員に重労働を強いたため、彼らは出て行ってしまう。

二コラが工場にやってきて、チャーリーが工場を守るために家を抵当に入れたことに激怒する。二コラは工場を売ることを主張するが、チャーリーは工場を維持し従業員を雇用し続けることを決心する。この口論はマイクを通じて工場全体に放送され、ローレンとローラと不仲のドンに聞かれる。以前にローラから恩を受けたドンは、偶然ではあるがチャーリーの考えを聞いて他の従業員たちを呼び戻し、製造をチャーリーとローレンがミラノに出発するのに間に合わせる。チャーリーとローラは仲たがいをし、新作ブーツのモデルがいないままミラノに到着し、チャーリーは従業員への感謝の最大限のしるしとローラへの謝罪の気持ちを併せ、自らがモデルとしてステージに上がる。慣れないハイヒールで滑って転ぶと、ローラおよびドラァグ・クイーン仲間が登場してランウェイで見事なショーを行ない、事なきを得る。

ローラは自身のショーでノーザンプトンの「キンキーブーツ工場」の栄誉をたたえて歌う。メインの労働者がこのショーに招待されており、うちチャーリーとローレンはカップルとなっていた。

備考[編集]

実話を元にとされているが、実話なのは元々の会社ブルックス社が110年の歴史があることのみ。 靴工場をエロティックなファッションアクセサリー工場に変えたのは本当で、そこのラインに男性物も用意したというのも事実であるが、ドラァグクィーン用のブーツで倒産の危機から再生したという話については全く架空のことである[要出典]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャーリー・プライス ジョエル・エドガートン 森川智之
ローラ キウェテル・イジョフォー 三宅健太
ローレン サラ=ジェーン・ポッツ 浅野まゆみ
ニコラ ジェミマ・ルーパー 石塚理恵
ドン ニック・フロスト 志村知幸
メル リンダ・バセット 藤夏子
ハロルド・プライス ロバート・パフ 西村知道
ジョージ ユアン・フーパー 塚田正昭
ビッグ・マイク スティーブン・マーカス
パット モナ・ハモンド
ジーニー ケリー・ブライト
トリシュ ジョアンナ・スキャラン
リチャード・ベイリー ジョフリー・ストリトフィールド
ハリー・サンプソン レオ・ビル

背景[編集]

1999年2月24日放送のBBC Twoのドキュメンタリー『Trouble at the Top 』のエピソードで、ノーサンプトンシャーのアールズ・パートンにある閉鎖寸前の家族経営の靴工場であるW・J・ブルックス社のスティーヴ・ぺイトマンに焦点を当て、再起をかけて紳士靴工場から「Divine 」というブランドで個性的な靴を製造する話から着想を得た[2][3][4][5]

サウンドトラック[編集]

2006年4月11日、ハリウッド・レコード社より『Kinky Boots: Original Soundtrack 』が出版された[6]

  1. Whatever Lola Wants – キウェテル・イジョフォー (2:12)
  2. In These Shoesカースティ・マコール (3:39)
  3. I Want to Be Evil – キウェテル・イジョフォー (2:34)
  4. Mr. Big Stuffリン・コリンズ (4:00)
  5. It’s a Man’s Man’s Man’s Worldジェームス・ブラウン (3:17)
  6. I Put a Spell on Youニーナ・シモン (2:36)
  7. The Prettiest Starデヴィッド・ボウイ (3:09)
  8. Together We Are Beautiful – キウェテル・イジョフォー (4:10)
  9. Yes Sir I Can Boogie – キウェテル・イジョフォー (4:20)
  10. Wild Is the Wind – ニーナ・シモン (6:59)
  11. The Red Shoesエイドリアン・ジョンストン (4:26)
  12. Steel Shank – エイドリアン・ジョンストン (3:39)
  13. Free to Walk – エイドリアン・ジョンストン (3:39)

以下の曲は映画では使用されたがアルバムには収録されていない:

評判[編集]

批評[編集]

公開当初、「イギリスのシットコムのお決まりのあらすじ」と批判されるなど賛否両論であった。ロッテン・トマトによると批評107件中57%のレートであった[7]

興行収入[編集]

世界中で計9,941,428ドルをあげた[1]

受賞歴[編集]

イジョフォーはゴールデングローブ賞主演男優賞ミュージカル・コメディ部門にノミネートされた。

ミュージカル化[編集]

2013年4月、この映画のミュージカル化作品である「キンキー・ブーツ」がシカゴのバンク・オブ・アメリカ・シアター英語版でのトライアウトを経てブロードウェイ・シアターで上演された。 シンディ・ローパーがこのミュージカルに向けた曲の作曲・作詞を行い、ハーヴェイ・ファイアスタインが脚本を担当した[8] 。 演出を務めたジェリー・ミッチェル英語版は振り付けも担当した[9]

チャーリー役はスターク・サンズが務め、ローラ役はビリー・ポーター英語版が務めた [10]。 このミュージカルは2013年のトニー賞で13の部門にノミネートされ、うちオリジナル楽曲賞(ローパー、単独女性初の受賞者)、ミュージカル主演男優賞(ポーター)、ミュージカル作品賞を含む6部門を受賞した[11]。 また、このミュージカルにプロデューサーの一人として携わった川名康浩も日本人として初めてトニー賞を受賞した[12]

関連事項[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b Kinky Boots” (英語). Box Office Mojo. 2011年7月2日閲覧。
  2. ^ Dowd, Vincent (2013年6月18日). “BBC News - Kinky Boots inspiration comes out of the shadows”. Bbc.co.uk. 2013年11月30日閲覧。
  3. ^ BBC Two - Trouble at the Top, Series 3, Kinky Boot Factory”. Bbc.co.uk (2008年6月22日). 2013年11月30日閲覧。
  4. ^ Trouble at the Top: Season 3, Episode 1 : The Kinky Boot Factory (24 Feb. 1999)”. IMDb.com. 2013年11月30日閲覧。
  5. ^ The real story behind those kinky boots - Northampton Chronicle and Echo”. Northamptonchron.co.uk (2005年10月6日). 2013年11月30日閲覧。
  6. ^ https://itunes.apple.com/us/album/kinky-boots-original-soundtrack/id137049706
  7. ^ Kinky Boots Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2013年1月25日閲覧。
  8. ^ Jones, Kenneth. "Kinky Boots Musical Will Kick It Up in Chicago in October, Prior to Broadway". Playbill.com, February 22, 2012
  9. ^ Jones, Kenneth (2008年7月8日). “Kinky Boots, the Musical, Walking Toward Broadway”. Playbill. http://www.playbill.com/news/article/119294.html 2008年7月10日閲覧。 
  10. ^ Jones, Chris. "'Kinky Boots' announces full cast". ChicagoTribune.com, June 28, 2012
  11. ^ Purcell, Carey (June 9, 2013). "Kinky Boots, Vanya and Sonia, Pippin and Virginia Woolf? Are Big Winners at 67th Annual Tony Awards". Playbill. Retrieved June 13, 2013. 
  12. ^ 日本人が初めてトニー賞に輝く 「キンキー・ブーツ」の川名康浩さん”. ハフィントンポスト (2013年6月10日). 2013年11月2日閲覧。

外部リンク[編集]