コーラスライン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コーラスライン』(A Chorus Line)は、1975年7月25日に初演されたブロードウェイミュージカルマイケル・ベネットの原案・振付・演出、マーヴィン・ハムリッシュの音楽による。

舞台はブロードウェイの劇場で、コーラスラインのオーディションに参加するダンサーたちを描く。「コーラスライン」とは、稽古で舞台上に引かれるラインのことで、コーラス、つまり役名のないキャストたちが、ダンス等でこれより前に出ないようにと引かれる。メインキャストとコーラスを隔てる象徴ともなっている。

1975年の初演から1990年4月28日の千秋楽まで6137公演という、当時としては最長のロングラン公演記録をたて、1976年トニー賞では最優秀ミュージカル賞をはじめ9部門を獲得した。ブロードウェイでは『CATS』に抜かれるまで、最長のロングラン記録を持っていた。

制作に1年をかけている。

2006年10月5日からブロードウェイの・ショーエンフェルド劇場(Schoenfeld Theatre)でリバイバルされたが、2008年8月17日に759公演でクローズした。

2006年バージョンはそのオーディションの模様がドキュメンタリー映画として撮影され、日本では『ブロードウェイ♪ブロードウェイ〜コーラスラインにかける夢〜』として2008年10月に公開された。

2009年と2011年には来日公演も行われている。

日本では劇団四季によって1979年9月24日に初演を迎え、以来断続的に上演されており同劇団の歴史的に重要なレパートリーの1つである。日本版上演にあたり、演出家・浅利慶太は台本の1行1行全ての説明をマイケル・ベネットから直接聞いたという。初演の舞台稽古にはベネットも訪れた。

ストーリー[編集]

N.Y.ブロードウェイ。幕が上がると、新作のためのオーディションの真っ最中。新進演出家ザックの元に集まった大勢のダンサーの中には、ザックの元恋人・キャシーの姿もあった。彼女はかつてスポットライトを浴びたこともあるもののハリウッドに進出して挫折、一からやり直すつもりで再びブロードウェイに戻ったのだった。

厳しいオーディションに合格したとしても手に入るのは「コーラス」、つまり無名の脇役。「君たちはスターを彩る額縁、誰も僕の目を惹いてはいけない」とザックに宣告され、それでもダンサーたちはたった8人の採用枠に残るために自分のすべてを賭ける。「君たち自身を知りたい」というザックの問いかけに、躊躇しながらも赤裸々に自分の人生について語り始める。

ミュージカルナンバー[編集]

  • I Hope I Get It
  • I Can Do That
  • At the Ballet
  • Sing!
  • Hello Twelve, Hello Thirteen, Hello Love (Montage)
  • Nothing
  • The Music and the Mirror
  • Dance: Ten; Looks: Three
  • One
  • What I Did for Love (愛した日々に悔いはない)
  • One (Reprise)

逸話[編集]

  • 原題 "A Chorus Line" につく冠詞の 'A' は、新聞の劇場欄で先頭に記載されることを期待して付け加えられた。
  • 作者は、ウォーターゲート事件に対する反発からこのミュージカルを製作、汚れたヒーローではなく、正直なマイノリティ(脇役)を描いた。
  • ストーリーの途中、オーディションを受けるダンサーたちが語った告白の一部は、実話を元にして取り入れたものである。
  • 代表曲の「One」は、日本ではキリン一番搾り生ビールのCMなどで使用された。
  • 1980年代から1990年代にかけて、西武ライオンズの選手全員が観覧に来るのが名物だった。

パロディ[編集]

関連項目[編集]