ユービー・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
EubieBlake.jpg

ユービー・ブレイク(Eubie Blake)、本名ジェームズ・ヒューバート・ブレイク (James Hubert Blake,1887年2月7日[1] – 1983年2月12日)、アメリカ合衆国の作曲家・作詞家・ラグタイム/ジャズ/ポップスのピアニスト。

1921年、長年の相方ノーブル・シッスルと組み、ブロードウェイ・ミュージカル『シャッフル・アロング英語版』を書き、世界初の黒人によるミュージカル作品となった。

"Bandana Days", "Charleston Rag", "Love Will Find A Way", "en:Memories of You"、"en:I'm Just Wild About Harry"などがヒット。1978年開幕のミュージカル『ユービー!』は彼の作品をまとめたものである。

[編集]

初期[編集]

元奴隷John Sumner Blake (1838–1917)とEmily "Emma" Johnstone (1861–1927)の子供として1887年ボルチモアに生誕。8人兄弟だったが、兄弟姉妹はみな幼少期に死んだ。

1894年家族で引っ越し、ボルチモア港で港湾労働者として週に9ドルかせいだ。

音楽[編集]

"I'm Just Wild About Harry"の表紙。 ミュージカル『シャッフル・アロング英語版』より。シッスルとブレイク、1921。

4歳で音楽を始める。母と買い物に行ったときに楽器店に迷い込み、オルガンで遊んでいて母に見つかり 「何してんの、あんた!」 といわれ、ゴニョゴニョ言っていたら店の主人が現れ 「坊ちゃんは天才だ!こんな天からのさずかりもんをほったらかしておくのは犯罪だ」 といい、ブレイク家は75ドル(週に25セントの月賦で6年払い)でハーモニウムを購入した。

7歳、近所のメソジスト協会のオルガン奏者Margaret Marshallにレッスンを受ける。[2]

15歳、親に隠れてAggie Sheltonの売春宿でピアノを弾く。

1907年、20歳の時にボクシングの世界王者ジョー・ガンズ英語版は、自身の運営するGans' Goldfield Hotelのピアニストとして彼を雇用し、ブレイクのヒットのきっかけとなった。[3]

ブレイクによると、初めてメロディーを作ったのは"Charleston Rag"(1899)で12歳の時だった。出版は1915年。

1912年、後にキャッスル・ウォークというダンス形態を発明して一世を風靡することになるキャッスル夫妻のボードヴィルの伴奏バンドJames Reese Europe英語版's "Society Orchestra"で演奏。ラグタイムをやった。

1919年に戦争が終わるとノーブル・シッスルとデュオ"Dixie Duo"を結成。自分たちの曲を満載したレヴュー『シャッフル・アロング英語版』の初演を1921年に行い、ヒットした。"en:I'm Just Wild About Harry"や"Love Will Find a Way"などが含有曲。[4]

1923年、リー・ド・フォレストの開発したフォノフィルム(無声映画ではない音の入った映画)3つに出演。 映画Noble Sissle and Eubie Blakeからは"Affectionate Dan", 映画Sissle and Blake Sing Snappy Songsから"Sons of Old Black Joe"と"My Swanee Home", 映画Eubie Blake Plays His Fantasy on Swanee Riverから"Fantasy on Swanee River"がヒット。これらのフィルムは議会図書館に保存されている。

ブレイクはワーナーの短編映画en:Pie, Pie Blackbird (1932)にもシッスルや、ニコラス・ブラザース英語版ニナ・メエ・マッキニー英語版らと出演した。

私生活・後半生[編集]

1910年結婚。1895年ころの小学生時代の同級生に出会い、ニュージャージー州アトランティック・シティーに引っ越した。

ブルックリンのサイプレスヒル霊園英語版にあるブレイクの墓碑。(墓碑に刻まれた生年月日は間違っている)

1938年妻が結核で58歳で死去。「一人っきりになるのがどんなもんか、まったく知らなかったよ。アビスは結核だったから、時間の問題だった」とブレイクは発言。[2]

1945年再婚。相手はダンサーでビジネス・ウーマンで、1982年にブレイクが死ぬまでマネージャーを務めた。

1946年、キャリアが下降線をたどるとニューヨーク大学に入り、2年半で卒業。

1950年代にラグタイムがリバイバルするとラグタイム奏者・音楽史家・教育者として活躍した。20世紀フォックスレコード[要曖昧さ回避]とコロンビア・レコードと契約、世界中の有名大学で講演し、ジャズやラグのフェスティバルにゲストとして多数出演した。

ジョニー・カーソンのテレビ番組The Tonight Showによく出演した。レナード・バーンスタインなどの指揮者の番組にも出演した。

1981年に当時の大統領はロナルド・レーガンより大統領自由勲章を受勲。

1979年Gregory Hinesとテレビ番組『サタデー・ナイト・ライブ』に出演。

10歳から85年間タバコを吸っていたので、禁煙運動への反証としてブレイクを使った政治家(タバコ生産量の多い州選出)もいた。

[編集]

1983年にブルックリンで死去。誕生日会があった5日後だった。ブルックリンのCypress Hills Cemeteryに埋葬された。

こんなに長生きすると分ってたら、もっと自分に優しくしたのになあ

との言葉が残っている。 [5][6][7] [8] [9]

参考[編集]

Instrumental version of "I'm Just Wild About Harry" recorded 17 May 1922. Duration 3:54.

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。


参照[編集]

  1. ^ Hanley, Peter. James Hubert Blake's WWI Draft Registration Card and essay Retrieved 25 July 2013.
  2. ^ a b Koenig, Karl. “The Life of Eubie Blake”. The Maryland Historical Society. 2007年2月17日閲覧。
  3. ^ Curtis, Constance; Herndon, Cholie (1949年4月30日). “Know your Boroughs Orchestra Men Talk About Show Business”. The New York Amsterdam News: pp. 15 
  4. ^ Southern, Eileen. "Eubie Blake". in Kernfeld, Barry. ed. The New Grove Dictionary of Jazz, 2nd Edition, Vol. 1. London: MacMillan, 2002. p. 231.
  5. ^ Haberman, Clyde & Krebs, Albin (February 5, 1979). "Notes on People: Eubie Blake Is Almost Not at the Show on Time" The New York Times, p. C12. [1]
  6. ^ Gold, Bill (November 24, 1966). "The District Line......" The Washington Post, Times Herald p. G20. [2]
  7. ^ Hanley, Peter.. “Everybody’s just wild about Eubie”. Monrovia Sound Studio. http://www.doctorjazz.co.uk/portlater.html#eblake 2007年2月10日閲覧。 
  8. ^ Eubie Blake, 1883-1983 [biography]”. U.S. Library of Congress. 2007年6月29日閲覧。
  9. ^ Hanley, Peter. “Portraits from Jelly Roll’s later travels: April 1923–1941”. doctorjazz.co.uk. 2009年2月9日閲覧。

資料[編集]

  • Rose, Al (1979). Eubie Blake. New York: Schirmer Books. ISBN 0-02-872170-5. 
  • Salute to Eubie Blake; The Rag Times; May/June 1969
  • New York Times; December 27, 1982, Monday. "Eubie Blake Birthday Party. In honor of Eubie Blake's 100th birthday, St. Peter's Church, at Lexington Avenue and 54th Street, will hold a 24-hour celebration beginning at midnight February 6. The tribute to the composer will feature a host of musicians, vocalists and dancers, including Billy Taylor, Bobby Short, Dick Hyman, Honi Coles and the Copacetics, Bill Bolcom and Joan Morris, Max Morath, Marianne McPartland, Maurice Hines and Cab Calloway. Mr. Blake, born in Baltimore February 7, 1882, may attend."
  • New York Times; February 13, 1983, Sunday. "Five days after his 100th birthday was celebrated with gala performances of his music, Eubie Blake, the composer and pianist whose career covered a span from the ragtime era in the 19th century to the contemporary Broadway theater a year ago, died yesterday at his home in Brooklyn"
  • Waldo, Terry (2009). This is Ragtime. New York: Jazz at Lincoln Center Library Editions. ISBN 978-1-934793-01-5. 

外部リンク[編集]