ヴィクトル・ユーゴー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィクトル・ユーゴー
Victor Hugo
Bonnat Hugo001z.jpg
誕生 ヴィクトール=マリー・ユーゴー
Victor-Marie Hugo
1802年2月26日
フランスの旗 フランス共和国 ブザンソン
死没 1885年5月22日(満83歳没)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
職業 小説家
詩人
政治家
言語 フランス語
国籍 フランスの旗 フランス
文学活動 ロマン主義
代表作 レ・ミゼラブル』(1862年)
サイン Victor Hugo Signature.svg
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ヴィクトール=マリー・ユーゴー: Victor-Marie Hugo[1][2]1802年2月26日 - 1885年5月22日)はフランスロマン主義詩人小説家七月王政時代からフランス第二共和政時代政治家

1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

日本での「Hugo」の表記は、「ユーゴー」と「ユゴー」が併用されているが、ここでは「ユーゴー」を採用する。

生涯[編集]

概略[編集]

一言でまとめるならば、「波乱に富んだ人生」である。作家としては大成功をおさめ、彼の名前と作品は名声と感動とともに今日まで残っている。しかし、政治家としての彼は逆境の連続であり、さらに幼少の頃から家庭生活は不幸の連続であった。

出生から青年期まで[編集]

私生活[編集]

共和派ナポレオン軍の軍人ジョゼフ・レオポール・シジスベール・ユーゴー[3]とソフィー=フランソワーズ・トレビュシェ[4]の三男として、父の任地だったフランス東部のブザンソンで生まれた。ユゴー家はロレーヌの農民の出だが、父親はフランス革命以来の軍人。母親はナントの資産家の娘である[5]。本名はヴィクトル=マリー・ユーゴー[6]。アベル・ジョゼフ[7]とウジェーヌ[8]という2人の兄がいる。

生まれたときは小柄で、背丈が包丁ほどしかなく、ひ弱な赤ん坊だったといわれる。生後6週間目に一家はマルセイユへ転居した。以降、コルシカ島バスティアエルバ島ポルトフェッラーイオパリナポリマドリード、と主に母親らとともにヨーロッパのあちこちを転々とする。というのも、生粋のボナパルト主義の父ジョゼフ・レオポールと根っからの王党派の母ソフィーの間で政治思想の違いによる確執が生じ、それが夫婦の間に不和をもたらしていたのである。この確執はのちに『レ・ミゼラブル』の、マリユスの父ポンメルシー大佐とマリユスの祖父ジルノルマンの確執の原型となる。いずれにせよ、生まれたときの状態や長きにわたる父親不在の生活のおかげで、マザーコンプレックスが非常に強かった。

1812年、母と次兄ウジェーヌと一緒に再びパリに帰る(この時は長兄アベル・ジョゼフは父とともにナポレオンに仕えるためマドリードに残ったが、同年9月には母のもとに戻っている)。1814年、次兄ウジェーヌとともにサン・ジェルマン・デ・プレ教会[9]の近くの寄宿学校に入る。その間にナポレオンによる帝政が完全に終わりを告げ、父ジョゼフ・レオポールはスペイン貴族の地位を剥奪され、フランス軍の一大隊長に没落してしまう。彼は寄宿学校に4年とどまるものの、最後の2年はルイ・ル・グラン高等中学[10]にも通った。父親は彼を軍人にするつもりだったが、本人は詩作に夢中で[5]1816年7月10日には詩帳にこんな言葉を残している。

――シャトーブリアンになるのでなければ、何にもなりたくない。

17歳でアカデミー・フランセーズの詩のコンクールで一位を取り、自ら詩の雑誌も発行した[5]。母ソフィーはヴィクトルの才能を認め、文学での成功を期待していたが、幼馴染であり恋人であったアデール・フシェ[11]との結婚には猛反対していた。彼は18歳のときから始めた文通を翌年に再開する。しかし、その年(=1821年6月27日に母ソフィーが他界する。ユーゴー一家に二度と娘を逢わせないと誓っていたアデールの両親も、彼の情熱に折れてしまい、結婚を了承した。同年10月12日、アデールとサン・シュルピス教会[12]で結婚し、ル・シェルシュ・ミディ通り[13]に居を構えるに至る。1822年には、『オードと雑詠集』によって国王から年金をもらえることになり、ロマン派の旗手として目覚ましい活躍を始める[5]

1823年7月16日、長男レオポール[14]が誕生する。すべてが順風満帆に見えたが、同年10月9日にひ弱だったレオポールが亡くなってしまう。翌年の1824年8月28日に生まれた長女にはレオポルディーヌ[15]と命名する。

1825年4月29日、23歳という若さでレジオンドヌール勲章(シュヴァリエ、勲爵士)を受ける。同年5月29日にはランスで行われたシャルル10世聖別式にも参加した。こうして少しずつ名誉が与えられてゆく中で、少年時代は疎遠であった父ジョゼフ・レオポールとの仲も親密になっていった。愛する父のために、それまで疎んじてきたナポレオンを讃える詩を書いたところ、これをきっかけにナポレオンを次第に理解し、尊敬するようになる。さらに、聖別式でウィリアム・シェイクスピアのフランス語訳詩を耳にしたことで、シェイクスピアを尊敬するようになる。

1826年11月2日には次男シャルル[16]が生まれ、創作熱も加速していくが、1828年1月28日、パリで父ジョゼフ・レオポールが他界する。しかし、悲しみにくれる一方で朗報もあり、同年10月31日、父の才能を受け継いだ三男フランソワ=ヴィクトル[17]が誕生する。

1830年4月、ジャン・グジョン通り[18]へ転居する。そこで七月革命の混乱が押し寄せる。たとえルイ18世から年金を貰っていた身分であっても、七月革命に参加していたのは『エルナニ』でともに文学革命に参加した仲間であったため、己に危害が加えられる心配はなかった。

そんな混乱のなか、同年7月28日、次女アデール[19]が誕生する。

創作[編集]

1819年2月、トゥルーズのアカデミー・デ・ジュー・フロロー[20]のコンクールに詩が2編入賞する。5月には、詩1編がアカデミー賞[21]に輝く。12月には『コンセルヴァトゥール・リテレール』[22]誌を創刊、1821年3月まで月2回のペースで発行していた。1820年3月9日、『ベリー公爵の死についてのオード』でルイ18世から下賜金を受け、ビッグ・ジャルガルを『コンセルヴァトゥール・リテレール』誌に掲載する(1826年に刊行)。

1822年8月4日に出版した『オードと雑詠集』[23]が当時のフランス国王ルイ18世の目に留まり、国王から年1000フラン年金をもらえるようになる。この年金のおかげで、彼はアデールとの結婚を許可される。1823年2月8日に、17世紀末のデンマーク宮廷の陰謀をテーマにした純愛小説『ハン・ディスランド』[24]を匿名で発表し、新雑誌も創刊した。

1829年1月に『東方詩集』、2月7日に『死刑囚最後の日』を刊行する一方、コメディ・フランセーズ[25]で上演予定だった『マリオン・ドロルム』が8月13日に上演禁止令を受けてしまう(以降、彼の手がけた戯曲が上演中止に追い込まれるケースがたびたび起こる)。理由は、この作品に登場するルイ13世の境遇が悪すぎて、シャルル10世の非難を買ったからであった。

それから約2週間後の1829年8月29日から9月24日に『エルナニ』を執筆した。10月5日にコメディ・フランセーズ座で上演する運びとなった。古典派の常識を逸脱したこの戯曲はたちまち問題となり、『エルナニ』公演の初日、開幕前からロマン派と古典派のこぜりあいが始まり、幕が上がるとこぜりあいは一気に暴動に転じた。いわゆる『エルナニ合戦』である。これ以降、ユーゴーはロマン派と古典派の戦いに巻き込まれることとなる。しかし、この『エルナニ』はロマン派を世界文学の主流に据えるきっかけをつくり、公演は大成功を収める。

中年期[編集]

私生活[編集]

『エルナニ』で大成功をおさめ、ロマン派の詩人・作家として名声と富に恵まれたユーゴーは、1832年10月8日、ジョン・クージョン通りの家を引き払い、ロワイヤル広場(現在のヴォージュ広場)にある赤いレンガ造りの豪華な邸宅に引っ越す。この頃になると、妻アデールがサント・ブーヴと恋に落ちてしまい、彼は寂しさに胸を詰まらせていた。8月の終わりにはサント・ブーヴとの交際を絶った。翌年にはサント・ブーヴが彼の作品『たそがれの歌』を酷評したことで決裂が決定的となってしまう。

31歳になる直前のマルディグラ、つまり1833年2月19日の夜、彼は『リュクレス・ボルジャ』(ルクレツィア・ボルジア)に出演していた女優ジュリエット・ドルエ[26]愛人になる。この日付は『レ・ミゼラブル』の中で、マリユスとコゼットが結婚する日付でもある(『レ・ミゼラブル』ではマルディグラが2月16日だったとなっているが実際のマルディグラは2月19日)。別荘を行き来したり連れ立って旅行に出かけたりするなど、二人の仲は徐々に深くなってゆく。

執筆に情熱を燃やし、ジュリエットとの恋愛に溺れる一方で、私生活では悲しい出来事が続いていた。1836年2月18日12月29日にはアカデミー・フランセーズに2度も落選し、翌1837年3月5日には、妻アデールを愛したがために発狂してしまった次兄ウジェーヌが入院先のシャラントン精神病院[27]自殺してしまう。

同年7月3日にレジオンドヌール勲章(オフィシエ[28]、将校)を授与される。その間、戯曲や詩を創作しながら、ブルターニュベルギーシャンパーニュプロヴァンス、と各地を転々と旅する。

1837年、ルイ・フィリップの長男オルレアン公フェルディナン・フィリップの結婚式に呼ばれる。オルレアン公妃エレーヌが大のユーゴー・ファンであることがきっかけとなり、以後ルイ・フィリップ父子とも親交が深くなる。

もうすぐ38歳になる1840年1月、文芸家協会長となり、少しは光明が見えてきたかと思われた矢先、同年2月20日、アカデミー・フランセーズ3度目の落選となる。しかし、翌年1841年1月7日にようやくアカデミー・フランセーズの会員に当選する。彼は亡くなるまで、第10代座席次14番を受け持つことになる。

1843年2月15日、41歳の誕生日を間近に控えたユーゴーは、長女レオポルディーヌとシャルル・ヴァクリー[29]の結婚を見届ける。しかし同年9月4日、レオポルディーヌは夫とともにヴィルキエ[30]を渡るセーヌ川にて19歳の若さで溺死した。その頃、愛人ジュリエットと旅をしていた彼は、事故から5日後の9月9日に悲報を知り、9月12日にパリへ戻った。

レオポルディーヌの死はユーゴーの心に大きな穴を開けた。父に似て絶倫であった彼は、かねてよりアデールやジュリエット以外の複数の女性と恋愛関係にあったが、1845年7月5日、サン・ロック通りのアパルトマンで、画家のオーギュスト・ビヤール[31]の妻レオニー・ビヤール[32]と姦通している現場を警察に押さえられてしまう。彼は貴族院議員の不可侵権を利用して釈放されたが、レオニーは当時の法律によりサン・ビヤール監獄に収容された。このスキャンダルにより、彼は他の議員の絶好の攻撃の的となったが、彼を可愛がっていたルイ・フィリップはビヤールにヴェルサイユ宮殿の壁画を描く仕事を与え、ヴィクトルに有罪の判決が下らないよう説得した。結局、レオニーは修道院で数ヶ月の謹慎処分ののち、再び世間に出た。同年8月14日にビヤール夫妻の別居を認める判決が出たとき、彼はレオニーを経済的に支援しなければならなかった。以後、2人の恋愛関係は長く続くことになり、ジュリエットを苦しめることになる。

創作[編集]

公では喜ばしい出来事が続いていたユーゴーは、恋の情熱や死別の悲しみを詩に託している。ジュリエットとの交際が始まって1年が過ぎた1834年、彼女との恋をうたった『ロマン主義詩編の最高傑作』との評判名高い『オランピオの悲しみ』を生み出す。また、愛する長女レオポルディーヌが没してからちょうど1年後、長い間娘の喪に服した彼は、娘が逝った街ヴェルキエで傑作詩編『ヴェルキエにて』の第1篇を書き終える。

しかし、1843年から1852年までの約10年間、作品を1冊も出版していない。これにはレオポルディーヌの死はもちろん、戯曲『城主』の失敗とそれにともなうロマン派文学の凋落、議員活動の忙しさもあったと思われるが、もうひとつ大きな理由があった。それが、のちにフランス文学史上屈指の名作といわれるようになる『レ・ミゼラブル(邦題:あゝ無情)』(当時の題名は『レ・ミゼール』[33])の執筆である。執筆は1845年11月17日から始まった。この作品を書くきっかけになった大きな理由には諸説あって、当時新聞に載っていた小説が彼の心を強く惹きつけたとも、少年時代に見てしまったギロチンの光景が彼を人道主義者にし、この作品を書かせたとも言われている。

政治活動[編集]

1845年4月13日、オルレアン公爵夫人エレーヌの後ろ盾があったおかげで、ルイ・フィリップから子爵の位を授けられた。貴族になったことで政治活動にも身を置くようになった彼は、翌年の1846年3月19日の貴族院にてポーランドに関する政治演説を行う。

だが、1848年2月の二月革命で、ルイ・フィリップはイギリス亡命する。ユーゴーはあくまで、幼いパリ伯(オルレアン公フェルディナン・フィリップの遺児でルイ・フィリップの嫡孫)を即位させ、母エレーヌを摂政にすべきだと考えていたが、それを望まぬ者もいた。結局、フランスは第二共和政へ移行することとなる。ユーゴーは同年6月の立憲議会の補欠選挙に立候補して、保守派の支持を受けて当選した。政治家としてのユーゴーは1830年代より続けていた死刑廃止運動や、教育改革、社会福祉などを主張した。1848年には共和派となり、1848年12月10日の大統領選挙ではルイ・ナポレオンを支持し、強力な論陣を張って彼を支援した。しかしナポレオンは次第に独裁化し、連続再選禁止条項の改正を国民議会に提出するなどして、このころにはユーゴーはナポレオンの強力な反対者となっていた。ナポレオンは1851年12月2日にクーデターを起こして独裁体制を樹立し、反対派への弾圧を開始した。ユーゴーも弾圧対象となり、12月11日ベルギーへと亡命を余儀なくされる[34]。以後19年に及ぶ亡命生活の始まりであった。

亡命期[編集]

ベルギーの首都ブリュッセルに落ち着いたユーゴーは、さっそくナポレオンへの批判を開始した。1852年8月にはブリュッセルでナポレオン3世を弾劾した「小ナポレオン」を出版した。これは1843年の戯曲『城主』の失敗以来10年ぶりの新作であり、以降ユーゴーは再び精力的に執筆を再開する。「小ナポレオン」は熱狂を引き起こしたが、フランスからベルギーへの圧力を恐れたユーゴーは出版の前日に英仏海峡に浮かぶイギリスチャネル諸島ジャージー島へと移住し[35]1855年までここに住むこととなった。ここでは1853年に、やはりナポレオン弾劾の書である「懲罰詩集」を発表している。1855年には隣の島であるガーンジー島に移住し、1870年にフランスに帰還するまでの間15年間ここで過ごした。ガーンジー在住中には、1856年に「静観詩集」、1859年には「諸世紀の伝説」の第1部、そして1862年には中断していた『レ・ミゼラブル』が完成してベルギーより出版され、大反響を巻き起こした。

最短の手紙

『レ・ミゼラブル』が出版された直後、海外旅行に出かけたユーゴーはその売れ行きが心配で、出版社に一文字「?」と書いただけの手紙を送ると、その後出版社から「!」とだけ書かれた返信が届いた。「上々の売れ行きです!」というわけである。事実数日で完売・売切れの状態であったという。これが世界でもっとも短い手紙となっている。

帰国[編集]

1870年に勃発した普仏戦争はフランスの大敗北に終わり、セダンの戦いプロイセン王国の捕虜となったナポレオン3世は失脚した。これによってユーゴーは帰国を決意し、19年ぶりに祖国の土を踏むこととなった。フランスでは英雄として迎えられ、その後も1877年には「諸世紀の伝説」の第2部を発表するなど活発な活動を続けた[36]。なお、日本の自由党総理・板垣退助が、1882年から1883年にかけてのフランス、イギリス・オランダ視察の際,ヴィクトル・ユーゴー、クレマンソーらと交流したとする記録がある[37]

1885年5月22日パリにて死去。享年83。文豪としてパンテオンへと埋葬された。

作品の一覧[編集]

1853年
1883年
ソビエト連邦の切手
(1952年)

主要な作品は小説や、膨大な詩である。

邦題 原題
1822年 オードと雑詠集フランス語版英語版 Odes et Poésies Diverses
1823年 アイスランドのハン Han d'Islande
1824年 オード集 Nouvelles Odes
1826年 ビュグ・ジャルガル Bug-Jargal
1826年 オードとバラッドフランス語版英語版 Odes et Ballades
1827年 クロムウェルフランス語版英語版 Cromwell
1829年 東方詩集フランス語版英語版 Les Orientales
1829年 死刑囚最後の日 Le Dernier jour d'un condamné
1830年 エルナニフランス語版英語版 Hernani[38]
1831年 ノートルダム・ド・パリ Notre-Dame de Paris
1831年 マリヨン・ドロルム Marion Delorme
1831年 秋の木の葉 Les Feuilles d'automne
1832年 王は愉しむフランス語版英語版 Le Roi s'amuse[39]
1833年 ルクレツィア・ボルジア Lucrèce Borgia
1833年 マリー・チュードル Marie Tudor
1834年 ミラボー研究 Étude sur Mirabeau
1834年 文学哲学論集 Littérature et philosophie mêlées
1834年 クロード・クー Claude Gueux
1835年 アンジェロ Angelo
1835年 薄明の歌 Les Chants du crépuscule
1837年 内心の声 Les Voix intérieures
1838年 リュイ・ブラース Ruy Blas
1840年 光と影 Les Rayons et les ombres
1842年 ライン河 Le Rhin
1843年 城主 Les Burgraves
1852年 小ナポレオン Napoléon le Petit
1853年 懲罰詩集 Les Châtiments
1855年 Lettres à Louis Bonaparte
1856年 静観詩集 Les Contemplations[40]
1859年 諸世紀の伝説 La Légende des siècles
1862年 レ・ミゼラブル[41] Les Misérables
1864年 ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare
1865年 街と森の歌 Les Chansons des rues et des bois
1866年 海の労働者 Les Travailleurs de la Mer
1867年 パリ Paris : Préface de Paris Guide
1869年 笑う男 L'Homme qui rit
1872年 恐るべき年 L'Année terrible
1874年 九十三年 Quatrevingt-Treize
1874年 我が息子たち Mes Fils
1875年 言行録:亡命以前 Actes et paroles - Avant l'exil
1875年 言行録:亡命中 Actes et paroles - Pendant l'exil
1876年 言行録:亡命以後 Actes et paroles - Depuis l'exil
1877年 諸世紀の伝説 第2巻 La Légende des Siècles 2e série
1877年 よいお祖父さんぶり L'Art d'être grand-père
1877年 ある犯罪の物語 第1部フランス語版英語版 Histoire d'un crime - 1re partie
1878年 ある犯罪の物語 第2部フランス語版英語版 Histoire d'un crime - 2e partie
1878年 法王 Le Pape
1880年 既成宗教と真の宗教 Religions et religion
1880年 ろば L'Âne
1881年 精気の四風 Les Quatres vents de l'esprit
1882年 トルケマダ Torquemada
1883年 諸世紀伝記詩集 第3巻 La Légende des siècles - Tome III
1883年 イギリス海峡の群島 L'Archipel de la Manche
死後に出版された作品
邦題 原題
1886年 自由劇 Théâtre en liberté
1886年 サタンの終わり La fin de Satan
1887年 見聞録 第1集 Choses vues - 1re série
1888年 竪琴の音をつくして 第1集 Toute la lyre
1890年 アルプスとピレネー Alpes et Pyrénées
1891年 Dieu
1892年 フランスとベルギー France et Belgique
1893年 竪琴の音をつくして 第2集 Toute la lyre - nouvelle série
1896年 書簡集 第1巻 Correspondances - Tome I
1898年 書簡集 第2巻 Correspondances - Tome II
1898年 不幸な年月 Les années funestes
1900年 見聞録 第2集 Choses vues - 2e série
1901年 わが生活の追伸 Post-scriptum de ma vie
1902年 最後の詩の束 Dernière Gerbe
1934年 Mille francs de récompense
1942年 詩集・大洋 Océan
1942年 雑記・小石の山 Tas de pierres
1951年 Pierres

主な日本語訳書[編集]

  • 『ヴィクトル・ユーゴー文学館』全10巻 潮出版社、2001年 作品選集
  1. ヴィクトル・ユゴー詩集 稲垣直樹・辻昶ほか訳
  2. レ・ミゼラブル1 辻昶
  3. レ・ミゼラブル2 
  4. レ・ミゼラブル3
  5. ノートルダム・ド・パリ 辻昶・松下和則
  6. 九十三年 辻昶訳、新版.「潮文学ライブラリー」上下巻、2005年 
  7. アイスランドのハン ビュグ=ジャルガル、小潟昭夫・野内良三ほか訳
  8. 海に働く人々・小ナポレオン 金柿宏典ほか訳
  9. 死刑囚最後の日・見聞録・言行録 稲垣直樹・小潟昭夫訳
  10. クロムウェル・序文 エルナニ 西節夫・杉山正樹訳  
  • 稲垣直樹訳 『エルナニ』 岩波文庫、2009年
  • 稲垣直樹編訳 『私の見聞録 歴史の証言として』 潮出版社、1991年
  • 榊原晃三訳 『ライン河幻想紀行』 岩波文庫、1985年
  • 豊島与志雄訳 『死刑囚最後の日』 岩波文庫
  • レ・ミゼラブル』 豊島与志雄訳、岩波文庫全4巻、※他の訳本はリンク先参照。

脚注[編集]

  1. ^ 発音例1
  2. ^ 発音例2
  3. ^ : Joseph Le'opold Sigisbert Hugo
  4. ^ : Sophie-Franc,oise Tre'buchet
  5. ^ a b c d 『九十三年』榊原晃三訳 グーテンベルク21
  6. ^ : Victor-Marie Hugo
  7. ^ : Abel Joseph、(1798年11月15日 - 1855年
  8. ^ : Euge`ne1800年9月16日 - 1837年3月5日
  9. ^ : Eglise St Germain des Pres
  10. ^ : Lycee Louis le Grand
  11. ^ : Ade`le Foucher
  12. ^ : Eglise St Sulpice
  13. ^ : Rue de Cherche-Midi
  14. ^ : Le'opold}
  15. ^ : Le'opoldine
  16. ^ : Charles
  17. ^ : Franc,ois--Victor
  18. ^ : rue Jean Goujon
  19. ^ : Ade`le
  20. ^ : Acade'mie des Jeux floraux
  21. ^ : Acade'mie Franc,ais
  22. ^ : le Conservateur litte'raire
  23. ^ : Odes et Poe'sies Diverses
  24. ^ : Han d'Islande
  25. ^ : Come'die-Franc,aise
  26. ^ : Juliette Drouet
  27. ^ : Asile de Charenton
  28. ^ : Officier
  29. ^ : Charles Vacquerie
  30. ^ : Villequier
  31. ^ : Auguste Biard
  32. ^ : Le'onie Biard
  33. ^ : Les Mise'res
  34. ^ 「私の見聞録」p150 ヴィクトル・ユーゴー 稲垣直樹編訳 潮出版社 1991年6月25日発行
  35. ^ 「私の見聞録」p160 ヴィクトル・ユゴー 稲垣直樹編訳 潮出版社 1991年6月25日発行
  36. ^ 「フランス文学史」p190 田村毅・塩川徹也編 東京大学出版会 1995年11月15日初版
  37. ^ 板垣退助 監修『自由党史(中)』遠山茂樹、佐藤誠朗 校訂、岩波書店(岩波文庫)1992年、306頁
  38. ^ ヴェルディのオペラ「エルナーニ」原作
  39. ^ ヴェルディのオペラ「リゴレット」原作
  40. ^ 『ヴェルキエにて』(A` Villequier)収録
  41. ^ 邦題:『あゝ無情(ああ無情)』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前任:
ネポミュセーヌ・ルメルシエ
アカデミー・フランセーズ
席次14

第10代:1841年 - 1885年
後任:
シャルル・ルコント・ド・リール