屋根の上のバイオリン弾き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

屋根の上のバイオリン弾き』(やねのうえのバイオリンひき、英語原題:Fiddler on the Roof)は1964年アメリカミュージカルショーレム・アレイヘムの短篇『牛乳屋テヴィエ英語版』を原作としている。テヴィエ(Tevye)とその家族をはじめとして、帝政ロシア領となったシュテットルに暮らすユダヤ教徒の生活を描いたものである。この作品には19世紀末のシュテットルの様子が良く描かれているという。アイザック・スターンが奏でるヴァイオリンの音も美しい。

オリジナル ブロードウェイ プロダクション[編集]

1964年9月22日ニューヨークインペリアルシアターにて初演。1972年7月2日まで7年9ヵ月、3242回のロングラン公演となった。

あらすじ[編集]

テヴィエはウクライナ地方の小さな村『アナテフカ』(Anatevka)で牛乳屋を営むユダヤ人一家である。亭主関白を気取ってはいるがその実、妻には頭が上がらない。5人の娘に囲まれ、ユダヤ教戒律を厳格に守ってつましくも幸せな毎日を送っていた。

テヴィエは娘たちの幸せを願いそれぞれに裕福な結婚相手を見つけようと骨を折っている。ある日、長女のツァイテルにテヴィエと険悪な肉屋のラザールとの結婚話が舞い込むが、彼女にはすでに仕立屋のモーテルという恋人がいたのだった(仕立屋は7人で一人前ということわざがあり、男性として頼りないイメージがある)。テヴィエは猛反対するが、二人は紆余曲折を経て結婚する。また、次女ホーデルは革命を夢見る学生闘士パーチックと恋仲になり、逮捕されたパーチックを追ってシベリアへ発ち、さらに三女は、ロシア青年とロシア正教会で結婚して駆け落ちしてしまう。

劇中で次第にエスカレートしていく『ポグロム』と呼ばれるユダヤ人排斥は、終盤で村全体の追放に至り、テヴィエたちは着の身着のまま住み慣れた村から追放されるまでになる。

原作ではイスラエルの地へ帰還するが、ミュージカルではニューヨークに向かうところで話が終わる。

『屋根の上のバイオリン弾き』という題名は、昔ローマ皇帝ネロによるユダヤ人の大虐殺[1]があった時、逃げまどう群衆の中で、ひとり屋根の上でバイオリンを弾く男がいたという故事を描いたシャガール[2]の絵にヒントを得たもの。ユダヤ人の不屈の魂の象徴。[3]

登場人物[編集]

テヴィエ
アナテフカの村で牛乳屋を営む7人家族の父親。ユダヤのしきたりを重んじて生活している中で。変わりゆくしきたりに戸惑いながらも適応してゆく。
ゴールデ
テヴィエの妻。気性のはっきりしたタイプだが、5人の娘を育て上げる肝っ玉母さん。
ツァイテル
テヴィエの長女。ラザールに好かれているが、モーテルと恋仲である。
ホーデル
テヴィエの次女。教養のあるラビの息子に片思いしていたが、パーチックにしだいを思いを寄せていく。
チャバ
テヴィエの三女。本の虫で好奇心旺盛。
モーテル
アナテフカの仕立て屋。ツァイテルの幼馴染みで恋仲だが、気が弱く臆病であった。
パーチック
アナテフカに流れてきた学生。しきたりや聖書の教えなどの教えに疑問を持ち革命をおこすべきだと唱える。ホーデルと後に恋仲になる。
ラザール・ウォルフ
アナテフカの肉屋。数年前に妻を亡くしてやもめ暮らし。テヴィエとは険悪だったが、ツァイテルに思いを寄せる。
イェンテ
アナテフカの仲人の老婆。
ラビ
アナテフカで最も尊敬されているラビ(司祭)。高齢。
ナフム
アナテフカの乞食
巡査部長
アナテフカの村全体を警備する。ユダヤ人でなくロシア人だがテヴィエとは幼馴染みで仲がいい。

映画化[編集]

1971年ノーマン・ジュイソン監督、ジョン・ウィリアムズ編曲、トポル主演で映画化された。アカデミー賞で3部門を受賞。詳細は『屋根の上のバイオリン弾き (映画)』を参照。

時代的背景[編集]

1924年、アメリカには移民法が成立するなどし、移民の流入が阻まれた。そのために、ニューヨークにおけるユダヤ教徒の表現活動は、次第に東欧出身の1世から2世へと重心を移すようになっていったといわれる。そして、2世以降の若者は、ショレム・アレイヘムなどを東欧のイディッシュ語で楽しむ能力も余裕も失っていった。

1960年代に「屋根の上のバイオリン弾き」がブロードウェイ・ミュージカルとして大成功をおさめたのは、英語しか理解しない世代の台頭と、それらの世代の父・祖父の世代の世界へのノスタルジックな回帰、という時代風潮があったといわれる。

ユダヤ系移民に限らず、1世と2世などの「世代間の断絶」がアメリカの家庭にとって極めて切実な問題となっていた時代に、この作品はユダヤ系アメリカ人にとどまらず、一般に好評を博した。

舞台上演(日本版)[編集]

日本では1967年9月6日、東京・帝国劇場にて初演。テヴィエ役は1986年まで900回にわたり森繁久彌がつとめた。その後、テヴィエ役は上條恒彦西田敏行市村正親に移り、2013年に日生劇場での上演が予定されている。

森繁版(1967 - 1986年)[編集]

西田版(1994 - 2001年)[編集]

市村版(2004 - 現在)[編集]

ディスコグラフィー[編集]

劇中歌としては「サンライズ・サンセット」などが知られている。

関連文献[編集]

参照[編集]

  1. ^ ローマ大火の原因をキリスト教徒として迫害を行なった。ヘンリク・シェンキェヴィチの小説『クォ・ヴァディス』でも描かれた。
  2. ^ シャガールも東欧系ユダヤ人である
  3. ^ ヤマハ音楽株式会社 公式サイト内 『おんがく日めくり』 (日本語)
  4. ^ 2013年公演にて、植本潤がアキレス腱断裂により休演したため、3月12日より代わりを務めた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]