ショーレム・アレイヘム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Sholom Aleichem listens.jpg

ショーレム・アレイヘムイディッシュ語: שלום־עליכם‎、英語: Sholem Aleichemヘブライ語: שלום עליכם‎、1859年3月2日ユリウス暦2月18日) - 1916年5月13日)は、ウクライナ出身のイディッシュ劇作家小説家ジャーナリスト。小説家というよりは劇作家と呼ぶほうが良いとも言われる。

名前[編集]

本名はソロモン・ラビノヴィッツ(Solomon(Shlomoh) Ya'aqobh Rabinowitz, Šolem Jakov Rabonovič)。ショレム・アレイヘムショラム・アレイヘムショーロム・アレイヘムとも。「ショレム・アレイヘム」とはイディッシュ語では「あなたに平和を」というほどの日常的挨拶詩篇など参照。 アラビア語「アッサラーム・アライクム」に相当するが、使われる場面はやや異なる。ショーロム・アレイヘムなどの発音もある。

生涯[編集]

キエフ近郊ペレヤースラウ生まれ。少年時代から執筆活動を行い、オデッサキエフ等でジャーナリスト生活に入った。

1889年、キエフで雑誌『ユダヤ民衆文庫』(Folksbibliotek)を創設。これは、自らの伝統の豊かさに源を求めるが、また周辺の文化と歩調を合わせる文学を提唱することによって、輝きを失ったイディッシュ語文学の再興を試みたものである。

はじめコンパクトな短編で読者の心を捉え、次第に連作形式の小説から長編小説へと手を伸ばした。連作の短編としては『牛乳屋テヴィエ英語版』(『屋根の上のバイオリン弾き』の項を参照)、長編では『ステンペーニュ英語版』、『嵐の中で』、遺作『Mottel the Cantor's Son英語版』など。

1905年アメリカに渡り、1906年のアメリカ滞在時にマーク・トゥエインと会う。マーク・トゥエインは、ショーレム・アレイヘムに「私がアメリカのショーレム・アレイヘムです」と自己紹介したという。

のち一時ヨーロッパに戻り、イタリアに住んだが、1914年第一次世界大戦の勃発で再びニューヨークへ移住した(ニューヨークで逝去)。

郷土のシュテットルユダヤ教徒の生活を描いたユーモラスな作品が多いといわれ、イディッシュ語の口語性をみごとに活かしきっている。「ユダヤ教徒の純情」さを描いて同志愛の必要性を促したともいわれる。

イディッシュ文学の大衆化[編集]

19世紀前半には、ロシア帝国内においてもハスカラーの影響を受けてイディッシュ語の近代化を目指す作家が現れたが、彼らにとってイディッシュ文学は「民衆啓蒙」の手段に過ぎなかったといわれる。「西洋近代文学に追いつけ、追い越せ」の気負いに満ちていたが、「民衆への啓蒙」という姿勢に縛られがちで、頭でっかちなものになりがちだったといわれる。

19世紀後半になると、近代イディッシュ文学の揺籃期(『イディッシュ・ルネッサンス英語版』)が訪れた。ショーレム・アレイヘム、メンデレ・モイヘル・スフォリムイツホク・ペレツの三人は、イディッシュ文学の第一世代・師といわれ、イディッシュ文学史の黄金時代に位置するともいわれる。彼は「饒舌な口語体」を用い、「イディッシュ文学の大衆化」に道を開いたといわれる。演劇自体はあまり多作ではないが、物語や小説は多くのイディッシュ演劇の俳優、作家、プロデューサーにとって着想の源となり、舞台に生かされる。

作品と文献案内[編集]

  • "der oytser"『宝』, 1908年(演劇)
  • "Stampenyu", 1913年
  • "Jewish children", 1920年
  • "dos groyse gevins"『大儲け』, 1925年(演劇)
  • "The old country", 1946年
  • "Tevye’s daughters", 1948年
  • "Tevye der milkhiger", 1894年 『牛乳屋テヴィエ』(屋根の上のバイオリン弾きの原作)

参考資料[編集]

  • My Father, Sholom Aleichem, by Marie Waife-Goldberg
  • Liptzin, Sol, A History of Yiddish Literature, Jonathan David Publishers, Middle Village, NY, 1972, ISBN 0-8246-0124-6. 66 et. seq.

外部リンク[編集]