イディッシュ文化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランドの最大領域

イディッシュ文化yidishkeyt)とは、ドイツ以外のドイツ語圏の方言であるイディッシュ語を母語とする人をはじめとする、アシュケナージユダヤ人文化文学音楽演劇などを含む。現在、イディッシュ文化の中心はアメリカ合衆国イスラエル南アフリカなどに移っている。

西方ユダヤ人・同化ユダヤ人・改宗者を含むウィーン学派ブダペスト学派プラハカフェ文化、ウィーン文化、世紀末文化青年ウィーンJung Wien)などはもはや東欧系ユダヤ人ユダヤ系東欧人)のイディッシュ文化とは言えないが、地域的・時代的に重なり、相互影響が全く無かったわけではないと考えられる。拡大するとアシュケナジムの文化すべてを紹介することになりかねないので、本項ではイディッシュ語による「ユダヤ性」を持った文化を中心に述べる。

英語版の「List of Austrian Jews」なども参照。西欧・東欧社会におけるユダヤ人の貢献・所産は「ユダヤ人」「アシュケナージ」も参照。

イディッシュ(語)文学[編集]

カテゴリー:Jiddische LiteraturYiddishYiddish literature Yiddish writersJewish film and theatre も参照

年代と地誌に見るイディッシュ文学年譜

T - 戦前の粛清
K - 戦後の粛清


伝説・民話[編集]

ドイツ語作家
ドイツ文学 | ドイツ語文学 も参照

ブコヴィナガリチアポーランド[編集]

チェコ[編集]

オーストリア[編集]

ウィーンのドイツ語文学[編集]

青年ウィーン[編集]

ドイツの西方イディッシュ語文学[編集]

ロシア語作家[編集]

ロシア文学も参照

ヘブライ語作家[編集]

ヘブライ語文学cat | イスラエル文学cat | Category:Israeli writers | Category:Modern Hebrew writers | List of Hebrew language authors | List of Hebrew language poets | en:List of Hebrew language playwrights 参照

外部リンク[編集]

演劇・映画[編集]

上述のイディッシュ文学と連動していると考えられる。

Category:Jewish film and theatreも参照 (ただ、ウリエル・アコスタなどセファルディム系演劇も含んでいる)

「ユダヤ劇場」あるいは「イディッシュ劇場」のある(あった)都市
西方イディッシュ語劇場の中には、キリスト教徒もいた

ヴィルナ
ウッチ
ワルシャワ
クラクフ
レンベルク
ヤシ
ブクレシュティ : 国立ユダヤ劇場 State Jewish Theater
ブカレスト・イディッシュ・スタジオ劇場 Bucharest Yiddish Studio Theater
ブダペシュト1889年ブダペスト演芸協会(ブダペスター)設立)
ウィーン1908年が最初~1938年
バーデン(現在も運営)
テルアビブ - ヘブライ語劇団ハビマーハビマ劇団) Habima Theater もある
ニューヨーク
ヒーブルー・アクターズ・ユニオン Hebrew Actors' Union

俳優・作家[編集]

映画、俳優

主な作品[編集]

各地の民俗音楽の一員として[編集]

下の外部リンクはムジカーシュによるマラムレシュおよびトランシルバニアユダヤ音楽の復刻版CDである。音楽にはハンガリー的・ルーマニア的要素がふんだんに取り込まれている。ユダヤ人はこうして地元の文化を積極的に活用し、同化・共存していたのである。

このように、モルダヴィア民謡や時にチャーンゴーの旋律とも共通点のあるような旋律が、ハシッドの踊りに用いられた。

クレズマー[編集]

  • ブガリャスカ Bu(l)garească / Bulgarisch (ルーマニア以東に見られる踊り)
  • イディッシュ民衆音楽;
    • 我がシュテットル・ベルツ Belts, mayn shtetele Belts (サースレーゲンの踊り Szászrégeni tánc)
ロシア人のオルシャネツキー Olshanetsky 作詞、ハンガリー人のヤコプス Jacobs 作曲
Löw Pollack 作詞 & Jack Yellen 作曲
参考;イディッシュ語の歌

シオニズムの歌とイスラエル音楽[編集]

イスラエルの国歌・ハーティクワーはベッサラビアとガリチア出身の二人が作詞作曲に関わり、モルダビア民謡の旋律が基礎に用いられたという。このようなポトカルパチアカルパチアの北)の風土の中からシオニズムの賛歌も生まれていったと見ることもできる。

関連項目[編集]


宗教・哲学・思想[編集]

政治・体制[編集]

例えばウィーンにも、もともと東方ユダヤ人の家系の者が多い。ビルンバウム、ブーバー、ヘルツル、ノルダウなどである。

美術・建築[編集]

主な研究者、研究機関[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • "Kabbalah : An Introduction and Illumination for the World Today"〈Ponce, Charles〉
    カバラー―今日の世界のための序説と解明』(創樹社 / ISBN 4794305745

外部リンク[編集]