ステラ・アドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ステラ・アドラー(1941年)

ステラ・アドラーStella Adler1901年2月10日 - 1992年12月21日)は、アメリカの女優。数十年の間、アメリカで最も重要な演技指導者と考えられていた。

アドラーはユダヤ系ドイツ人ユダヤ系)移民のアメリカ人の俳優一家の一員として、母サラ・アドラーと父ジェイコブ・P・アドラーの子として、ニューヨークに生まれた。兄にジェイ・アドラー、弟にルーサー・アドラー、半兄にチャールズ・アドラーがいる。彼女はスタニスラフスキーに演技法を指導された唯一のアメリカ人だった。 彼女はグループ・シアターen:Group Theatre)の重要なメンバーだったが、スタニスラフスキー・システムの指導法を巡るリー・ストラスバーグと意見の相違は、グループ・シアター解散の一因になった。

アドラーとストラスバーグとの根本的な違いは、俳優の感情の引き出し方にあった。 ストラスバーグは常に、「感情の記憶」、すなわち五感を使って俳優個人の過去の記憶を引き出す方法の、強力な提唱者であった。 一方アドラーは、俳優が文章から学び、想像した状況を信じることが出来れば、脚本にある感情が自然に表面化すると考えた。

1926年から1952年にかけて、アドラーは定期的にブロードウェイの舞台に立った。映画の出演は、『影なき男の影』などの3本と少ない。

彼女は三度結婚した。 最初の夫は、彼女のただ一人の子供、エレンの父ホーレス・エリアシェフ。二人目の夫はグループ・シアターの設立者の一人で、舞台演出家・批評家のハロルド・クラーマン。三人目の夫は1973年に亡くなった、小説家・物理学者のミッチャル・A・ウィルソンだった。

1992年、ロサンゼルスにいた彼女は心不全で亡くなった。91才だった。遺体はニューヨーク州グレンデールの、マウント・カーメル・セメタリーに埋葬された。

アドラーの設立した「Stella Adler Studio of Acting」は、今でもニューヨークとロサンゼルスで運営されている。俳優の想像力を根底とする彼女の演技法は、亡くなるまでスタジオの名誉会長を務めたマーロン・ブランドのほかにも、ロバート・デニーロマーティン・シーンロイ・シャイダーヴィンセント・ドノフリオマーク・ラファロベニチオ・デル・トロなどが学んだ。

外部リンク[編集]