イツィク・マンゲル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イツィク・マンゲルItzik Manger, 1901年5月30日 チェルノヴィッツ - 1969年2月21日 イスラエルゲデラ)はブコヴィナ出身のポーランドイディッシュ語作家。

ポーランドで生活するのが主だったが、ナチスが台頭して以後は諸国を流浪した。

作品[編集]

  • 『屋根の上の星』(1929年) - 純朴で民謡的な素材を、高度な技法で歌った処女詩集
  • トーラーの歌』(1935年) - 苦難の境遇にあっても、人生の美と喜びを見出すユダヤ教徒を、聖書の人物に仮託して表現した抒情詩
  • エデンの園の本』(1939年) - 天使が人間に生まれ変わって、エデンの園での冒険を物語る、という空想小説