シュテファン・ツヴァイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シュテファン・ツヴァイク
Stefan Zweig
Stefan Zweig2.png
誕生 1881年11月28日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svgオーストリア=ハンガリー帝国ウィーン
死没 1942年2月22日(満60歳没)
ブラジルの旗 ブラジルペトロポリス
職業 小説家評論家
国籍 オーストリアの旗 オーストリア
ジャンル 歴史小説、評伝
文学活動 青年ウィーン英語版de
代表作 『マリー・アントワネット』(1933年)
『メアリー・スチュアート』(1935年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

シュテファン・ツヴァイク(ツワイク[1]: Stefan Zweig, [tsvaɪk], 発音例, 1881年11月28日 ウィーン - 1942年2月22日 ブラジルペトロポリス)はオーストリアユダヤ作家評論家であり、1930年代から40年代にかけて大変高名であった。ただし、その死後は当時ほど読まれなくなっている。

ツヴァイクは長編小説と短編、多数の伝記文学を著した。歴史小説の評価が高く、『マリー・アントワネット』や『メアリー・スチュアート』が有名である。英国で対独感情の悪化している一時期には、その小説が「"Stephen Branch"(ツヴァイクの本名の英訳)」という仮名で刊行された事もある。

生涯[編集]

ツヴァイクは、ウィーンできわめて富裕なユダヤ系織物工場主であるモーリッツ・ツヴァイクと、妻(イタリア人の銀行家の一族出身)のイダとの間に生まれた。ウィーン大学で哲学と文学史を学び、1904年に博士論文「イッポリート・テーヌの哲学」で哲学博士号を取得した(この博士号は1941年、ナチス支配下のオーストリアで「人種的理由から」剥奪され、2003年4月になって回復された)。

ツヴァイクは世紀末ウィーンの優れた文化的環境のもとで、ギムナジウム時代から文学、芸術に親しんでいた。ホーフマンスタールの流れを汲む新ロマン主義(派)風の叙情詩人として出発する。詩集『銀の弦[2]』で文壇にデビュー。当時の前衛運動である青年ウィーン英語版運動に関与した。

第一次世界大戦開戦当初は愛国心に動かされ、オーストリアの戦時文書課で軍務につくも、ガリツィアの戦禍に触れたこと、ロマン・ロランとの交際などから次第に戦争への疑問を深める。反戦劇『エレミヤ[3]』の初演を機に中立国であったスイスチューリッヒに渡る。その後『ウィーン新自由新聞』[4]の特派員として記事を送ることを条件にスイスに留まり、ロマン・ロランらともに反戦平和と戦後の和解に向けた活動に従事する。

第一次大戦後はオーストリアに戻り、1919年から1934年までザルツブルクに滞在する。ザルツブルクでの住居はカプチーナベルクのパッシンガー城であった。1920年にフリデリケ・フォン・ヴィンターニッツ[5]と結婚する。以降広く知識人と交わり始め、ヨーロッパの精神的独立のために尽力した。この期間には多くの代表作が書かれ、中でも1927年の『人類の星の時間ドイツ語版英語版』はドイツ語圏では、彼の代表作とされている。1928年にはソヴィエト連邦を旅行して、マクシム・ゴーリキーと交際する。1930年にはアメリカに旅行し、亡命中のアルベルト・アインシュタインに面会して 『精神による治療』[6]を献呈する。1933年ヒトラーのドイツ帝国首相就任の前後からオーストリアでも反ユダヤ主義的雰囲気が強まり、1934年に武器所有の疑いでザルツブルクの自宅が捜索を受けたことを機に、ユダヤ人で平和主義者だったツヴァイクはイギリスへ亡命する。

ツヴァイクはその後、英国(バースとロンドン)に滞在し、1940年に米国へ移った。1941年にはブラジルへ移住。1942年2月22日、ヨーロッパとその文化の未来に絶望して、ブラジルのペトロポリスで、1939年に再婚した二番目の妻であるロッテ[7]とともに、バルビツール製剤の過量摂取によって自殺した。死の一週間前には、旧日本軍によるシンガポール陥落の報に接し(シンガポールの戦い)、同時期にリオデジャネイロカーニバルを見ており、自分達のいる所とヨーロッパとアジアで行なわれている現実のギャップに耐え切れず、ますます悲観したようである。

遺著となった『昨日の世界』は、自身の回想録で、著者が失われたものと考えたヨーロッパ文明への賛歌でもあり、今日でも20世紀の証言としても読まれている。

作曲家のリヒャルト・シュトラウスが、ナチ政権下で自身の作品歌劇『無口な女[8]』における、台本作家としてのツヴァイクの名前のクレジットを守るために戦ったことは良く知られている。このため、アドルフ・ヒトラーは予定されていたこの歌劇の初演への出席を取りやめ、結局この歌劇は、3回の公演後に上演禁止とされた。

2009年3月になってツヴァイクの死に一つの説が出てきた。それはアメリカ海軍が新型駆逐艦にシュテファン・ツヴァイクの名前を付けようとして、その事を知ったツヴァイクがますます絶望したという説である。その抗議の手紙(手紙の主は、ツヴァイクと親交があった作家トーマス・マンであったと思われる)により、アメリカ海軍作戦部長アーネスト・キングは、新型駆逐艦にツヴァイクの名前を付ける事に取りやめを命令したという。

主要作品[編集]

  • 1901年 銀の弦 Silberne Saiten(詩集)
  • 1907年 テルジテス Tersites(戯曲)
  • 1917年 エレミヤ Jeremias(戯曲)
  • 1920年 三人の巨匠 Drei Meister(評伝)
  • 1922年 アモク Amok(短編集)
  • 1925年 感情の混乱 Verwirrung der Gefuehle(短編集)
  • 1925年 デーモンとの闘争 Der Kampf mit dem Daemon(評伝)
  • 1927年 人類の星の時間ドイツ語版英語版 Sternstunden der Menschheit(歴史的短編集:全5作)
    • 1943年 人類の星の時間 Sternstunden der Menschheit(歴史的短編集:全12作、上記を増補) 
    • 別社の抄訳版、「歴史の決定的瞬間」(白水社、復刊1997年)がある。
  • 1929年 ジョゼフ・フーシェ Joseph Fouché(評伝)
  • 1931年 三人の自伝作家 Drei Dichter ihres Lebens(評論)
  • 1933年 マリー・アントワネット英語版 Marie Antoinette(評伝)
    • みすず書房の他、岩波、河出、角川の各文庫・上下巻で刊行。
社会現象となった池田理代子の『ベルサイユのばら』は、本作を叩き台に描かれた。
ルイ16世暗君説と、マリー・アントワネットのイメージはこの作品より派生した[要出典]
  • 1934年 エラスムスの勝利と悲劇 Triumph und Tragik des Erasmus von Rotterdam(評伝)
  • 1935年 メアリー・スチュアート Maria Stuart(評伝)
  • 1936年 権力とたたかう良心 Castellio gegen Calvin. Ein Gewissen gegen den Gewalt
(評伝:ジャン・カルヴァンの宗教独裁に反対したセバスチャン・カステリョを扱う)。
  • 1939年 心の焦燥 Ungeduld des Herzens(小説)
  • 1942年 昨日の世界 Die Welt von gestern(回想)
  • 1942年 チェスの話 Schachnovelle(中編)
  • 没後に、バルザック Honore de Balzac(評伝、未完の大作: 早川書房、初版1959年)

主な日本語訳[編集]

  • ツヴァイク全集』 (全21巻、みすず書房、新版1979-81年)
新装版に、「伝記文学コレクション」全6巻や「人類の星の時間」、「昨日の世界」上下がある。
  • 『未来の国ブラジル』 河出書房新社 1993年
  • 『バルザック』 水野亮訳、早川書房 新版1980年
  • 『ツヴァイク短篇小説集』 平原社 2001年
  • 『変身の魅惑』 朝日新聞出版 1986年
  • 『フロイトの夢の解釈』 郁文堂 1976年

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 岩波書店や河出書房は著者名を「ツワイク」と表記している
  2. ^ Silberne Saiten, 1901)
  3. ^ Jeremias
  4. ^ Neue Freie Presse
  5. ^ Friderike von Winternitz
  6. ^ Heilung durch den Geist
  7. ^ Charlotte Altmann
  8. ^ Die schweigsame Frau

参考文献[編集]

  • 『ツヴァイク日記 1912~1940』 クヌート・ベック編
    • 藤原和夫訳、東洋出版、2012年

伝記[編集]

  • 河原忠彦 『シュテファン・ツヴァイク ヨーロッパ統一幻想を生きた伝記作家』 中公新書、1998年
  • 藤原和夫 『追想のツヴァイク 灼熱と遍歴〈青春編〉』 東洋出版、2008年

その他[編集]