佐藤康彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

佐藤康彦(さとう やすひこ、1933年- )は、ドイツ文学者、京都大学名誉教授。  仙台市生まれ。東京大学文学部独文科卒業。ウィーン大学留学。岩手大学助教授、京大教養部教授、総合人間学部教授。1997年定年退官、名誉教授。近代オーストリア文学、東欧ユダヤ系ドイツ語文学専攻。

著書[編集]

  • イスラエル×ウクライナ紀行 東欧ユダヤ人の跡をたずねて 彩流社 1997.2

翻訳[編集]

  • ヴァルター・ベンヤミン著作集 7 文学の危機 高木久雄共訳 晶文社 1969
  • ヴァルター・ベンヤミン著作集 4 ドイツ・ロマン主義 大峯顕、高木久雄共訳 晶文社 1970
  • カール・クラウス著作集 6 第三のワルプルギスの夜 武田昌一,高木久雄共訳 法政大学出版局 1976.12
  • ヴァルター・ベンヤミン著作集 3 言語と社会 久野収共編 晶文社 1981.12
  • シュティフター作品集 第4巻 昔日のウィーンより 高木久雄、田口義弘ほか共訳 松籟社 1984.11
  • ユダヤ人国家 ユダヤ人問題の現代的解決の試み テオドール・ヘルツル 法政大学出版局 1991.5 (叢書・ウニベルシタス
  • ヨーゼフ・ロート小説集 1-4 平田達治共訳 鳥影社 1993-99

参考[編集]

  • 著書の紹介文