イスラエル文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

現代イスラエル文学は、東欧の知識人たちを祖とし、ヘブライ語によるユダヤ人の文学を中核とはするが、他民族・多言語による作品も含められる。また、ヘブライ語による文学(ヘブライ文学)には、イスラエルに住まない者の作品も多い。

東欧からの移民ロシア文学ポーランド文学ドイツ文学ハンガリー文学イディッシュ文学者を中核とし、多くの関連があるが、彼らの多くは母語をヘブライ語に切り替え、荒地や砂漠で灼熱・貧困・疫病・暴動と戦い、失敗・挫折を繰り返しながら、人工言語としての現代ヘブライ語を学び育て、作品を残した。またヨーロッパ文学翻訳ヨーロッパの言語からの翻訳も行われ、今も続いている。

建国前のパレスチナと、イスラエルの作家・著作家の一覧; ★=文献案内あり







関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ミルトスのイスラエル文学散歩