エフライム・キション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エフライム・キション
אפרים קישון
Ephraim Kishon 2001 Dortmund.jpg
2001年
誕生 1924年8月23日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国ブダペシュト
死没 2005年1月29日(満80歳没)
スイスの旗 スイス・アッペンツェル
職業 作家
国籍 イスラエルの旗 イスラエル
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

エフライム・キションאפרים קישון, Ephraim Kishon, 1924年8月23日 ブダペシュト - 2005年1月29日)はハンガリー出身のイスラエルの作家。ハンガリー語ヘブライ語で執筆する。風刺作家として日本では知られているが、劇や映画も手がけている。

元の名前はホッフマン・フェレンツ (Hoffmann Ferenc)。彫刻と絵画を勉強し、劇作家やユーモア溢れるエッセイを執筆していた。1945年に姓を地名姓のキシュホント Kishont に変更するも、1949年にイスラエルへ移民した際、移民官にキションと誤記されたため、これが正式の苗字となる。

移民後にヘブライ語の勉強を始め、2年後には簡単なヘブライ語で書かれた日報紙、オメル Omerに風刺的なコラムを執筆するほどに語学が上達している。1952年以後は新聞「マアリブ Ma'ariv」に「ハド・ガドヤ Chad Gadya」というコラムの執筆を始める。政治や社会風刺を中心としていたが、時には純粋なユーモアに満ちた回もあり、イスラエルで最も有名な連載の1つとなった。

独創的な発想で巧みに言葉を操り、個性的なキャラクターを登場させたキションの劇は、演劇界からも高く評価されている。Ha-Ketubbah(英題:The Marriage Contract、婚約)は、長編の劇でありながら、イスラエルで最も長い期間演じられている。Sallah ShabbatiBlaumilch Canalという2つの映像作品の製作を手がけ、イスラエル国内だけでなく世界中で評価されている。

1人目の妻、エヴァ・クラマー(Eva Klamer)と離婚し、1959年にサラ・リポヴィッツ(Sara née Lipovitz)と再婚している。40年を越える結婚生活の後、2002年にサラが死去したが、翌2003年にリサ・ヴィタセク(Lisa Witasek)と結婚している。3人の子供がいる。1957年に長男ラファエル(Raphael)、1964年に次男アミール(Amir)、そして1968年に長女レナナ(Renana)が誕生している。

著作[編集]

  • 『ウフフ ワッハッハ! Mr.キションのユーモアの本』(エフライム=キション/〔著〕 原ゆう/訳 片岡文広/絵、講談社、1988年6月)
  • 『ウィーン肩書き狂奏曲』(E.キション/〔著〕 原ゆう/訳、角川書店、1985年8月)
  • 『うなるベートーヴェン』(E.キション/〔著〕 原ゆう/訳、角川書店、1985年7月)
  • 『ショート・ジョークじゃものたりない』(E.キション/〔著〕 原ゆう/訳、角川書店、1985年5月)
  • 『キションのベスト・ジョーク』(E.キション/著 石原佐知子/訳編、実業之日本社、1980年4月)
  • 『キションのストーリー・ジョーク集』1~3(角川書店(角川文庫))