カナダ文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カナダ文学(英語: Canadian literature)とは、カナダで執筆、出版されている文学である。

歴史[編集]

カナダの文学の誕生は他の英語圏と比べて遅く、19世紀になって本格的に始まった。トーマス・チャンドラー・ハリバートンがThe Clickmaker; or the Saying and Doings of Sam Slick of Slickvilleを1837年に発表し、アイルランド出身の女性詩人イザベラ・ヴァレンシー・クルフォードも同時期に作品を作った。アーチボルド・ランプマンはAmong the Milletを1888年に、Lyrics of Earthを1896年に発表、スザンナ・ムーディはRoughing it in the Bush; or Life in Canadaを1852年に、Life in the Clearing versusu the Bushをその翌年に発表した。

20世紀になると、L・M・モンゴメリが『赤毛のアン』シリーズを発表し始め、現在でも代表的カナダ文学として認識されている。フランス語圏の作家としては、ガブリエル・ロワや短編作家 Nicolas Dicknerハイチ出身の Marie-Célie AgnantJean-Paul Desbiensらが居る。

侍女の物語』で有名なマーガレット・アトウッドヤン・マーテルといったブッカー賞受賞作家や、ジェフ・ライマンロバート・J・ソウヤーといったSF作家も活躍している。

日系カナダ人文学として、テリー・ワタダロイ・ミキジョイ・コガワケリィ・サカモトらが居る。シマザキ・アキはフランス語で執筆している。

SF作家のウィリアム・ギブスンアメリカ合衆国出身だが、徴兵を拒否しカナダに移住したため、「カナダの作家」として扱われることがある。