アブラハム・レベンゾン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アブラハム・ドブ・レベンゾンアヴロム・ドイヴ・ベル・レベンソン) (Abraham Dov(-Bär) Lebensohn, Авром-Дойв-Бер Лебенсон, 1794年 ヴィリニュス - 1878年11月19日 同地)はリトアニアヘブライ語詩人アダム・ハ=コーヘン Adam haKohenアダム・レベンゾン Адам Лебензонミハリシュケル А.Д.Михалишкер の名でも知られる。 ミカ・レベンゾンの父。

ロシアにおけるハスカラー時代の代表者。

1856年、「言語の女王であるヘブライ語」に捧げた最初の詩集『聖なる言語による詩』を発表する。

思想的にはモーゼス・メンデルスゾーンを深く信奉した。

の中心テーマは「理想現実葛藤」で、同時代のヘブライ文学に与えた影響も大きかった。

主な作品[編集]

「夕べに捧げる歌」
など