ウィーン学団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウィーン学団(ウィーンがくだん、Wiener Kreis; Vienna Circle)とは、ウィーン大学の哲学教授モーリッツ・シュリックを中心とする科学者哲学者のグループである。論理実証主義を標榜した。

ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの『論理哲学論考』やマッハ科学哲学から影響を受けて、数学者のハンス・ハーン、科学哲学者のシュリックを中心とした研究サークルが形成された。1929年に組織を整えてウィーン学団を名乗り、活動を広げていった。ルドルフ・カルナップオットー・ノイラートと共に、学団の方針を示した「科学的世界像」を発表した。ウィトゲンシュタインはウィーン学団の一部のメンバーと交流はあったが、この学団と完全に見解を同じくしていたわけではなかったので、学団の活動に参加することはなかった。カール・メンガーハーバート・ファイグルヴィクトル・クラフトなどが学団のメンバーである。

クルト・ゲーデルはハンス・ハーンの元で学んでおり、ウィーン学団の影響下で思想を形成した。カール・ポパーもハンス・ハーンの元で学び、ウィーン学団のメンバーとも交流はあったが、批判的な立場であった。

1933年、ハーンが病死、1936年、ドイツ人であったが、「有意味な命題とは検証可能な命題である」とする「意味の検証理論」の提唱など、その活動が「ユダヤ的」とみなされたシュリックが、元教え子の国粋主義者ヨハン・ネルベック Johann Nelböck (のちにナチス党へ入党)に、ウィーン大学で講義に向かう途中に射殺された。ナチスの弾圧から逃れるために、残された参加者の多くはアメリカに亡命し、学団自体は立ち消えになったが、その考えが米英に広まることになった。

参考文献[編集]

  • 新田義弘ほか編 『科学論』第10巻、岩波書店〈岩波講座現代思想〉、1994年ISBN 978-4000105408

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この「ウィーン学団」は、哲学に関連した書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正して下さる協力者を求めていますPortal:哲学)。