カール・メンガー (数学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・メンガー: Karl Menger1902年1月13日 - 1985年10月5日)は、オーストリアおよびアメリカ合衆国数学者

経歴[編集]

ウィーン生まれ。父親は、著名な経済学者カール・メンガーである。アメリカ合衆国イリノイ州ハイランドパークで死去。

主に代数学、曲線と次元の理論、幾何学を研究した。さらに、ゲーム理論社会科学にも貢献している。ハンス・ハーンに学び、1924年にウィーン大学から博士号を取得。ライツェン・エヒベルトゥス・ヤン・ブラウワーに招かれ、アムステルダム大学で教壇に立つ。1925年、ウィーンに戻り、1928年に教授職を得る。1937年から1946年までノートルダム大学の教授を務める。1946年から1971年まで、シカゴイリノイ工科大学の教授を務めた。また、一時期デューク大学でも教壇に立った。

業績[編集]

最も有名な業績はシェルピンスキーのカーペットを3次元化したメンガーのスポンジである(誤って、シェルピンスキーのスポンジと呼ばれることもある)。これは、カントール集合とも関連している。

「メンガーのスポンジ」のコンピュータグラフィックス

アーサー・ケイリーと共に、距離幾何学法の基礎を築いたとされる。特に直接測定できる物理量で(距離の比率として)角度と曲率の概念の定義を定式化した。それらの定義で使われている特有の数式をケイリー=メンガー行列式と呼ぶ。

また、メンガーの定理にも名を残している。

1920年代に社会科学と哲学を中心として活動したウィーン学団でも活発な動きを見せた。そのころメンガーは、経済学効用理論を応用して、サンクトペテルブルクのパラドックスの重要な結果を証明した。その後、オスカー・モルゲンシュテルンと共にゲーム理論についても業績を残した。

参考文献[編集]

  • Crilly, Tony, 2005, "Paul Urysohn and Karl Menger: papers on dimension theory" in Grattan-Guiness, I., ed., Landmark Writings in Western Mathematics. Elsevier: 844-55.

外部リンク[編集]