カール・クラウス (作家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カール・クラウスの生家に飾られている銘板

カール・クラウスKarl Kraus, 1874年4月28日 ボヘミア・ギッチン Gitschinチェコイチーン Jičín) - 1936年6月12日)はオーストリア作家ジャーナリスト。モラヴィア出身のユダヤ人。ウィーン世紀末文化の代表者。

1899年、闘争的な評論雑誌Die Fackel (火(「炬火」とも))」を創刊、編集を行う。同誌は1912年以降はクラウスの個人誌となり、彼が亡くなる1936年まで中断を挟みつつも刊行が続けられた。権力や社会、文化に対する辛辣な批判と笑いによって、当時のウィーンに大きなインパクトを与えたとされる。

風刺的な時代批判を含む詩・随筆などは、厭世観を示すともいわれる。1922年刊行の戯曲『人類最後の日々』は第一次大戦をドキュメンタリー風に再現したもので、現代政治劇の先駆的作品の一つとなった。

主な作品[編集]

邦訳の文献案内[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]