水夏希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
みず なつき
水 夏希
本名 増田 千佳(ますだ ちか)
生年月日 1972年8月16日(42歳)
出生地 日本の旗 日本千葉県千葉市
国籍 日本
身長 169cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台ミュージカル
活動期間 1993年 -
活動内容 1993年宝塚歌劇団入団
1994年月組に配属
1998年花組に異動
2000年宙組に異動
2004年:宝塚90周年の一環として雪組・花組に特別出演する
2005年:雪組に異動
2006年:雪組トップスター就任
2007年AQUA5を結成
2010年:宝塚歌劇団を退団、芸能活動を開始。
主な作品
宝塚歌劇
エリザベート』(2007年)
『ソロモンの指輪/マリポーサの花』(2008年)
カラマーゾフの兄弟』(2008年)
備考
宝塚歌劇団卒業生

水 夏希(みず なつき、1972年8月16日 - )は、元宝塚歌劇団雪組トップスター。

千葉県千葉市出身、千葉市立登戸小学校[1]千葉大学教育学部附属中学校[1]千葉県立千葉女子高等学校卒。

血液型A型、公称身長169cm。愛称は「ミズ」「ちか」「ナツキ」。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 姉と双子の妹がいる[2]
  • 初めての宝塚観劇は、ミュージカル部に所属していた高校時代の「戦争と平和」。その後、『ベルサイユのばら』を観て、宝塚受験を決断。高校2年時より、バレエを始めた。
  • 入団3年目で『ME AND MY GIRL』で新人公演の主役(本役:天海祐希)に大抜擢される。思いがけない抜擢で慌てるも、その後は「覚悟」「後悔はしたくない」「諦めない」の3つのキーワードを大切に、常に初めてのことにチャレンジし走り続けてきた、とエッセイで語っている。

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

月組時代[編集]

  • 1995年6月、東京宝塚劇場公演『ハードボイルドエッグ』新人公演:サイモンの影(本役:成瀬こうき)/『EXOTICA!』
  • 1995年8月、『ME AND MY GIRL』新人公演:ウィリアム・スナイブスン(ビル)1部 [注 1](本役:天海祐希*新人公演初主演
  • 1995年10月、バウホール・東京特別公演『ある日どこかで』ジャック
  • 1996年1月、バウホール・東京特別公演『訪問者』ビクトル
  • 1996年3月、『CAN-CAN』新人公演:アリスティード・フォレスティエ(本役:久世星佳)/『マンハッタン不夜城 -王様の休日-』 *新人公演主演
  • 1996年9月、『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』ヴォルペ、新人公演:ルイ12世(本役:姿月あさと)/『プレスティージュ』
  • 1996年12月、『バロンの末裔』新人公演:ウィリアム(本役:姿月あさと)/『グランド・ベル・フォリー』
  • 1997年2月、バウホール・東京特別公演『Non-STOP! -午前0時に幕は開く-』ローリー
  • 1997年6月、『EL・DORADO』ロメロ、新人公演:ワルパ(本役:姿月あさと)
  • 1997年9月、全国ツアー公演『チェーザレ・ボルジア -野望の軌跡-』ホフレ/ラミレス/『プレスティージュ』

花組時代[編集]

  • 1997年12月、『ザッツ・レビュー』弥太、新人公演:大河原亮(本役:愛華みれ
  • 1998年2月、中日劇場公演『ザッツ・レビュー』弥太
  • 1998年5月、『SPEAKEASY -風の街の純情な悪党たち-』エドウィン、新人公演:ジョナサン・ピーチャム(本役:愛華みれ)/『スナイパー -恋の狙撃者-』
  • 1998年7月、『MIKI in BUDOKAN』
  • 1998年10月、バウホール公演『Endless Love -永遠の愛-』チャールズ
  • 1999年1月、『夜明けの序曲』ジョージ、新人公演:川上音二郎(本役:愛華みれ) *新人公演主演
  • 1999年6月、バウホール公演『ロミオとジュリエット 99』ロミオ *バウホール公演初主演
  • 1999年8月、『タンゴ・アルゼンチーノ』オットー、新人公演:フリオ・デスノイエル(本役:愛華みれ)/『ザ・レビュー 99』 *新人公演主演
  • 2000年2月、中日劇場公演『タンゴ・アルゼンチーノ』マイク/『ザ・レビューⅣ』
  • 2000年4月、『源氏物語 あさきゆめみし』明石の上[注 2]/『ザ・ビューティーズ!』(宝塚のみ)
  • 2000年6月、ベルリン公演『宝塚 雪・月・花』/『サンライズ・タカラヅカ』

宙組時代[編集]

  • 2000年8月、『望郷は海を越えて』アレクセイ・オルローフ伯爵/『ミレニアム・チャレンジャー!』
  • 2001年2月、中日劇場公演『望郷は海を越えて』アレクセイ・オルローフ伯爵/『ミレニアム・チャレンジャー!』
  • 2001年4月、『ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-」オスカル/アンドレ(役替わり)[注 3]
  • 2001年9月、バウホール・東京特別公演『フィガロ!』フィガロ/アントーニオ(2役) *バウホール公演主演
  • 2001年11月、『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』ジョー・ガーナー/『ダンシング・スピリット!』
  • 2001年4月、全国ツアー公演『カステル・ミラージュ -消えない蜃気楼-』ジョー・ガーナー/『ダンシング・スピリット!』
  • 2002年7月、『鳳凰伝 -カラフとトゥランドット-』バラク/『ザ・ショー・ストッパー』
  • 2002年12月、ドラマシティ・東京特別公演『聖なる夜の奇蹟 -いつか出会う君に-』エドワルド
  • 2003年2月、『傭兵ピエール -ジャンヌ・ダルクの恋人-』ロベール/『満天星夜總会』
  • 2003年8月、バウホール・東京特別公演『里見八犬伝』犬江親兵衛 *バウホール公演主演
  • 2003年10月、『白昼の稲妻』ランブルース[注 4]/『テンプテーション! -誘惑-』
  • 2004年1月、中日劇場公演『Romance de Paris』ムジャヒド/『レ・コラージュ -音のアラベスク-』(雪組公演へ特別出演)
  • 2004年4月、『スサノオ -創国の魁-』アオセトナ/『タカラヅカ・グローリー!』(雪組公演へ特別出演)
  • 2004年8月、『La Esperanza -いつか叶う-』ベニート/『TAKARAZUKA舞夢!』(花組公演への特別出演)
  • 2005年1月、『ホテル ステラマリス』アレン・ゲンドール/『レビュー伝説』

雪組時代[編集]

  • 2005年6月、『霧のミラノ』ジャンバティスタ/『ワンダーランド』
  • 2005年11月、全国ツアー公演『銀の狼』レイ/『ワンダーランド』
  • 2006年1月、『ベルサイユのばら -フェルゼンとマリーアントワネット編-』オスカル(星組への特別出演)
  • 2006年2月、『ベルサイユのばら -オスカル編-』アンドレ/アラン(役替わり)
  • 2006年7月、全国ツアー公演『ベルサイユのばら -オスカル編-』オスカル
  • 2006年9月、『堕天使の涙』ジャン=ポール・ドレ/『タランテラ!』

雪組トップ時代[編集]

  • 2007年2月、中日劇場公演『星影の人沖田総司/『Joyful!!II』
  • 2007年5月、『エリザベート -愛と死の輪舞-』トート
  • 2007年9月、全国ツアー公演『星影の人』沖田総司/『Joyful!!II』
  • 2008年1月、『君を愛してる-Je t' aime-』ジョルジュ・ドシャレット/『ミロワール』
  • 2008年5月、全国ツアー公演『外伝ベルサイユのばら -ジェローデル編-』ジェローデル/『ミロワール』
  • 2008年8月、『ソロモンの指輪』/『マリポーサの花』ネロ
  • 2008年12月、ドラマシティ・東京特別公演『カラマーゾフの兄弟』ドミートリー・カラマーゾフ
  • 2009年3月、『風の錦絵』/『ZORRO 仮面のメサイア』ドン・ディエゴ(ゾロ)
  • 2009年7月、『ロシアン・ブルー -魔女への鉄槌-』アルバート・ウィスラー/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2009年11月、全国ツアー公演『情熱のバルセロナ』フランシスコ・ラフォーレ侯爵/『RIO DE BRAVO!!』
  • 2010年2月、『ソルフェリーノの夜明けアンリー・デュナン/『Carnevale 睡夢』
  • 2010年6月、『ロジェ』ロジェ/『ロック・オン!』(退団公演)

新人公演主演[編集]

(計4回)

バウホール公演主演[編集]

ディナーショー[編集]

  • 2002年 ディナーショー『SOUL~煽動する魂~』

全国ツアー公演主演[編集]

  • 2006年『ベルサイユのばら-オスカル編-』
  • 2007年『星影の人-沖田総司・まぼろしの青春-』『Joyful!!II』
  • 2008年『外伝 ベルサイユのばら―ジェローデル編―』『ミロワール』
  • 2009年『情熱のバルセロナ』『RIO DE BRAVO!!』

宝塚歌劇団時代のテレビ出演[編集]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

DVDドラマ[編集]

  • スミレ刑事の花咲く事件簿 episode 1 - 4 (2011年5月27日発売)- 伊原スミレ役 *主演

舞台[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 第1部のみ主役。第2部の主役は成瀬こうき
  2. ^ 2000年5月9日以降は、ベルリン公演出演のため休演。代役は彩吹真央が務めた。
  3. ^ 彩輝直と交代で役替わりを務めた。
  4. ^ 東京宝塚劇場公演は、2004年1月13日まで出演し、1月14日から千秋楽までは安蘭けいが星組から特別出演した。

出典[編集]

  1. ^ a b 元宝塚トップスター:水夏希さんの表敬訪問(千葉市市長・熊谷俊人のBlog、2011年3月9日)
  2. ^ 2009年4月発売、白羽ゆりスペシャルブックより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]