沖田総司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
沖田 総司
時代 江戸時代末期
生誕 天保15年(1844年)?
死没 慶応4年5月30日1868年7月19日
戒名 賢光院仁誉明道居士
墓所 専称寺東京都港区
父母 父:沖田勝次郎、母:ミキ
兄弟 ミツ(長姉)、キン(次姉)

沖田 総司(おきた そうじ、天保15年(1844年)? - 慶応4年5月30日1868年7月19日)は、幕末武士新撰組一番隊組長及び撃剣師範本姓藤原を称した。は春政、後に房良幼名宗次郎。新撰組隊士の中でも最強の呼び声が高い。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

陸奥国白河藩藩士・沖田勝次郎とミキ(日野宿四谷宮原家の娘)の長男として、江戸白河藩屋敷(現・東京都港区西麻布)で生まれる。生年については天保13年(1842年)または15年(1844年)の2つの説があり未確定で、生誕時の月日に関しては特定できる史料が一切出ておらず、夏であったということしか分かっていない。2人の姉がおり、沖田家は姉のみつ婿林太郎を迎えて相続させる。父の勝次郎は弘化2年(1845年)に死去し[1]、母のミキとも死別したとされる。

9歳頃、江戸市谷にあった天然理心流道場試衛館近藤周助)の内弟子となり[2]、のちに新選組結成の中核となる近藤勇土方歳三とは同門にあたる。若くして試衛館塾頭を務め、安政3年(1856年)には近藤とともに調布の下仙川村に出稽古に出かけている記録が見られる[3][4]

新選組活動[編集]

文久3年(1863年)の浪士組結成に参加して上洛する。分裂後は近藤らに従い残留し、新選組を結成。沖田は一番隊組長となる[5]。一番隊は剣豪ひしめく新選組の中で常に重要な任務をこなしたといわれる。沖田が人を斬ったことを記す初めての記録は文久3年(1863年3月24日の夜で、清河八郎の呼びかけに集まった浪士組の一番隊に在籍していた殿内義雄だった[6]。この時期では同年9月芹沢鴨暗殺[7]元治元年5月20日大坂西町奉行所与力内山彦次郎暗殺[8]など手がけたという。

元治元年(1864年6月5日池田屋事件においても近藤らと共に最初に池田屋に踏み込んだ[9]。この奮戦の最中、喀血により戦線離脱したといわれている(これには諸説あり、詳細は後述の発病時期を参照)。

慶応元年(1865年2月、総長の山南敬助が脱走した事件では、追っ手として差し向けられ近江草津で捕らえる。山南は沖田の介錯切腹した[10]。沖田は山南を兄のように慕っていたとされるが、故郷への手紙では山南の死に関して軽く触れるに留められている。

病死[編集]

体調の悪化により、第一線で活躍することがなくなるのは慶応3年(1867年)以降である。慶応3年12月18日、沖田が療養のため滞在していた近藤の宅を、元御陵衛士阿部十郎佐原太郎内海次郎の3人が襲撃した。前月に彼らの指導的立場であった伊東甲子太郎を殺害した新選組への報復として狙われたものだが、沖田は伏見奉行所へと出立した後で難を逃れた。同日夕刻、阿部らは二条城から戻る途中の近藤勇を狙撃し、負傷させている。

鳥羽・伏見の戦いには参加できず、大坂に後送される(鳥羽・伏見の戦いに向かう間に負傷し、大阪に後送される船中において肺結核を発症したとも)。鳥羽・伏見での敗戦後、隊士と共に海路江戸へ戻り、甲陽鎮撫隊に参加する(諸説あり)も、中途での落伍を余儀なくされる。

以後は幕府の医師松本良順により千駄ヶ谷の植木屋に匿われ、近藤勇斬首から2ヶ月後の慶応4年(1868年)に死去。近藤の死を知らないまま亡くなったともいわれる。辞世の句は「動かねば 闇にへだつや 花と水」[要出典]

生年が明確で無いため、享年については諸説あり、没時年齢については沖田家累代墓碑の24歳、沖田家文書の25歳、『両雄士伝』(小島鹿之助)における上洛時の年齢(22歳)から計算した27歳の3説が存在する。墓所は東京都港区専称寺にある。戒名は「賢光院仁誉明道居士」。

人物[編集]

剣術[編集]

9歳の頃、天然理心流道場試衛館に入門。若くして才能を見せ、塾頭を務めた。15歳のとき日野の八坂神社に奉納された天然理心流の額には、4代目を継ぐことが決まっていた近藤勇より前に沖田の名前が記載されている[11]。沖田家累代墓碑には天然理心流の他、北辰一刀流免許皆伝を得ていた旨も記されている。

永倉新八は後年、「土方歳三井上源三郎藤堂平助山南敬助などが竹刀を持っては子供扱いされた。恐らく本気で立ち合ったら師匠の近藤もやられるだろうと皆が言っていた」と語り[12]、弟子に「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」とも語ったといわれる。実際、竹刀をとっては近藤の一段も二段も上を行ったという。沖田の指導を受けた者によれば、「荒っぽくて、すぐ怒る」といい、稽古は相当に厳しかったらしく、師範の近藤より恐れられていた。「刀で斬るな!体で斬れ!」と教えていたという言い伝えもある。

沖田の剣技で有名なのが「三段突き」であるが、史実であるかは不明。平正眼(天然理心流では「平晴眼」と書く)の構えから踏み込みの足音が一度しか鳴らないのに、その間に3発の突きを繰り出した(即ち目にも止まらぬ速さで、相手は一突きもらったと思った瞬間、既に三度突かれていた)という伝説である。

佐藤彦五郎の長男・佐藤俊宣の談話によれば、沖田の剣術の形は師匠の近藤そっくりで、掛け声までがよく似た細い甲高い声であったという[13]。ただ、太刀先がやや下がり気味で前のめりで、腹を少し突き出し気味の平正眼をとる近藤とはやや異なる構えを取る癖があったとされる。

新選組以外からの声もある。小島鹿之助は新選組結成前の文久2年(1862年7月に、「この人剣術は、晩年必ず名人に至るべき人なり」と述べており[14]、新選組に批判的だった西村兼文も、「近藤秘蔵の部下にして、局中第一等の剣客なり」、「天才的剣法者」と言い[15]、さらに新選組と敵対していた阿部十郎は、「沖田総司、是がマァ、近藤の一弟子でなかなか能くつかいました」、「沖田総司、大石鍬次郎という若者は、ただ腕が利くだけで、剣術などはよくつかいました」、「大石鍬次郎、沖田総司、井上、是らは無闇に人を斬殺致しますので」と語るなど[16]、外部からもその腕前が高く評価されていたことが窺える。

否定的見解は、千葉弥一郎(新徴組隊士で、総司の義兄・沖田林太郎の同僚)の言葉に、「われわれからみたらやっと目録(低い段位)くらいの腕前」とある。

死の際には、植木屋の庭に現れる黒猫を斬ろうとして幾度となく失敗し、己の衰えを痛感した沖田は付添いの老婆に「ああ、斬れない。婆さん、俺は斬れないよ」と嘆いたといわれるが、この話は子母沢寛による創作であるといわれる。ただし、江戸時代には、黒猫を飼えば労咳(結核)が治るとの迷信があり、病身の沖田の周囲に黒猫がいた可能性は否定しきれない。

愛刀[編集]

沖田の所有したとして、よく「菊一文字則宗」の名が挙げられ、これは子母澤寛などの伝記により「沖田の刀は“菊一文字細身のつくり”」とされていたことから広まったものであるが、則宗作の刀は、刀が常用されていた当時でさえ非常に貴重な古刀であり、大名ですら入手困難な国宝級の代物であったため、経済的にも実戦で使用する必要性からも沖田が所有した可能性はほとんど無いと推察される。あるいは、則宗以外にも幾つか存在した「“菊に一”の紋を打った細身の刀」の1つを使用していたのではないかとする説もある。

現在では沖田が所有した実際の刀で確認されているのは「加州清光」「大和守安定」とされている。

性格[編集]

凄腕の一番隊組長としての顔とは裏腹に、当の本人はいつも冗談を言っては笑っていた陽気な人物であったようである。屯所界隈の子供達ともよく遊んであげていたようで、作家の司馬遼太郎は新選組を題材とした作品を執筆する際、幼い頃に沖田に遊んでもらったという老婆を取材している(取材が1960年前後とすると、明治維新1868年なので、かなり高齢ではあるものの実際の沖田総司を目にした人々が生きていたことになる)。

近藤・土方など新選組についての酷評で知られる西村兼文ですら、山南と並び沖田についても批判を残していない。これは西村が山南と沖田には悪意を持っていなかったことの表れと見られ、従って沖田は新選組に表立って敵対した者以外には人当たりの良い好人物であったと考えられている。

新選組と敵対していた阿部十郎からは「近藤の高弟の沖田総司、大石鍬次郎という者はまことに残酷な人間でございまして、もとより国家朝廷のあるを知らぬようなもので」[17]と、岡田以蔵などと同様に思想的背景を持たない“人殺しの道具”として非難されている。

佐久間象山の息子・三浦啓之助がある隊士にからかわれた。後日、土方と沖田がを打っている側で三浦をからかった隊士を三浦が背後から斬りつけると、沖田は三浦が後ろから斬りつけた卑怯さに激怒し「この馬鹿野郎」と叫び三浦の襟首を引っつかんで頭を畳に押し付け引きずり回し、三浦は鼻の皮を真っ赤にすりむいたという話が伝わっている。

甲陽鎮撫隊が出陣する際に近藤が沖田を見舞うと、普段は明るく強気な沖田がこのときだけは声を上げて泣いたという。近藤の死に関して周囲の者は固く口止めされていたため、沖田は近藤の死を知らず、死の間際まで「(近藤)先生はどうされたのでしょうね、お便りは来ませんか?」と、師を気遣う言葉を幾度となく口にしたとも伝えられている。そして近藤の死の2ヶ月後、沖田は近藤の死を知らぬ儘その生涯を閉じた。

容貌[編集]

若き天才剣士が労咳により夭逝してしまうというドラマ性に富むその生涯から、そのドラマ性をさらに演出する要素として多数の作品において“剣にめっぽう強い上に明るい性格、その反面、病弱で色白の美青年”として描かれてきた。

沖田の容貌に関して、現在残っている沖田の肖像画は、沖田の姉のミツが孫・要を「総司にどこか似ている」と称したことから、昭和4年(1929年)に書かれたものである。八木家の者や新選組に関わった人物の証言では、「美青年であった」とは書き残してはおらず、容姿に関する記述としては、「ヒラメ顔で笑うと愛嬌があり色黒」「肩の張り上がった」「猫背」「長身」と書かれたものが残っている。この記述から浮かび上がる人物像として、美青年説に疑義を唱える指摘もある。ただし「総司=ヒラメ顔」説は、佐藤彦五郎の曾孫がテレビで谷春雄の話にのってつい口走ってしまったのが始まりらしく、谷は「総司がヒラメ顔」というのは“のっぺらぼうという意味ではなくて、一族や兄弟の写真がみな目の間隔が寄っているから”と話している。沖田哲也はこの説を完全に否定し、沖田家では総司の容姿について「色の白い、小さい男だった」という風に伝わっているという。

また、総司の写真が一枚も残されていないのは有名だが、ミツの証言によると、「沖田の次姉キンの文机の引き出しに沖田総司の写真がある」と伝えられていたが、新選組関係者によると、おキンの文机の引き出しを開けたら写真がなかったという。家を引越しする際、可燃ごみと一緒に燃やしたのではないかと思われる[18]

しかし、最近になり沖田総司らしき写真がある。一人で写っている写真、近藤勇と一緒に写っている写真がある。 この写真によると確かに目の間隔が寄っている。眉は短く、髪は真ん中を剃っており、後ろで現代でいうポニーテールになっている。 二枚目風のこの写真を沖田と信じる者も多いが、大工の顔写真を合成しただけであり、全くの別人である。海外のwikiではサムライの紹介の人物が沖田と紹介されている。

女性関係[編集]

フィクション作品の世界で沖田は、一般に純情な青年として描かれることが多かった。町医者の娘とプラトニックな恋愛をするなどの描き方がほとんどで、実際に沖田の周囲では近藤や土方などのように花柳界の女性の影は見えない。ただ、井上松五郎の文久3年(1863年)4月22日付の日記によると、土方、松五郎、井上源三郎と共に沖田が新町の廓九軒町吉田屋にて天神(遊女)を買うという記述が見られるため、必ずしも女遊びをしなかったというわけではないようだが、自分が好意を持っている女性の話になるととても真面目だったという。

また、壬生光縁寺には、過去帳に「沖田氏縁者」と書かれた女性の記録があり、これが沖田の恋人ではないかとも言われている。一説には、この女性は石井秩という未亡人で、連れ子(娘)が1人おり、沖田はこの女性との間に1女をもうけキョウという名を付けたという話もあるが、定かではない。なお、新選組にはもう1人「沖田承之進」(慶応元年4月、土方らが江戸で募集した隊士の1人)という沖田姓の隊士が居り、過去帳の「沖田氏」は承之進の方では無いか、との説もある。

さらに、試衛館で手伝いをしていた女性(気が強い男勝りな性格だったようだ)に「結婚してくれ」と告白され、「修行中の身ですので」と断ったという逸話も残っている(その女性は断られたショックでか自殺未遂を起こし、その後近藤の口利きにより他家に嫁いだようだ)。この女性は近藤周平許婚であったと言われる岩田コウという説もある。

また、油小路にあった旅館里茂の娘・キンとは馴染であったと言われている。

発病時期[編集]

新選組始末記』(子母澤寛)によると、沖田は池田屋倒幕派の志士1人を斬り伏せた直後に、肺結核喀血して倒れ、以後は活動から離脱したという。しかし、沖田の離脱については『近藤勇書簡』『島田魁日記』においては記述されておらず、翌月の禁門の変にも近藤勇・土方歳三・武田観柳斎・永倉新八と共に出動していた記録があり[19]、その後も活動していることが確認されている。

慶応2年(1866年)頃、幕府御典医松本良順が新選組を集団検診した際に「肺結核の者が1名居た」と記しており、これが沖田総司ではないかとする説もある。慶応3年(1867年)には周囲が認識し得るほど発病していた模様で、2月頃罹病したとする『両雄実録』(小島鹿之助)、不動堂村へ屯所を移転した9月頃に大病を患ったとする『壬生浪士始末記』(西村兼文)、さらに10月13日付で小島鹿之助が近藤へ送った書簡にも沖田の異常を気遣う文面が見られる。以上から、沖田が戦闘に耐えがたいほど重篤な状態に陥ったのは、慶応3年秋から冬頃であったと思われる。

永倉新八が明治2年の『浪士文久報国記事』、明治44年(1911年)の『七ヶ所手負場所顕ス』『新選組史料集』において沖田が呼吸器疾患を患っていたことを記し、子母沢寛が『新選組始末記』において池田屋における喀血と離脱が記されており、時代が下ることに確立した説であると考えられている[20]

なお、『新選組始末記』をはじめとする池田屋での喀血・昏倒シーンの元となったのは永倉新八の『新選組顛末記』と考えられるが、こちらには吐血・喀血の文字こそ見られないものの沖田が池田屋で昏倒したことが記されている。昏倒の原因は肺病の発症か、蒸し暑い初夏の高温下での激しい戦闘による熱中症等の一時的な体調不良かは不明だが、原因が肺病だったとしても少なくとも近藤や永倉等周囲の者には肺の方の異常は感じさせない状態であったと考えられる。

名前[編集]

沖田総司の幼名は「宗次郎」であるが、沖田家古文書には「幼名沖田総次郎」、墓石には「沖田宗治郎」、日野の八坂神社献額には「沖田惣次郎藤原春政」、小島鹿之助の日記には「沖田惣次郎殿」とそれぞれ書かれている。当時は読み方さえ合っていれば字は何でもいいという風潮があったためで、沖田総司自身、近藤勇の生家・宮川家宛ての手紙にて自分の名前を「沖田総二」と署名しているものがある。

フィクションにおける沖田総司[編集]

小説などフィクション作品においては頻繁に美青年として描かれてきた。現在でも多数の映画ドラマアニメなど映像メディアにおいてもほぼ常に若手二枚目俳優が演じるか二枚目に描かれている。昭和40年代には『新選組血風録』や『燃えよ剣』で島田順司演じる沖田が高い人気を博した。つかこうへいは沖田を女性に設定した戯曲幕末純情伝』を書いている。

また、『新選組始末記』(子母澤寛)以降に定着した「池田屋での戦闘中に激しく喀血し、倒れ込む」描写は「新選組に斬られた浪士が階段を転げ落ちる」シーンとともに多く見られる。2010年NHK大河ドラマ龍馬伝』では、近江屋事件坂本龍馬暗殺)の直前まで沖田が新選組として活動しており、近年の説に沿った描写となっている。

脚注[編集]

  1. ^ 東京都港区の専称寺過去帳に拠る。
  2. ^ 「沖田家文書」『新選組日誌』上巻所載。
  3. ^ 「剣術稽古覚帳」調布市史編纂委員会編『調布の近世史料』所載。
  4. ^ 沖田は無類の天才剣士であったと言われるが、江戸の頃の教え方はかなり荒っぽいものであったという。
  5. ^ 「行動録」『新選組日誌』上巻所載。
  6. ^ 殿内は清河と対立し京に残留したグループの中心人物で、京都四条大橋において近藤らにより暗殺されたという(「文久3年近藤勇書簡」『新選組史料集』所載)。
  7. ^ 芹沢鴨暗殺については確実な記録が見られないが、西村兼文『新撰組始末記』に拠れば沖田は土方、山南敬助原田左之助とともに芹沢襲撃に参加したという。
  8. ^ 内山彦次郎暗殺についても確実な記録が見られないが、西村『新撰組始末記』においては新選組の暗殺としている。
  9. ^ 「近藤勇書簡」「島田魁日記」に拠る。
  10. ^ 永倉新八新選組顛末記』に拠る。
  11. ^ 『剣の達人111人データファイル』(新人物往来社
  12. ^ 『永倉新八遺談』
  13. ^ 新選組遺聞
  14. ^ 『小島日記』
  15. ^ 『壬生浪士始末記』
  16. ^ 『史談会速記録』
  17. ^ 『史談会速記録』
  18. ^ 日野新撰組同好会
  19. ^ 西村兼文『甲子戦争記』
  20. ^ 大石学『新選組』

参考文献[編集]

  • 木村幸比古『新選組と沖田総司 「誠」とは剣を極めることなり』、PHP新書
  • 『剣の達人111人データファイル』、新人物往来社