斎藤一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
斎藤 一
Realsaitou-2.jpg
長男・勉をもとに描かれた肖像画
時代 江戸時代末期(幕末) - 大正時代
生誕 天保15年1月1日1844年2月18日
死没 大正4年(1915年9月28日
改名 山口一→斎藤一→藤田五郎
別名 山口二郎、一戸伝八
墓所 福島県会津若松市七日町阿弥陀寺
官位 勲七等
主君 松平容大
陸奥斗南藩
父母 父:山口祐助、母:ます
兄弟 勝、廣明、
篠田やそ
高木時尾
勉、剛、龍雄

斎藤 一(さいとう はじめ、天保15年1月1日1844年2月18日) - 大正4年(1915年9月28日)は、日本武士新選組隊士)、警察官階級警部勲等勲七等青色桐葉章

幕末期に新選組で副長助勤、三番隊組長、撃剣師範を務める。一時期御陵衛士に入隊。戊辰戦争では旧幕府軍に従い新政府軍と戦う。明治維新警視庁の警察官となり、西南戦争では警視隊に所属して西郷隆盛軍と戦う。

退職後、東京高等師範学校東京教育大学を経た、現在の筑波大学)の守衛東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)の庶務掛兼会計掛を務める[1]。出自、経歴は不明な点も多い。

生涯[編集]

出自[編集]

父・山口祐助、母・ますの三子として生まれる。姉に勝(ひさ)、兄に廣明。出身地は江戸とされる。播磨国ともいわれるが、父が明石出身であったことから明石浪人を名乗ったようである。会津出身と書かれた資料もあるが、疑問視されている。

父・祐助は播磨国明石藩足軽であったが、江戸へ出て石高1,000石の旗本・鈴木家の足軽となった。後年、御家人株を買って御家人になったという[2]が、実際は鈴木家の公用人(家来)だった[3]

青年期[編集]

19歳のとき、江戸小石川関口で旗本と口論になり、斬ってしまう。父・祐助の友人である京都聖徳太子流剣術道場主・吉田某のもとに身を隠し、吉田道場の師範代を務めた。

永倉新八の手記『浪士文久報国記事』には、斎藤は江戸で近藤勇天然理心流試衛館に出入りしていたと記されている[4]が、のちに近藤が京都に滞在した試衛館の一同に武具を届けさせたときには、斎藤は含まれていない。浪士組にも参加しておらず、京都で新選組の徴募があった際に初めて加入したとも考えられる。少なくとも斎藤の上洛は近藤たちとは別行動であった(もっとも、近藤とともに上洛した者たちにしても統一行動をとっていたわけではない)。

新選組[編集]

文久3年(1863年3月10日芹沢鴨・近藤勇ら13名が新選組の前身である壬生浪士組(精忠浪士組)を結成。同日、斎藤を含めた11人が入隊し、京都守護職である会津藩主・松平容保の預かりとなる。新選組幹部の選出にあたり、斎藤は20歳にして副長助勤に抜擢された。のちに組織再編成の際には三番隊組長となり、撃剣師範も務める。

元治元年(1864年6月5日池田屋事件では、土方歳三隊に属し、事件後幕府と会津藩から金10両、別段金7両の恩賞を与えられた。

新選組内部での粛清役を多く務めたとされ、長州藩の間者(スパイ)であったとされる御倉伊勢武荒木田左馬之助のほか、武田観柳斎谷三十郎らの暗殺に関与したといわれる。

慶応3年(1867年3月伊東甲子太郎御陵衛士を結成して新選組を離脱すると、斎藤も御陵衛士に入隊する。間者として潜入していたとされる[5][6]。新選組に復帰する際、御陵衛士の活動資金を盗んで逃げた。これは金に困って逃げたように見せかけるためであったとされる[5][6]稗田利八の述懐によれば、斎藤が新選組に戻った際、「副長助勤斎藤一氏、公用をもって旅行中のところ、本日帰隊、従前通り勤務のこと」と掲示が出ていたという[7]。新選組が伊東ら御陵衛士を暗殺した油小路事件は、斎藤が復帰の際にもたらした情報に基づいて起きたともいわれる。

同年12月7日紀州藩の依頼を受けて、同藩士・三浦休太郎警護し、海援隊陸援隊の隊員16人に襲撃される(天満屋事件)。三浦とともに酒宴を開いていた新選組は遅れをとり、宮川信吉舟津釜太郎が死亡、梅戸勝之進が斎藤をかばって重傷を負うなどの被害を出したが、斎藤は鎖帷子を着ており無事であった。三浦は顔面を負傷したものの命に別状は無かった。

将軍徳川慶喜大政奉還後、新選組は旧幕府軍に従い戊辰戦争に参加する。慶応4年(1868年1月鳥羽・伏見の戦いに参加、3月に甲州勝沼に転戦。斎藤はいずれも最前線で戦った。近藤勇が流山新政府軍に投降したあと、江戸に残った土方歳三らと一旦別れ、隊士の一部を率いて会津へ向かったとされる。一方、このとき斎藤は負傷して戦列を離れていて流山にはいなかったという説もあり、こちらの説では、隊士を率いて会津に向かったのは久米部正親または安富才助とされている。土方は同年4月宇都宮城の戦いに参加、足を負傷して戦列を離れ、田島を経由して若松城下にたどり着き、斎藤らと合流した。

斎藤ら新選組は会津藩の指揮下に入り、4月5日には白河口の戦いに参加。8月21日母成峠の戦いにも参加した。敗戦により若松城下に退却。土方と合流したのはこの退却の最中、猪苗代でのことだった。その後、土方らは庄内へ向かい、大鳥圭介ら幕軍の部隊は仙台に転戦したが、斎藤は会津に残留し、会津藩士とともに城外で新政府軍への抵抗を続けた。9月22日に会津藩が降伏したあとも斎藤は戦い続け、容保が派遣した使者の説得によって投降した。降伏後、捕虜となった会津藩士とともに、最初は旧会津藩領の塩川、のち越後高田謹慎生活を送った。

斗南藩[編集]

会津藩は降伏後改易され、会津松平家は家名断絶となったが、明治2年(1869年11月3日に再興を許された。知行高は陸奥国内で3万石とされ、藩地は猪苗代下北半島を松平家側で選ぶこととされた。東京で捕虜となっていた山川浩ら旧藩幹部は、越後高田で謹慎していた藩士らに諮ることなく下北半島を選択。藩名は新たに斗南藩と命名され、斎藤も斗南藩士として下北半島へ赴いた。

斎藤は斗南藩領の五戸に移住し、篠田やそと結婚した。篠田家は『諸士系譜』からも確認される名家で、会津藩士としては大身に属する。白虎隊士中二番隊に属し、飯盛山で自刃した篠田儀三郎とは遠縁にあたる。のち、元会津藩大目付・高木小十郎の娘・時尾と再婚した。元会津藩主・松平容保が上仲人、元会津藩家老佐川官兵衛と山川浩、倉沢平治右衛門が下仲人を務めた。この時、氏名を藤田五郎に改名している。時尾との間には、長男・勉、次男・剛、三男・龍雄の3人の子供を儲けることになる。

警視庁[編集]

西南戦争に従軍した警視隊。中列右端の赤で囲んだ人物が斎藤一であるとされる。

明治7年(1874年)7月、東京に移住。警視庁に採用される。明治10年(1877年)2月、九州士族反乱西南戦争」が起こる。2月20日、警部補に昇任。5月、別働第三旅団豊後口警視徴募隊二番小隊半隊長として西南戦争に参加。斬り込みの際に敵弾で負傷するも、大砲2門を奪取するなど奮戦して、東京日日新聞に報道される。佐川官兵衛、山川浩も参加しており、佐川は戦死した。戦後、斎藤は政府から勲七等青色桐葉章と賞金100円を授与された。麻布警察署詰外勤警部として勤務し、明治24年(1891年)4月、退職する。

晩年[編集]

阿弥陀寺にある斎藤一の墓
『東京高等師範学校一覧』

警視庁退職時に、東京高等師範学校校長・高嶺秀夫(元会津藩士)らの推挙で、明治25年(1894年)4月から[8][9]、東京高等師範学校附属東京教育博物館(現・国立科学博物館)の看守(守衛長)に奉職。明治31年まで在職。同校の撃剣師範を務め学生に撃剣を教える。明治32年(1899年)に退職し、東京女子高等師範学校に庶務掛兼会計掛として勤務。生徒の登下校時は人力車の交通整理もしたという。明治42年(1909年)、退職。山川浩や高嶺秀夫とは親交が続いた。

大正4年(1915年)9月28日、胃潰瘍のため東京府東京市本郷区真砂町で死去。享年72。床の間結跏趺坐をして往生を遂げたと伝えられる。福島県会津若松市阿弥陀寺に葬られた。永倉新八も同年1月に死去している。

剣術[編集]

流派[編集]

斎藤の修めた剣術流派は、はっきりしていない。子孫の言い伝えでは一刀流であるとされてきた[10]。斎藤の父・山口祐助が会津藩士の家に奉公した際、藩士と親しくなり、同藩江戸屋敷で一刀流を学んだといわれる。会津藩の一刀流である溝口派一刀流との推測もある。溝口派一刀流は、祐助の友人・吉田某の聖徳太子流とともに会津五流に数えられる流派である。斎藤は聖徳太子流吉田道場の師範代を務めた。

一方、斎藤の研究をしていた作家・赤間倭子は、一刀流説を否定して無外流であるとしている[10]。子孫に言い伝えられている一刀流とは、無外流のもとになった山口一刀流のことであるという。斎藤は播磨国で無外流(山口一刀流)を修め、津田一伝流関口流(柔術)も学んだという[10]。斎藤一が名乗った山口、斎藤姓と山口一刀流との関連も指摘している[10]

新選組[編集]

沖田総司永倉新八と並び新選組最強の剣士の一人であったといわれる。永倉は弟子に、「沖田は猛者の剣、斎藤は無敵の剣」と語ったという。沖田、永倉らとともに新選組の撃剣師範を務めた。大坂力士との乱闘、組内部における粛清天満屋事件戊辰戦争などで剣を振るった歴戦の隊員であった。刀での戦いの経験について後年、「どうもこの真剣での斬り合いというものは、敵がこう斬りこんで来たら、それをこう払っておいて、そのすきにこう斬りこんで行くなどという事は出来るものではなく、夢中になって斬り合うのです」と語った。一説では沖田総司よりも強かったと言われる[11]

警視庁[編集]

警視庁には撃剣世話掛という剣術指導の役職があったが、斎藤が撃剣世話掛を務めた記録はない。ただし、明治21年(1888年)の警視庁の剣術家名簿に藤田五郎(斎藤)の名前があり、級位は「四級」とある。当時の四級には他に川崎善三郎門奈正内藤高治などがいた。また、試合記録も残っており、明治15年(1882年)に向ヶ岡弥生社における撃剣大会富山円に引き分け、明治23年(1890年)に警視庁構内における春季撃剣大会で渡辺豊に勝っている。

師範学校[編集]

東京高等師範学校東京教育大学を経た、現在の筑波大学)では撃剣師範を務め、学生に剣術を教えたといわれる[12][8]。誰も斎藤の竹刀に触れることができなかったという伝説もある[11]。なお、同校には斎藤が退職した後、明治41年(1908年)に高野佐三郎(警視庁出身)が赴任している。

晩年[編集]

明治の末に神道無念流有信館山本忠次郎が木に吊るした空き缶を竹刀で突く練習をしていたところ、斎藤と思われる老人が通りかかり、忠次郎の竹刀で缶を突いてみせた。老人は一瞬のうちに突き、缶は揺れることなく貫通したとされる[8]。老人は「突き技は突く動作よりも引く動作、構えを素早く元になおす動作の方が大切」、「突きは初太刀でうまくいくことは少ない。私が成功したのはほとんど三の突きでした」などと語ったという[8]。忠次郎はその後も何度かその老人と出会ったが、詮索できず挨拶を交わすにとどまった。有信館は本郷真砂町にあり、当時斎藤も本郷真砂町に住んでいたことが判明している[8][13]

斎藤は、子供たちにも剣術や武士の心得を教えていたと考えられている。孫の藤田實の述懐によれば、父・勉(斎藤の長男。陸軍少佐)はたびたび竹刀を持って物陰に潜み、子供たちが帰宅すると不意打ちして「士道不覚悟!」と叱ったという。また、「武士たる者は、玄関を出るときは頭から先に出るな、足から出よ、不意に斬りつけられた場合、頭をやられれば致命傷だが、足ならば倒れながらも相手を下から突き上げて殺すことができる」と説教するのを常としていた[11]

改名歴[編集]

「斎藤一」という名前は、京都に移ってから新選組全盛期にかけてのものである。最初の名前は山口一である。「一」は彼の誕生日(1月1日)に由来すると子孫の伝承ではいわれている[14]が、史料的根拠はない。文久2年(1862年)、江戸で刃傷沙汰を起こして京都に逃亡した際、斎藤一と名を変えた。慶応3年(1867年)に山口二郎次郎)と改名。会津藩に属して戊辰戦争を戦った時期には一戸一瀬伝八を名乗った。斗南藩に移住する直前、妻の高木時尾の母方の姓[15]である藤田姓を名乗り、藤田五郎と改名した。明治5年(1872年)の壬申戸籍には「藤田五郎」として登載されている。ちなみに、これらすべての名前に数字が入っている。

別人説[編集]

斎藤一と藤田五郎は別人であるとする説もあるが、実兄である山口廣明(大蔵省裁判所等に官吏として勤務)の恩給請求書に藤田五郎が親戚として署名していること、藤田五郎の子孫が所蔵する『藤田家文書』が斎藤一を名乗った時期から書き始められていること、義理の父・倉沢平治右衛門が記した『御守護職以降憶測誌』でも斎藤一を「藤田五郎」と記していることなどから、現在は別人説が否定されている。

逸話[編集]

左利き説
斎藤は左利きだったという説がある。これは子母澤寛の『新選組物語』の中における、「暗殺された谷三十郎の死体を検分した篠原泰之進が、傷口が左の突きであったことから“左片手一本突き”を得意技とする斎藤が下手人ではないかと疑った」という描写が由来となっている。これが調査に基づいた史実か子母澤による創作かどうかは不明だが、この説は多くのフィクション作品において採用されており、斎藤の人物を特徴付ける個性として左利きに描かれることが多い。
容姿について
よく斎藤の容姿を提供する代表的な資料として上記の肖像があるが、これは斎藤の長男をもとに描かれた肖像画であり本人の写真ではない。斎藤の生前の写真として確証できる資料は存在しない。斎藤を生前よく知る者は「ふさふさとした眉、目つき鋭く、炯々とした背の高い男」と評している。
夢録
子母澤寛が昭和4年(1929年)に発表した『新選組遺聞』に、斎藤一の口述を記録した「夢録」(むろく)という文書があると書かれており、研究者が探しているが、発見されていない。

小説や映画などにおける斎藤一[編集]

斎藤は新選組の中でも未知の部分が多く、あまり頻繁に登場しない方だった。60年代のTVドラマ『新選組血風録』では左右田一平が飄々とした斎藤を演じ、人気を博した。その後、90年代の漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』では斎藤は孤高なダークヒーローとして描かれ、主人公のライバルという重要な役柄で活躍し、その人気が確立した。

脚注[編集]

  1. ^ 東京女子高等師範学校一覧 近代デジタルライブラリーより
  2. ^ 赤間倭子『新選組・斎藤一の謎』新人物往来社、17p、146p
  3. ^ 理窓「東京理科大学発祥の地を求めて」
  4. ^ 木村幸比古訳『新選組日記』PHP新書、12p
  5. ^ a b 伊東成郎『新選組は京都で何をしていたか』KTC中央出版、250-251p
  6. ^ a b 菊地明『新選組の真実』PHP研究所、179p
  7. ^ 戸部新十郎『明治剣客伝 日本剣豪譚』光文社、162p
  8. ^ a b c d e 堂本昭彦『中山博道有信館』島津書房
  9. ^ 『東京高等師範学校一覧 自明治二十三年四月〜明治三十二年五月』筑波大学中央図書館蔵
  10. ^ a b c d 赤間倭子『新選組・斎藤一の謎』新人物往来社、52-57p
  11. ^ a b c 『剣の達人111人データファイル』新人物往来社、198-199p
  12. ^ 赤間倭子『新選組・斎藤一の謎』新人物往来社、27p
  13. ^ 赤間倭子『新選組・斎藤一の謎』新人物往来社、109p
  14. ^ 赤間倭子『新選組・斎藤一の謎』新人物往来社、22p
  15. ^ 清水昇/歴史群像編集部編『幕末維新剣客列伝』学研パブリッシング、65p

参考文献[編集]

  • 新人物往来社編 『新選組・斎藤一のすべて』 新人物往来社(斎藤一関連の論文集)
  • 赤間倭子 『新選組・斎藤一の謎』 新人物往来社。(斎藤に関する多くの論文と西南戦争後の肖像写真を収める)
  • 『新選組読本~隊士外伝』 玉造町観光協会(山口家関係文献を収める)
  • 三十一人会編 『新選組隊士ノート』 新人物往来社。(藤田家の歴史について述べる)
  • 新人物往来社編 『新選組組長列伝』 新人物往来社。(越後高田での謹慎生活を伝える史料の一部を収める)
  • 新人物往来社編 『新選組銘々伝 2』 新人物往来社。(斎藤の生涯をまとめている)
  • 赤間倭子 『新選組副長助勤斎藤一』 新人物往来社。(藤田家の歴史について述べ、斎藤の遺品の写真を収める)
  • 『幕末維新大戦争』 新人物往来社。(一瀬伝八と名乗っていた時期について述べる)
  • 『会津若松市史研究 第5号』 会津若松市役所会津若松市史編纂室。
  • 新人物往来社編 『会津藩士銘々伝 一』 新人物往来社。
  • 筑波大学中央図書館蔵 『東京高等師範学校一覧』 筑波大学中央図書館蔵。