櫛羅藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。 の文字は公式の表記Kanji for another OS version - kushi.svgと異なる可能性があります。

櫛羅藩(くじらはん)は、幕末大和国(現在の奈良県御所市櫛羅)に存在した。藩庁は櫛羅陣屋大和新庄藩の後身であり、領地は同じで、同じく永井氏が治めた。

藩史[編集]

文久3年(1863年)、大和新庄藩の第8代藩主永井直壮は、幕府による文久の改革の一端である参勤交代制度改革の余波を受けて、陣屋を櫛羅に新設したことから、櫛羅藩を立藩した。櫛羅は藩領の中でも特に栄えていたところで、要害の地でもあったことが理由だったとされている。直壮は領民の移住や集住を奨励し、藩名も正式に櫛羅藩と改めたが、慶応元年(1865年)8月19日に死去し、跡を永井直哉が継ぐ。直哉は翌年3月、歴代藩主として初めて藩領に入部したが、まもなく明治維新を迎える。そして明治2年(1869年)6月24日の版籍奉還で直哉は櫛羅藩知事となるが、同4年(1871年)7月14日の廃藩置県で廃藩となり、櫛羅藩はその後は櫛羅県を経て奈良県に編入された。

歴代藩主[編集]

永井家

譜代 1万石

  1. 永井直壮(なおたか) 従五位下 信濃守 【文久3年12月8日藩主就任-慶応元年8月19日死去】
  2. 永井直哉(なおちか) 従五位下 信濃守 【慶応元年10月13日藩主就任-明治4年7月14日藩知事免官】

櫛羅陣屋[編集]

櫛羅陣屋(くじらじんや)は、現在の奈良県御所市にあった陣屋。1863年(文久3年)に築かれた。

幕末の領地[編集]

先代:
大和新庄藩
行政区の変遷
1863年 - 1871年
(櫛羅藩→櫛羅県)
次代:
奈良県(第1次)