奇人たちの晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奇人たちの晩餐会
Le Dîner de cons
監督 フランシス・ヴェベール
脚本 フランシス・ヴェベール
製作総指揮 アラン・ポワレフランス語版
音楽 ウラディミール・コスマフランス語版
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
編集 ジョルジュ・クロッツ
製作会社 ゴーモン
配給 フランスの旗 ゴーモン
日本の旗 アルバトロス・フィルム
公開 フランスの旗 1998年4月15日
日本の旗 1999年12月25日
上映時間 80分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 €12,500,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $4,071,548[2]
テンプレートを表示

奇人たちの晩餐会』(きじんたちのばんさんかい、原題:Le Dîner de cons、英題:The Dinner Game)は、1998年フランスコメディ映画。同年のセザール賞で脚本賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞した。 フランシス・ヴェベールの同名舞台劇を原作としており、ヴェベールは今作でも監督を務める。なお、原作となった舞台作品は日本でも『おばかさんの夕食会』の題名で1999年と2001年に上演された。

ストーリー[編集]

パリに住む出版社社長のピエールは、毎週友人たちとディナーを取ることを習慣としていた。しかし、そのディナーは単なる食事ではなく、仲間内では「奇人たちの晩餐会」と呼ばれていた。それは、毎回メンバーがこれはと思うゲストを一人ずつ連れてきて、その奇人変人ぶりを皆で笑うという悪趣味なものであった。

今回ピエールが選んだゲストは、税務局に勤めるフランソワ・ピニョン。ピニョンはマッチ棒で模型を作るのに熱中している変人であった。しかし、ピエールはディナーの直前に腰を痛めてしまい、喧嘩をした妻クリスティーヌにも去られてしまう。仕方なくディナーをキャンセルしようとするが、その前にピニョンがアパートに現れる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

参考文献[編集]

  1. ^ Le Dîner de cons” (フランス語). AlloCiné. 2014年9月5日閲覧。
  2. ^ The Dinner Game (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2014年9月5日閲覧。
  3. ^ 電話での声の出演、クレジットなし。Le dîner de cons (1998) - Full Cast & Crew” (英語). IMDb. 2014年9月5日閲覧。

外部リンク[編集]