奇人たちの晩餐会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
奇人たちの晩餐会
Le Dîner de cons
監督 フランシス・ヴェベール
脚本 フランシス・ヴェベール
製作総指揮 アラン・ポワレ
音楽 ウラディミール・コスマ
撮影 ルチアーノ・トヴォリ
配給 アルバトロス・フィルム
公開 フランスの旗 1998年4月15日
日本の旗 1999年12月25日
上映時間 80分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

奇人たちの晩餐会』(きじんたちのばんさんかい、原題:Le Dîner de cons、英題:The Dinner Game)は、1998年制作のフランス映画。同年のセザール賞で脚本賞、主演男優賞、主演女優賞を受賞した。 この映画はフランシス・ヴェベールの同名の舞台劇を原作としており、ヴェベールは今作でも監督を務める。なお、原作となった舞台作品は日本でも『おばかさんの夕食会』の題名で1999年と2001年に上演された。

ストーリー[編集]

パリに住む編集者のピエールは、毎週友人たちとディナーを取ることを習慣としていた。しかし、そのディナーは単なる食事ではなく、仲間内では「奇人たちの晩餐会」と呼ばれていた。それは、毎回メンバーがこれはと思うゲストを一人ずつ連れてきて、その奇人変人ぶりを皆で笑うという悪趣味なものであった。

今回ピエールが選んだゲストは、官庁に勤めるフランソワ・ピニョン。ピニョンはマッチ棒で模型を作るのに熱中している変人であった。しかし、ピエールはディナーの直前に腰を痛めてしまい、喧嘩をした妻クリスティーヌにも去られてしまう。仕方なくディナーをキャンセルしようとするが、その前にピニョンがアパートに現れる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フランソワ・ピニョン ジャック・ヴィルレ 緒方賢一
ピエール・ブロシャン ティエリー・レルミット 納谷六朗
ジュスト・ルブラン フランシス・ユステール 水野龍司
ルシアン・シュヴァル ダニエル・プレヴォスト 青野武
クリスティーヌ・ブロシャン アレクサンドラ・ヴァンダヌート 山崎美貴
マルレーヌ カトリーヌ・フロ 翔香
コルディエ エドガー・ジヴリー 中田雅之
ソルビエ クリスチャン・ペレイラ 塚田正昭
パスカル・ムノー ダニエル・ルッソ
(クレジットなし)
楠見尚己

外部リンク[編集]