映美くらら

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
えみ くらら
映美 くらら
本名 本山 麻衣子(もとやま まいこ)
生年月日 1979年6月15日(35歳)
出生地 日本の旗熊本県菊池郡菊陽町
血液型 O型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ
活動期間 1999年 -
活動内容 1999年宝塚歌劇団入団、星組配属
2001年月組トップ娘役就任
2004年:宝塚歌劇団退団、以降女優として活躍。
公式サイト オフィシャルサイト
主な作品
舞台
ガイズ&ドールズ
テレビドラマ
花嫁は厄年ッ!
鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記
備考
宝塚歌劇団卒業生

映美 くらら (えみ くらら、1979年6月15日 - )は、日本女優。元・宝塚歌劇団月組トップ娘役。所属事務所はイー・コンセプト

熊本県菊池郡菊陽町熊本信愛女学院高等学校出身。身長159cm、血液型O型。愛称は「くらら」、「えみくら[1]

来歴

1997年宝塚音楽学校に入学。85期生

1999年4月、宝塚歌劇団に入団。入団時の成績は11番。同年『ノバ・ボサ・ノバ』で初舞台を踏んだ後、星組に配属。可憐な若手娘役として将来性を見込まれ、早くから新人公演及びバウホール公演のヒロインをつとめる。

2001年、月組に組替えし入団3年目で紫吹淳の相手役としてトップ娘役に就任。黒木瞳以降生え抜きのトップ娘役が長く続いた中で、久しぶりの他組出身のトップ娘役でもあった[2]。紫吹退団後は彩輝直の相手役となり、2004年の『飛鳥夕映え/タカラヅカ絢爛II』東京公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団。

宝塚退団後は女優として活動しており、2005年1月には『ナニワ金融道6』でテレビドラマ初出演。2012年1月には『鈴子の恋 ミヤコ蝶々女の一代記』で日向鈴子(ミヤコ蝶々)役を演じてテレビドラマ初主演[3]。「オフィス設計」イメージキャラクターとして、CMにも出演した。

人物

幼少のころからバレエ等の芸事を習っていた。宝塚歌劇との出会いは熊本信愛女学院中学修学旅行。観劇した瞬間、「ここに入ろう!」と決意したという。2度目の挑戦で宝塚音楽学校に合格した[4]

芸名は「美しく映える聖女クララ」に由来する。

宝塚歌劇団の同期には柚希礼音(星組トップスター)、桜一花華形ひかる青樹泉舞咲りん十輝いりす大海亜呼山科愛神月茜銀河亜未南海まり音乃いづみ七帆ひかる美羽あさひ柊巴美鳳あや真野すがた彩那音(元月組トップスターである彩輝なおの妹)などがいる。

宝塚歌劇団時代の主な舞台

星組時代

月組トップ娘役時代

宝塚歌劇団退団後の主な活動

テレビドラマ

テレビ

  *「すてきなポットでお茶を~山形 鋳物~」(2014年1月7日)
  *「変幻自在!カラフルに輝く布~山梨 甲州織物~」(2014年5月6日)
  *「カラフル!不思議な模様~福井 若狭の塗り箸~」(2014年9月6日)
  *「軽くてやわらか!ぬくもりインテリア~新潟 加茂の桐(きり)製品~」(2014年11月11日)
 ほか

舞台

CM

ミュージックビデオ

Webドラマ

脚注

  1. ^ 昭和期に活躍した元雪組トップ娘役の遥くららと区別する意味で「平成のくらら」、「平成版くらら」とも言われた
  2. ^ 黒木の前任である五條愛川は雪組出身
  3. ^ 『鈴子の恋』 - とれたてフジテレビ
  4. ^ 産経新聞の取材で本人が発言
  5. ^ 夫のDVから逃れるため、偽名を用いた上で息子を引き連れ、「里や」で住み込みの従業員(客室係)として働いているという設定。

関連項目

外部リンク