和央ようか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
わお ようか
和央 ようか
本名 大川 貴子(おおかわ たかこ)
生年月日 1968年2月15日(46歳)
出生地 日本の旗東京都世田谷区
血液型 O
職業 俳優
ジャンル 舞台映画
活動期間 1988年 -
活動内容 1988年宝塚歌劇団入団、雪組配属
1998年宙組に異動
2000年:宙組トップスター就任
2004年菊田一夫演劇賞受賞
2006年:宝塚歌劇団退団、以降女優として活躍。
配偶者 フランク・ワイルドホーン(2014年 - )
公式サイト 和央ようかオフィシャルウェブサイト
主な作品
舞台
ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-
ファントム
風と共に去りぬ
シカゴ
映画
茶々 天涯の貴妃
備考
宝塚歌劇団卒業生

和央 ようか(わお ようか、1968年2月15日 - )は宝塚歌劇団の元宙組トップスターで現在は女優。本名:大川 貴子(おおかわ たかこ)

現在はWAO enterprise所属[1]大阪市天王寺区出身。身長174cm。愛称はたかちゃんたかこ[2]血液型O型。

来歴[編集]

1988年宝塚音楽学校を卒業し、74期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は7番。『キス・ミー・ケイト』で初舞台。

同年5月10日雪組に配属。その後、『ベルサイユのばら-アンドレとオスカル編-』の新人公演では研2(入団2年目)でオスカル役に大抜擢される。1993年『天国と地獄』で新人公演初主演。1995年バウホール公演『大上海』で初主演を務めた。

新進男役スターとして成長し、1997年、トップスター轟悠に次ぐ雪組2番手スターに昇格。

1998年、宙組の創設メンバーに選ばれ、宙組に異動。雪組時代より引き続き2番手スターで活躍。

2000年6月、先代のトップスター姿月あさとの退団により、宙組トップスターに就任。お披露目公演は全国ツアー『うたかたの恋/GLORIOUS!!』。宝塚大劇場お披露目公演は同年8月の『望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!』。相手役には先代に引き続き花總まり

2002年、『鳳凰伝~カラフとトゥーランドット~』で日本演劇協会賞を受賞。同時上演のショー『ザ・ショーストッパー』ではダンサーとしても活躍した。

2004年、第29回菊田一夫演劇賞で『BOXMAN』の演技に対し相手役の花總とともに演劇賞を受賞。花總とはゴールデンコンビと呼ばれた。

同年、オペラ座の怪人を舞台化した『ファントム』では、仮面の主人公を演じ、自身の当たり役となった。

2005年10月に退団を発表。約6年の主演在任は近年では異例の長期であった。

同年12月21日、シアター・ドラマシティ公演『W-WING』の上演中にフライングの装置が外れ、2メートルの高さから転落。骨盤、ろっ骨骨折の重傷を負う(歌劇団発表は全治1ヵ月であったが、実際は全治に3ヵ月以上はかかる大怪我だった)。退団公演『NEVER SAY GOODBYE-ある愛の軌跡-』は入院中でありながら稽古に通い、舞台に立ち続けた。和央の回復状態への配慮から、退団公演ながら和央のダンスシーンはほとんど無かった。2006年7月2日、同作品の東京公演千秋楽をもって退団。その後、リハビリに専念。

2007年1月、青山劇場で退団後初のコンサートとなる『YOKA WAO CONCERT』を開催。構成・演出は小池修一郎。ダンスを中心に復帰をアピール。

同年8月のコンサート『NEW YOKA 2007 〜ROCKIN' Broadway〜』(東京国際フォーラム・ホールA)では自ら構成を担当した。

2007年12月には、自身初となる主演映画『茶々 天涯の貴妃』が公開。この映画で、2008年に第8回おおさかシネマフェスティバルの主演女優賞を受賞する。

2008年10 - 11月、『シカゴ』で宝塚退団後初のミュージカル出演。

2009年12月には、『中央流沙』(TBS毎日放送)で、テレビドラマに初出演(および初主演)した。

退団後は、女優としてヒロインを演じるほか、自身のコンサートやディナーショーでは男役を演じ続けている。

2012年6月29日、初の海外コンサートをシンガポールで開催した(7月2日まで)。

2014年3月31日米国出身の作曲家であるフランク・ワイルドホーンとの結婚を発表。同年の1月に婚約、挙式は2015年の予定。[3]

2015年1月21日発売の宝塚歌劇団OGによるカバーアルバム『麗人 REIJIN』(ビクター・エンターテインメント)に参加。尾崎豊の『I LOVE YOU』をカバーした[4]

人物[編集]

東京都世田谷区で生まれるも、その後間もなくして大阪に移り住む。小学校1年のころからクラシックバレエやピアノ等を習う[2]

中学時代は当初バレーボール部に在籍したが、指に怪我をする危険があるとピアノの恩師に止められ陸上部へ入部。走高跳の選手だった。帝塚山学院高等学校時代は中途で入部したミュージカル部で活躍[2]。高校時代から「男役的魅力」の持ち主だったようで、バレンタインデーに集った同性からのチョコレートの量は母校の伝説となっている[2]。このころ、友人に誘われて宝塚歌劇と出会い、花組の『琥珀色の雨にぬれて』を観劇して受験を決意した[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

雪組時代[編集]

  • キス・ミー・ケイト花組)(1988年3月 - 5月/宝塚大劇場)*初舞台
  • ベルサイユのばら(1989年8月/宝塚大劇場、新人公演:オスカル、本役・一路真輝
  • スイート・タイフーン(1991年3月/宝塚大劇場、新人公演:バード男。本役・杜けあき
  • 微笑みの国(1991年4月 - 5月/宝塚バウホール、グスタフ・フォン・ポッテンシュタイン伯爵)
  • この恋は雲の涯まで(1992年3月 - 5月/宝塚大劇場、トンギャマ、新人公演:藤原忠衡。本役・一路真輝)
  • 忠臣蔵(1992年10月 - 11月/宝塚大劇場、卯之助/不破数右衛門、新人公演:浅野内匠頭/岡野金右衛門。本役は一路真輝)
  • 天国と地獄 -オッフェンバック物語-(1993年6月/宝塚大劇場、ハワード/ルイ・ナポレオン。新人公演:ロバート/ジャック・オッフェンバック役。本役・一路真輝)
  • ブルボンの封印(1993年11月/宝塚大劇場、新人公演:ジェームズ/ルイ14世。本役・一路真輝)
  • 二人だけの戦場(1994年1月/バウホール)(1994年7月/ロンドン公演)
  • 雪之丞変化(1994年11月/宝塚大劇場。新人公演:中村雪之丞。本役・一路真輝)
  • 大上海(1995年9月 - 10月/バウホール公演、初主演。陳君里)。
  • あかねさす紫の花/マ・ベル・エトワール(1995年11月 - 12月/宝塚大劇場)
  • エリザベート(1996年2月 - 3月/宝塚大劇場、同年6月/東京宝塚劇場。エルマー。東京公演・ルドルフ)
  • 晴れた日に永遠が見える(1996年11月/バウホール)
  • 仮面のロマネスク(1997年3月 - 5月/宝塚大劇場)
  • 嵐が丘(1997年5月 - 6月/バウホール、主演。ヒースクリフ)

宙組時代[編集]

宙組トップ時代[編集]

  • うたかたの恋/GLORIOUS!!(2000年6月 - 7月/全国ツアー、『うたかたの恋』でルドルフ)
  • 望郷は海を越えて/ミレニアム・チャレンジャー!(2000年8月 - 9月/宝塚大劇場、『望郷は海を越えて』で九鬼海人役)
  • ベルサイユのばら2001 -フェルゼンとマリー・アントワネット編-(2001年4月 - 5月/宝塚大劇場、ハンス・アクセル・フォン・フェルセン
  • カステル・ミラージュ〜消えない蜃気楼/ダンシング・スピリット(2001年11月 - 12月/宝塚大劇場、『カステル・ミラージュ』でレオナルド・ルビー)
  • 鳳凰伝/ザ・ショー・ストッパー(2002年7月 - 8月/宝塚大劇場、『鳳凰伝』でカラフ)
  • 聖なる星の奇蹟(2002年12月/シアター・ドラマシティ、フレデリック)
  • 傭兵ピエール/満天星大夜總会(2003年2月 - 3月/宝塚大劇場、『傭兵ピエール』でピエール)
  • 白昼の稲妻/テンプテーション!(2003年10月 - 11月/宝塚大劇場、『白昼の稲妻』でアルベール・ド・クレール)
  • BOXMAN(2004年3月/シアター・ドラマシティ、ケビン・ランドル)
  • ファントム(2004年5月 - 6月/宝塚大劇場、ファントム)
  • 風と共に去りぬ(2004年10月 - 11月/全国ツアー、レット・バトラー役)
  • ホテル ステラマリス/レヴュー伝説(2005年1月/宝塚大劇場、『ホテル ステラマリス』でウィリアム・オダネル)
  • 炎にくちづけを/ネオ・ヴォヤージュ(2005年8月 - 9月/宝塚大劇場、『炎にくちづけを』でマンリーコ)
  • W-WING(2005年12月・2006年/シアター・ドラマシティ)
  • NEVER SAY GOODBYE―ある愛の軌跡―(2006年3月 - 5月/宝塚大劇場、同年5月 - 7月/東京宝塚劇場、ジョルジュ・マルロー役)

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

コンサート・ディナーショー[編集]

  • YOKA WAO CONCERT(2007年1月/青山劇場
  • NEW YOKA 2007 〜ROCKIN' Broadway〜(2007年8月/東京国際フォーラム・ホールA)
  • Russell Watson in Concert 2007 "That's Life"(2007年8月/東京国際フォーラム・ホールA、同年9月/フェスティバルホール)ゲスト出演
  • JAL金閣寺音舞台(2007年9月8日/鹿苑寺金閣 特設ステージ、同年10月7日/毎日放送系テレビ放送)
  • 和央ようか クリスマス・ディナーショー、ディナークルーズ(2007年12月)
  • 阪神・淡路大震災メモリアルコンサートシリーズ つなぐ想い-1.17-(2008年1月)
  • Yoka Wao Christmas Dinner SHOW 2009(2009年12月/帝国ホテル、ザ・リッツ・カールトン大阪)
  • 名倉加代子 舞踊生活50周年記念第19回公演 Can't Stop Dancin' 2010 (2010年11月/青山劇場)
  • Yoka Wao Christmas Dinner SHOW 2010(2010年12月/帝国ホテル、ザ・リッツ・カールトン大阪)
  • Yoka Wao LIVE TOUR2012 "HISTORY"(2012年5月/NHK大阪ホール、中京大学文化市民会館プルニエホール、渋谷公会堂、NHKホール)

映画[編集]

  • 茶々 天涯の貴妃(2007年12月/全国東映系ロードショー)- 茶々 役 (映画初主演)
  • 歌うヒットマン!(2011年6月放映)- 本間恭子 役

テレビドラマ[編集]

ドキュメンタリー・教養番組[編集]

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 所属事務所の社長は、初代が花總まり(本名:醍醐まり子、2006年12月7日-2007年9月28日)2代目が大川順子(2007年9月28日-)である。WAO enterprise株式会社(会社法人等番号:0100-01-105389)登記簿にて確認
  2. ^ a b c d e 「波瀾爆笑!?我が人生 第16回」『宝塚GRAPH 2003年4月号』所収、阪急電鉄株式会社コミュニケーション事業部、PP56-59。
  3. ^ 元宝塚男役トップ・和央ようか、国際結婚!お相手は02年冬季五輪開会式作曲の米国人スポーツ報知、2014年3月31日)
  4. ^ “音楽史上初 宝塚歌劇団OGによるJ-POPカバーアルバムがリリース決定”. シアターガイド. (2014年11月21日). http://www.theaterguide.co.jp/theater_news/2014/11/21_05.php 2014年11月25日閲覧。 

外部リンク[編集]