ハンス・アクセル・フォン・フェルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハンス・アクセル・フォン・フェルセン
Hans Axel von Fersen
伯爵
Hans Axel von Fersen2.jpg
出生 1755年9月4日
スウェーデンの旗 スウェーデンストックホルム
死去 1810年6月20日(満54歳没)
スウェーデンの旗 スウェーデン、ストックホルム
父親 フレデリック・アクセル・フォン・フェルセン侯爵
母親 ヘドヴィグ・カタリナ
テンプレートを表示

ハンス・アクセル・フォン・フェルセン[1]Hans Axel von Fersen [hɑːns ˈaksɛl fɔn ˈfæʂɛn] 発音例, 1755年9月4日 - 1810年6月20日伯爵は、政治家軍人スウェーデンの名門貴族で王室顧問であるフレデリック・アクセル・フォン・フェルセン侯爵の子。

フランス王妃マリー・アントワネット愛人として知られるが、スウェーデン王グスタフ3世の寵臣でもあった。また、次代グスタフ4世にも仕え、ナポレオン戦争に至る時代までを生きたが、1810年に群衆に撲殺された。

ベルサイユのばら』にフェルゼンとして登場するキャラクターのモデル。

生涯[編集]

青年期[編集]

父親のフレデリックは、フランスを第2の故郷として愛し、家庭ではフランス語が話されていたという。フェルセンは、容姿端麗で背が高く雄弁家に育った。ヨーロッパを3年間遊学し、貴族の必須である知識を習得して1773年12月、18歳でパリの社交界にデビューし、たちまちパリの上流階級の婦人に人気を博した。

1774年1月仮面舞踏会でフランス王太子妃マリー・アントワネットに出会う。マリー・アントワネットにとっては数多い寵臣の中の1人ではあったが、同い年ということもあって次第に親密になっていった。これはスウェーデンの国益に準じたグスタフ3世の意図があったとされている。1774年5月ルイ15世が没すると、王妃となったマリー・アントワネットに悪い噂が立つのを恐れ、スウェーデンに帰国する。1778年に再びフランスに戻ったが、アメリカ独立戦争1776年 - 1783年)にも参加している。帰国後にフランスの王室スウェーデン人連隊長に任じられた。その後グスタフ3世と共に欧州諸国を廻り、1785年からパリに在住することとなった。1788年にはスウェーデンがロシア帝国と起こしたロシア・スウェーデン戦争にも従軍した。

フェルセンは数ある結婚話を頑なに断り、王妃マリー・アントワネットただ1人に愛を注いだ(実際にはフェルセンには複数の愛人がいたとされている)。王妃の不幸が増せば増すほど、献身的に王妃の力となり、支え続けた。しかしフェルセンの王妃への愛は、スウェーデンの国益に繋がりはしたが、次第にスウェーデンの国策とは異なり始め、グスタフ3世は駐仏大使となったスタール男爵に信頼を置くようになる。グスタフ3世の狙いは、フェルセンが王妃マリー・アントワネットを籠絡し、スウェーデンの意のままに政策を誘導することであったが、フェルセンは愛人としてではなく、騎士道的な女性への愛にこだわっていたのである。

フランス革命期[編集]

しかしフランス革命が勃発すると、グスタフ3世はフェルセンを革命阻止のためにスパイとしてヴェルサイユに送り込んだ。国王一家が窮地に立たされると、フェルセンは亡命を勧め、革命勢力からの脱出の手引きを試みた。俗に言う「ヴァレンヌ事件」である。彼は各地の王党派と連絡を取り合い、綿密に計画を立て、国王一家の脱出のために超人的な行動をした。しかし実行は1ヶ月以上も遅れ、1791年6月20日、国王一家はテュイルリー宮殿を後にした。フェルセンは御者に扮して追っ手がつかないように回り道をして北へ行き、パリ郊外まで来たが、ルイ16世がフェルセンの同行を拒否したため別れることとなった。ルイ16世は、王妃マリー・アントワネットとフェルセンの関係を知っていたが、フェルセンの王家への献身ぶりは認めざるを得なかったため、王妃にもフェルセンにも何も言うことはなかったという。結局国王一家の逃亡は露見し、亡命は失敗に終わった。逃亡する国王一家にフェルセンが最後にかけた言葉は「さようなら、コルフ夫人!」だった(一行は、ロシア貴族のコルフ侯爵夫人に成りすましていた)。

逃亡事件失敗の後、ある晩に国王一家が幽閉されているテュイルリー宮殿に変装して忍び込み、国王と王妃に新たな亡命計画を進言するが、パリに留まることを決意した国王から拒否されてしまう。革命政府によって裁判にかけられるため、国王一家がタンプル塔に移送されると、フェルセンはこれを救うためあらゆる手を尽くしたが、全て失敗に終わった。革命が激しくなると、フェルセンはブリュッセルに亡命し、ここでグスタフ3世やオーストリア駐仏大使と共に王妃救出のために奔走した。

しかし1792年3月にグスタフ3世が暗殺されると、スウェーデンは革命から手を引き、フェルセンは政治的に失脚する。そして愛するマリー・アントワネットが革命政府によって処刑されると、愛想のない暗い人間となり、マリー・アントワネットを殺した民衆を憎むようになった。

溶暗期[編集]

フェルセンの撲殺(1810)

1796年、スウェーデンでグスタフ4世が親政を開始すると、フェルセンも復権して外交顧問に任じられる。1798年フランス革命戦争の講和条約としてのラシュタット会議にスウェーデン代表として参加。ここでナポレオン・ボナパルトに会っている。この席でフェルセンは、ナポレオンにマリー・アントワネットとの関係を聞かれたという逸話がある。その後、グスタフ4世の元で1799年元帥にまで昇進し、スウェーデン国政に携って行くこととなった。しかしフェルセンは、民衆に対して不信の念を抱くようになり、強圧的な振る舞いが多くなっていく。それは憎悪の連鎖を呼び起こすことになり、民衆も彼を激しく憎むようになった。

フェルセンの最期[編集]

1809年グスタフ4世は失政を糾弾され、クーデターによって廃位された。フェルセンはクーデターには関与しなかったが、貴族たちが作った臨時政府には加わった。新しく王位に就いたカール13世には世子がなかったため、アウグステンブルク家のクリスチャン・アウグスト(カール・アウグストと改名)が王太子に指名されたが、1810年にこの王太子は事故死した。その直後から、王位を狙った暗殺事件であるとの噂が飛び交い、暗殺の首謀者としてフェルセンの名が取り沙汰された。しかしカール13世は冷静を装ってフェルセンに葬儀執行を命じ、フェルセンもそれに従った。

当日、クリスチャン・アウグストの遺骸がストックホルムに運ばれ、市内の広場で葬儀が行なわれたが、そこに馬車で現われたフェルセンに群衆が暴動を起こした。現場にいた近衛連隊の指揮官と兵士たちはあえて暴動を制止しようとせず、フェルセンは群衆によって惨殺された。フェルセンの遺体は、全裸で側溝に投げ捨てられるという無惨な扱いを受けた。事件が起こった6月20日は、19年前にヴァレンヌ事件が起こったその日であった。

関連書籍[編集]

  • 川島ルミ子『マリー・アントワネットとフェルセン、真実の恋』(講談社プラスアルファ文庫)(2008年5月20日、講談社、監修:畠山重篤ISBN 978-4062812016

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「フェルセン」はフランス語/ドイツ語読みで、彼の母国であるスウェーデン語では発音例にあるように「フェセン」に近い

関連項目[編集]