シャルル・アレクサンドル・ド・カロンヌ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャルル・アレクサンドル・ド・カロンヌ

シャルル・アレクサンドル・ド・カロンヌCharles Alexandre de Calonne1734年1月20日 - 1802年10月30日)は、フランス王国の政治家、貴族。

生涯[編集]

北フランスのドゥエーに生まれ、同地の徴税官、高等法院検事になる。メッス、リースの地方総監を経て、そこで優れた行政手腕を発揮した。

1783年にネッケルの後任として財務総監に就任したが、財政を根本的に変革させなければ、国家は破産してしまうという状態まで追い詰められ、特権身分の免税を廃止して課税の平等を実現しようとした。これらは特権階級の利益を著しく侵すものなので反対され、実現しなかった。そのため1787年、名士会(国王の任命による王族・大貴族・司教からなる身分制諮問議会)を召集してその支持を得ようとしたが、強硬な反対を受けて失脚。ロメニー・ド・ブリエンヌに財務総監を譲り、イギリス亡命した。

フランス革命期にはイギリスで亡命貴族を援助して、反革命運動を組織した。1802年、ナポレオン・ボナパルトに赦免され帰国したが、すぐにパリで死亡した。