上條恒彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かみじょう つねひこ
上條 恒彦
本名 上條 恒彦
生年月日 1940年3月7日(74歳)
出生地 日本の旗 日本長野県朝日村
血液型 O型
職業 歌手俳優声優
ジャンル テレビドラマ映画舞台
主な作品
テレビドラマ
3年B組金八先生シリーズ

上條 恒彦(かみじょう つねひこ、1940年3月7日[1] - )は日本の歌手俳優声優長野県東筑摩郡[1]朝日村出身。本名同じ[1]ケイセブン中村屋所属。身長:176cm、体重75kg。

経歴[編集]

長野県東筑摩郡朝日村に生まれる。3歳の時に父親をガンでなくす。朝日中学校を経て長野県松本県ヶ丘高等学校を卒業後、1958年4月に上京。大森の雑貨品問屋の住み込み店員を手始めに、新聞配達、サンドイッチマン、コンクリート工場の従業員、ダンプカーの運転手、旅館の従業員、うたごえ喫茶の歌手など約15種類の職業を経験する。1964年3月、初めて労音で勤務し、後に歌手としてデビューするきっかけとなる。

1968年に結婚。1969年に長男の恒、1970年に次男の契が生まれる。

1969年、NHKのステージ101の初期メンバーとしてレギュラーになるが、年長で別格扱いであった。1971年、グループ「六文銭」と共演した『出発の歌(たびだちのうた)』で、三重県合歓の郷で開催された「ポピュラーソング・フェステバル'71」のグランプリを受賞。次いで11月、第2回世界歌謡祭でグランプリ・歌唱賞を受賞。翌1972年には、第23回NHK紅白歌合戦ヤング101と共に初出場する。また、フジテレビ系列の時代劇『木枯し紋次郎』の主題歌『だれかが風の中で』を歌い、ヒットさせる。9月には「日本歌謡祭」で『橋』が入賞。1973年2月には、沖縄海洋博の歌『珊瑚礁に何を見た』を制作する。同年、『さよならの世界』で第4回世界歌謡祭の歌唱グランプリを受賞。

それ以後は俳優としても活動し、数多くのテレビドラマ、映画、舞台に出演。TBS系列の『3年B組金八先生』の社会教師・服部肇役は有名。

丸大食品のウインナー、フランクフルト商品のCMソングを1980年代に担当していたこともあり、その名を知らずとも歌声を記憶している者は多い。

1985年鳥取県で開催された「わかとり国体」では、大会テーマ曲の『スピリッツ』を秋季大会開会式で歌った。

現在は、長野県諏訪郡富士見町に居住している。 アトリエ・ダンカンとの契約満了にともない、2013年5月1日よりケイセブン中村屋に所属。

主な作品[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

特撮[編集]

ナレーション[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

音楽[編集]

  • 1969年11月 シングル 雨よふれ / 青空が青かった
  • 1971年01月 シングル さとうきび畑 / 仲間
  • 1971年10月 30cmLP<上條恒彦ファースト・アルバム>
オールマンリバー / ジェリコの戦い / シティ・コールドヘブン / 誰も知らない私の悩み / オーハッピーデー / 最上川舟唄 / 雨よふれ / 牧師とどれい / 勝利を我らに / 太陽 / さとうきび畑
出発の歌 / 風のマーチ / だれかが風の中で / アルカディア / 橋 / 夢をみたよ / ただ愛に生きるだけ / ケセラ / ダウン・バイザリバーサイド / 我が子は去り行く / こげよマイケル / バラはあこがれ
  • 1972年06月 シングル あなたがいれば / 私の家
  • 1972年08月 30cmLP 街が海に沈むとき<上條恒彦セカンド・アルバム>
はじまりの足音がかけまわる / 街が海に沈むとき / 私の家 / あなたがいれば / おふくろの歌 / 空に小鳥がいなくなった日 / 雨 / 森がよんでいる / ハーモニカの歌 / ユートピアを夢みる少年 / ひぐれびわ色影法師
  • 1972年10月 30cmLP<上條恒彦ベスト20>
最上川舟唄 / だれかが風の中で / 雨よふれ / 街が海に沈むとき / 私の家 / 遠い夏の日の歌 / オールマンリバー / ジェリコの戦い / ただ愛に生きるだけ / 夢をみたよ / 出発の歌 / はじまりの足音がかけまわる / ケサラ / あなたがいれば / 森がよんでいる / 橋 / アルカディア / オーハッピーデー / ハーモニカの歌 / ショーは終わった
  • 1972年10月 シングル 故郷へ帰るのはよそう / ゆめ
  • 1973年01月 シングル 都会の朝 / 銀河鉄道の夜
  • 1973年05月 シングル 珊瑚礁に何を見た / 橋
  • 1973年 30cmLP 珊瑚礁に何を見た<上條恒彦サード・アルバム>
珊瑚礁に何を見た / 昨日はもう過ぎ去って / 銀河鉄道の夜 / 父が息子に与える歌 / 大地にふせて / 都会の朝 / 神の思いのままに / 船唄 / 少年と夕陽 / 橋 / 僕は自由 / シャンテ
  • 1974年 シングル 蒼空 / 花の結婚式
  • 1974年 30cmLP<遠くへ行きたい>
遠くに行きたい / さよならの世界 / 蒼空 / 珊瑚礁に何を見た / 夕陽の丘 / 花の結婚式 / ホリデー / ひとり星の上に / おばあさんの遺言 / オー・ルヴォワール/ 私の家 / ゆめ
  • 1975年01月 30cmLP<STAGE 橋はいつも>
オープニング (出発の歌) / 冬がくる / 「恋人」のテーマ / ホリデー / 花の結婚式 / 我が子は去りゆく / シャンテ / 空腹のうた / 無題(子守唄) / 冬の歌 / 橋はいつも / 出発の歌 / ショーは終った
  • だれかが風の中で(フジテレビ系「木枯し紋次郎」主題歌 トヨタ自動車グランドハイエース」CM曲)
  • 昨日はもう過ぎ去って(フジテレビ系「追跡」 主題歌)
  • 天下堂々
  • さよならの世界
  • 蒼空(あおぞら)
  • 橋のうえで
  • 風の声
  • 鎌倉は子守唄
  • 遠くへ行きたい
  • バラはあこがれ
  • 花の結婚式
  • ダウン・バイ・ザ・リバー・サイド
  • シャンテ
  • 誰も知らない私の悩み
  • ただ愛に生きるだけ
  • 恐竜が街にやってきた (ひらけ!ポンキッキ
  • 南の島のハメハメハ大王 (みんなのうたより)

CDアルバム(再発売を含む)[編集]

  • 出発の歌 (1994年、キングレコード
  • キングCD文庫『上條恒彦 / コレクション』 (1999年、キングレコード)
  • スーパーセレクト・上條恒彦 さとうきび畑 (2002年、キングレコード)
  • お母さんの写真 (2003年、EMIミュージック・ジャパン

アニメ・特撮主題歌[編集]

  • ガッタイガーの歌(1977年、東京12チャンネル(現・テレビ東京)「超スーパーカー ガッタイガー」主題歌)
  • 愛は傷あと(1977年「超スーパーカーガッタイガー」エンディングテーマ)
  • 怪人二十面相の歌(1977年、大映 / フジテレビ「怪人二十面相」主題歌)
  • 風と僕のバラード(1977年、「怪人二十面相」 エンディングテーマ)
  • スペース1999のテーマ(1977年、「スペース1999」主題歌)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c A所属タレント紹介/上條恒彦”. 2012年3月3日閲覧。
  2. ^ 平成14年度文化庁芸術祭 テレビ部門ドラマの部 優秀賞、平成15年度日本民間放送連盟賞(番組部門・テレビドラマの部)優秀賞受賞

外部リンク[編集]