千歳船橋駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
千歳船橋駅
北口(2011年4月)
北口(2011年4月)
ちとせふなばし - Chitose-Funabashi
OH 11 経堂 (1.2km)
(1.4km) 祖師ヶ谷大蔵 OH 13
所在地 東京都世田谷区船橋1-1-5
駅番号 OH 12
所属事業者 小田急電鉄
所属路線 小田原線
キロ程 9.2km(新宿起点)
駅構造 高架駅
ホーム 2面4線*
乗降人員
-統計年度-
53,720人/日
-2012年-
開業年月日 1927年昭和2年)4月1日
備考 *通過線2線含む
南口(2011年4月)
ホーム(2011年4月)

千歳船橋駅
配線図

経堂駅

2 1


STRg STRg STRf STRf
STR+BSr STR STR STR+BSl
STR+BSr STR STR STR+BSl
STR+BSr STR STR STR+BSl
STRg STRg STRf STRf

祖師ヶ谷大蔵駅

千歳船橋駅(ちとせふなばしえき)は、東京都世田谷区船橋にある、小田急電鉄小田原線である。

駅構造[編集]

間に通過線を挟んだ相対式ホーム2面4線を有する高架駅である。複々線化に伴い、各駅停車が当駅に停車中かどうかに関係なく特急ロマンスカー・快速急行・多摩急行・急行・準急などが追い越すことが可能になった。ホームの有効長は10両編成分であるが、2012年3月ダイヤ改正まで上りホームは10両編成での定期列車が停車せず、後ろ2両分は立ち入り禁止となっていた。

千歳船橋駅プラットホーム
ホーム 路線 方向(線路) 行先
1 小田原線 下り(緩行線) 小田原箱根湯本藤沢片瀬江ノ島方面
通過線 □小田原線 下り(急行線) (下り列車の通過)
通過線 □小田原線 上り(急行線) (上り列車の通過)
2 小田原線 上り(緩行線) 新宿千代田線方面

※下り梅ヶ丘 - 登戸間、上り向ヶ丘遊園 - 梅ヶ丘間の急行線・緩行線は原則として以下の通り使い分けられている。

〔急行線〕

特急ロマンスカー・快速急行・多摩急行・急行・準急が使用する。

〔緩行線〕

区間準急・各駅停車が使用する。

駅改札内設備[編集]

改札口は1階、ホームは2階にある。待合室は各ホーム中程にある。トイレは改札を入った正面にあり、多機能トイレを併設している。エレベーターエスカレーターは改札内コンコースとホームを連絡する。

2013年度の設備投資計画にて行先案内表示器の新設が盛り込まれ[1]同年12月7日より供用を開始した[要出典]

駅構内店舗[編集]

駅構内の店舗は全て1階にあり、売店 (OX SHOP)北欧トーキョーが改札外のみ、ドトールコーヒーが改札外と改札内の両方から利用できる形となっている。

利用状況[編集]

2012年度の一日平均乗降人員53,720人である[2]

近年の1日平均乗降・乗車人員の推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員推移[3][4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員
1990年(平成02年) 26,888
1991年(平成03年) 27,139
1992年(平成04年) 26,693
1993年(平成05年) 26,008
1994年(平成06年) 25,414
1995年(平成07年) 25,000
1996年(平成08年) 24,847
1997年(平成09年) 24,351
1998年(平成10年) 24,241
1999年(平成11年) 24,071
2000年(平成12年) 24,178
2001年(平成13年) 46,751 23,907
2002年(平成14年) 46,738 23,925
2003年(平成15年) 46,764 23,937
2004年(平成16年) 46,724 23,818
2005年(平成17年) 47,256 24,121
2006年(平成18年) 48,970 24,969
2007年(平成19年) 50,966 26,000
2008年(平成20年) 51,531 26,189
2009年(平成21年) 51,516 26,158
2010年(平成22年) 51,663 26,201
2011年(平成23年) 51,990 26,365
2012年(平成24年) 53,720 27,233

駅周辺[編集]

駅の南北には商店街が広がり、駅周辺は「ちとふな」の愛称で親しまれている。 南口の東方向にタクシー乗り場がある。

バス路線[編集]

駅前に小田急バス小田急シティバス京王バス東東急バスの路線が乗り入れる。停留所名は東急バスのみ「千歳船橋」であるほかは「千歳船橋駅」である。

小田急バス・小田急シティバス[編集]

京王バス東[編集]

東急バス[編集]

歴史[編集]

  • 1927年昭和2年)4月1日 - 開業。
  • 1937年(昭和12年)9月1日 - 片瀬江ノ島駅行「直通」の停車駅となる(小田原方面行「直通」は通過)。
  • 1948年(昭和23年)9月 - 「桜準急」が設定され、停車駅となる。
  • 1998年平成10年)4月16日 - 高架複々線化事業に伴う駅舎の外観デザインが決定される[6]
  • 2001年(平成13年)10月28日 - 下りホーム高架化。現在のホーム使用開始。
  • 2002年(平成14年)7月28日 - 上り線高架化。
  • 2003年(平成15年)12月14日 - 現駅舎供用開始。
  • 2004年(平成16年)
    • 5月23日 - 上り通過線使用開始(上り2線化完成)。
    • 9月26日 - 下り通過線使用開始(複々線化完成)。
    • 12月11日 区間準急が設定され、停車駅となる。

駅名の由来[編集]

千歳村」にあり、駅所在地付近は湿地帯だったため「船橋」を架けて交通の便を図ったことに由来する。

鉄道事業者制服を模したフィギュアシリーズ『鉄道むすめ』に登場する小田急女性駅員の「船橋ちとせ」の名前は、当駅に由来する。

隣の駅[編集]

小田急電鉄
小田原線
快速急行・多摩急行・急行・準急
通過
区間準急・各駅停車
経堂駅 (OH 11) - 千歳船橋駅 (OH 12) - 祖師ヶ谷大蔵駅 (OH 13)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2013年度の鉄道事業設備投資計画 (3)サービスの向上 ③行先表示装置の新設 (PDF) - 小田急電鉄(2013年4月30日閲覧)
  2. ^ 1日平均乗降人員 2014年2月16日閲覧
  3. ^ 東京都統計年鑑
  4. ^ 世田谷区の統計書 - 世田谷区
  5. ^ 各種報告書 - 関東交通広告協議会
  6. ^ 小田急線、新駅舎のデザイン決定 東京・世田谷の豪徳寺など5駅 読売新聞 1998年4月17日 東京朝刊29頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]