エビータ (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エビータ』(Evita)は、アンドリュー・ロイド=ウェバー作曲、ティム・ライス作詞によるミュージカル作品。このコンビが全編にわたり共同作業した最後の作品である。

アルゼンチンフアン・ペロン大統領が政権を獲得する前後の時代を舞台に、ペロンの二度目の妻であり、国民に絶大な人気を誇ったエヴァ・ペロンの姿を描いている。史実を踏まえてはいるが、フィクションである。劇中に登場する人物のチェは、チェ・ゲバラをモデルにしたキャラクターである。

アルバム[編集]

ロイド=ウェバーとティム・ライスのコンビによる前作、ジーザス・クライスト・スーパースターのように、『エビータ』は当初アルバムとしてリリースされた(1976年)。ナンバーの一つ、ジュリー・コーヴィントンが歌う『アルゼンチンよ、泣かないで』(Don't Cry for Me, Argentina)は、1977年2月に全英ヒットチャートで一位を記録するなど大ヒットし、オリビア・ニュートンジョンカーペンターズのアルバムでもカバーされている。 元マンフレッド・マンのリード・ヴォーカリストだったポール・ジョーンズは『傷だらけのアイドル』で主演した。 バーバラ・ディクソンが歌った『Another suitcase in another hall』は彼女を代表する曲となっている。

キャスト[編集]

ロンドン公演[編集]

イギリスでは『ジーザス・クライスト・スーパースター』を上回る好評を博したため、『エヴィータ』はハロルド・プリンスの演出により舞台化された。エレイン・ペイジのエヴィータで、1978年6月21日、ウェストエンドプリンス・エドワード劇場で初演されている。

オリジナル・スタッフ[編集]

オリジナル ロンドンキャスト[編集]

ロンドンでの再演[編集]

2006年6月2日よりウェストエンドのアデルフィー劇場で再演。 1996年の映画版の為に作られた曲『You Must Love Me』が採用されている。

  • エヴィータ: エレーナ・ロジャー(Elena Roger
  • チェ:マット・ロール(Matt Rawle
  • ペロン:フィリップ・コースト(Philip Quast

ブロードウェイ公演[編集]

ウェストエンド開幕直後の1979年にブロードウェイでも公演が始まる。こちらもハロルド・プリンスが演出を担当している。『エビータ』は1980年のトニー賞で最優秀ミュージカル賞ほか7部門で受賞する。

受賞したトニー賞[編集]

  • 最優秀ミュージカル作品賞:ロバート・スティグウッド
  • 最優秀ミュージカル作曲賞:アンドルー・ロイド・ウェバー(作曲)、ティム・ライス(作詞)
  • 最優秀ミュージカル男優賞:マンディ・パティンキン(チェ)
  • 最優秀ミュージカル女優賞:パッティ・ルポン(エヴァ・ペロン)
  • 最優秀ミュージカル脚本賞:ティム・ライス
  • 最優秀ミュージカル演出賞:ハロルド・プリンス
  • 最優秀ミュージカル照明効果賞:デビット・ハーシー

オリジナル ニューヨークキャスト[編集]

マドンナ主演の映画[編集]

ブロードウェイ公演が始まるとすぐに映画化が決まりメリル・ストリープがエビータ役に決まったが、諸般の事情によりこの話は凍結されてしまう。20年近くを経た1996年、映画版『エビータ』マドンナ主演でようやく映画化された。同映画はアカデミー賞で5部門でノミネートされ、最優秀歌曲賞を受賞した。

映画版キャスト[編集]

日本での公演[編集]

日本では劇団四季により上演されている。

日本版スタッフ[編集]

四季版キャスト[編集]

(キャスティングのみで出演記録がない場合を含む)

レコード・CD版キャスト[編集]

作品中のエビータ像[編集]

「ティム・ライスの歌詞は、必要以上にエヴァ・ペロンの事績、特に慈善事業に対する功績を貶めている」という批判は多い。『エビータ』における詩やストーリーの骨格は、メアリー・メイン著によるエビータの伝記、『ムチを持った女』(The Woman with the Whip )をもとに構築されている。しかしこの伝記はそもそもエヴァの影の部分を主に描いたもので、特にエバの政敵による証言が多いことが指摘されている。『エビータ』が舞台化されるとすぐ、エバ・ペロンを肯定的に描いた伝記『エビータ:エバ・ペロンの生涯の真相』(Evita: The Real Lives of Eva Perón )が出版されたが、このなかでは『ムチを持った女』が偏向的なエビータ像を紹介しているばかりか、基本的な事実についても数多くの誤謬を犯していることが指摘されている(一例:既婚者であるマガルディの愛人としてブエノスアイレスに来た事実はない)。

関連項目[編集]