フアン・ペロン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フアン・ドミンゴ・ペロン
Juan Domingo Perón

アルゼンチンの旗 アルゼンチン
第29、41代大統領
任期 1946年6月4日1955年9月21日
任期 1973年10月12日1974年7月1日

出生 1895年10月8日
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス州ロボス
死去 1974年7月1日(満78歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン ブエノスアイレス
政党 正義党Partido Justicialista
配偶者 エバ・ペロンイサベル・ペロン
署名 Fir-peron.JPG

フアン・ドミンゴ・ペロン(Juan Domingo Perón、1895年10月8日 - 1974年7月1日)は、アルゼンチン軍人政治家大統領

大統領に3回当選したが、独裁者と呼ばれたこともあり、アルゼンチン国内でもその評価は分かれる。ペロンの支援者「ペロニスタ」が母体となった正義党は、現在でも同国内で大きな影響力を持っている。

プロフィール[編集]

生い立ち[編集]

1895年にアルゼンチンの首都ブエノスアイレス郊外のロボスで、中産階級の下の家庭でイタリア系の父とスペイン系の母の間に生まれた[1]。なお、私生児とされ、母方の家系をさかのぼれば、先住民の先祖にたどりつく。8歳でブエノスイアレス郊外の小学校に入学し、その後16歳でアルゼンチン陸軍師範学校へ進学した。

軍人[編集]

1913年12月に師範学校を卒業した後、アルゼンチン陸軍の第12歩兵師団に少尉として配属された。1924年に大尉に昇進した後、1926年から1929年にかけて陸軍高等師範学校で軍事史の研究を修め、軍内で軍事史のスペシャリストとしての頭角を顕していった。1930年には陸軍師範学校の軍事史の教授となった後には精力的に軍事理論や特に日露戦争を中心とする軍事史の研究を行い、その観点から1930年代にはドイツ軍総力戦思想、具体的には国家の工業化と国民統合の必要性を訴えるようになっていった。

陸軍内での出世は速い方ではなかったが、第二次世界大戦中の1939年から1941年までイタリア王国で駐在武官として赴き、ベニート・ムッソリーニファシズムに影響された。帰国後、枢軸国支持派の軍人とGOU(統一将校団)と呼ばれる秘密結社を組織。1943年5月に陸軍次官に任命された。同年10月に国家労働局次長に任命され、労働局が労働福祉庁に改組されるとペロンは同庁の初代長官となり、労働争議に介入し、労働者に有利な裁定を行った。労働法の制定や労働者の組織化にも力を注ぎ、こうした労働者保護政策によって1943年から1945年までの二年間で、「社会党が数十年かかってなしとげた以上の成果を達成した」(ペンドル)[2]。しかし一方でこのような国家による労使協調政策に反対する自主的な労働組合、特に共産党系の労働運動は激しく弾圧され、ペロンの労働政策は労働者に対する保護と規制を同時に推進する性格を持っていた。

アルゼンチンは第二次世界大戦には大勢が決した1945年まで参戦せず、大戦中はほぼ一貫して親枢軸的中立国であったが、アメリカ合衆国の圧力に屈して大日本帝国ドイツと断交したことをきっかけにラミレスが失脚し、1944年にペロンの友人のエデルミロ・ファーレルが大統領に就任すると、ペロンは陸軍大臣と副大統領に就任した。事実上の実権を握ったペロンが露骨な枢軸国寄りの政策を取ったため、それを嫌ったアメリカ合衆国は大使召還、経済制裁の発動など厳しい反ペロン政策を採ったが、このことが逆に外圧に抵抗する国家主権の擁護者としてのアルゼンチン国内におけるペロンのイメージを高め、この頃からペロンの思想はペロニスモ(ペロン主義)、ペロンの支持者はペロニスタ(ペロン主義者)と呼ばれるようになっていった。

大戦終結後、アメリカとアルゼンチンの関係は悪化した。アメリカの駐アルゼンチン大使のスプルーレ・ブレイドンは公然とペロンを批判し、1945年10月17日にはアメリカが後押ししたエドゥアルド・アバロス将軍による軍事クーデターにより一時拘束されたが、親ペロン派の軍人たちや、ペロン支持を決議したCGTのゼネスト、そしてペロンの釈放を求めて五月広場に大挙した労働者達による後押しを受けて、後に2番目の妻になる元女優エバ・ペロン(エビータ)が、国民にラジオでペロンの釈放を訴えたことなどによりクーデターは数日間で失敗、釈放された。

ペロンとエバ・ペロン


大統領当選[編集]

ペロンは1946年に大統領に当選した。大統領就任後は、労働組合の保護や労働者の賃上げ、女性参政権の実現、イギリス系、アメリカ系などの外資系企業の国営化、貿易の国家統制などの政策を推し進め、労働者層から圧倒的な支持を受けるが、一方で独裁政権を敷き反対派は強制収容所に投獄した。この政策から「左翼ファシスト」と一部では評される。民族主義に基づく民族資本産業の育成、外国資本の排除(アルゼンチン国内のイギリス系鉄道の国有化等)など、ファシズムに共通する点が見受けられるが、ファシズムか否かでは論議が分かれる。また、ポピュリズム的傾向も見られる。なお、ユダヤ人に対する迫害には、毅然と反対した。

しかしその後、連合国により国際指名手配されていたものの、イタリアの極右政党幹部であるリーチオ・ジェッリなどの手を借りて逃亡してきたドイツ戦犯を多数匿い、アルゼンチンの軍や治安機関の育成に当たらせている。ドイツ戦犯の逃亡を助けた背景には、第二次世界大戦中にドイツからの支援を受けていた上に、ドイツの科学技術を獲得したかったからだとされる。

当時のアルゼンチンは、第二次世界大戦での輸出によって富裕国でありそれで得た外貨によってこれらの政策をおこなったが、すぐに使い果たし1949年頃からはアメリカやカナダの増産により食糧輸出は不振となってインフレがおこった。次第にペロンは苦境に追い込まれる。

再選と亡命[編集]

1952年に再選したものの、同年7月に国民からカリスマ的な支持を受けた妻、エバがにかかり死亡すると国民からの支持をなくし、さらに離婚法を制定したことから、これまでペロンに対して強い支持を与えていたカトリック教会との関係も壊れた。

遂に1955年9月16日には、海軍と陸軍が起こした軍事クーデター(リベルタドーラ革命英語版)により大統領の職を追われ、独裁者仲間のアルフレド・ストロエスネル大統領が国を治めるパラグアイ経由で、同じく独裁者のフランシスコ・フランコ将軍が君臨するスペイン亡命した。その後亡命先のスペインでナイトクラブ歌手イサベル・ペロンと再婚する。

大統領三選[編集]

ペロンとチリアウグスト・ピノチェト大統領。

ペロン本人は亡命したものの、アルゼンチンの政情は不安定なままで、モントネーロスペロニスタ武装軍団などの都市ゲリラが跋扈し、経済状況も悪化したままの状態を続けることとなる。この様な状況を受けて、ペロンの亡命後も後も「ペロニスタ」(ペロン派・ペロン主義者)と呼ばれる支持者がアルゼンチン国内で影響力を持ち続ける。

ペロン失脚後、混迷するアルゼンチンの政局を打開するため、大統領だったアレハンドロ・ラヌーセ将軍はペロン党の出馬を認めた選挙を1973年3月11日に実施した。この選挙でペロン党は勝利し、エクトール・カンポラが大統領に就任した。しかし、カンポラの就任直後からペロニスタ内部での左派と右派の抗争が激化し、ペロンの帰国を歓迎する空港での集会で両派が死者を出す事態に発展すると、唯一全ペロニスタを統率できる人物として、再びペロン本人が脚光を浴びることとなった。

亡命から18年近く経った1973年7月にカンポラの辞任を受け、ペロニスタ達はペロンに帰国して大統領選挙に出馬することを要請した。帰国したペロンは9月に行われた大統領選に勝利し同年の10月に三たび大統領に就任した。副大統領には自らの妻であるイサベル・ペロン(イサベリータ)を任じるが、既に78歳となっていたペロンに混迷するアルゼンチンをまとめ切るだけの指導力はなく、帰国後わずか1年後の1974年7月に心臓発作で病死した。

ペロンはアルゼンチンに正負共に大きな遺産を残したものの、ペロンの登場まで政治の枠組みの外部に置かれていた国民には愛され、ペロンの死に当たっては全国から100万人以上の支持者が葬儀に参列し、国会議事堂周辺には最後の別れを告げようとする数キロに渡る列が出来た[3]

死後[編集]

イサベル・ペロンの昇格[編集]

その後、副大統領であったイサベル・ペロンが大統領に昇格し、世界初の女性大統領となる。就任後は、軍内のペロン支持派とともに亡き夫の政権時代以上に強権的な体制を敷き、1975年には反政府派の弾圧を行ったほか、多数の人権活動家を投獄、殺害するなどし国民のみならず政府や軍の反感を買ったこともあり、1976年3月に起きた軍事クーデターで解任される。

なお、その後イサベルはスペインに亡命したものの、民主化を達成したアルゼンチン政府を通じて、反政府派の人権活動家の殺害を指示した罪状で国際手配され、2007年1月に亡命先のマドリードの自宅で逮捕された。

ペロニスタ[編集]

死後30年以上経った現在でも、ペロンの支持基盤だった「ペロニスタ」はアルゼンチンで大きな影響力を持っている。「ペロニスタ」を母体とした「ペロン党」(正式名は「正義党」)は1989年以降、カルロス・メネムネストル・キルチネル、そして現職のクリスティーナ・キルチネルと三代の大統領を誕生させ、議会内においても大きな勢力を保っている。

脚註[編集]

  1. ^ 松下洋「ポピュリズムの思想 フアン・ドミンゴ・ペロン」『ラテンアメリカ 開発の思想』今井圭子編、日本経済評論社、2004年11月 pp.128-129
  2. ^ 中川文雄、松下洋、遅野井茂男『世界現代史34 ラテン・アメリカ現代史II』山川出版社、1985年 p.359
  3. ^ 中川文雄、松下洋、遅野井茂男『世界現代史34 ラテン・アメリカ現代史II』山川出版社、1985年 p.376

参考文献[編集]

  • 中川文雄松下洋遅野井茂男『世界現代史34 ラテン・アメリカ現代史II』山川出版社、1985年
  • 今井圭子編『ラテンアメリカ 開発の思想』日本経済評論社、2004年
    • 松下洋「ポピュリズムの思想 フアン・ドミンゴ・ペロン」『ラテンアメリカ 開発の思想』

関連文献[編集]

  • 『ペロニズム・権威主義と従属 ラテンアメリカの政治外交研究』松下洋 有信堂高文社, 1987.2.

関連項目[編集]

政治思想
関連人物
家族
影響を受けた人物
影響を与えた人物
その他
その他

外部リンク[編集]

公職
先代:
エデルミロ・フリアン・ファレル英語版
ラウル・アルベルト・ラスティリ英語版
アルゼンチンの旗 アルゼンチン共和国大統領
第29代:1946 - 1955
第41代:1973 - 1974
次代:
エドゥアルド・ロナルディ
イサベル・ペロン