正義党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルゼンチンの旗 アルゼンチンの政党
正義党
Partido Justicialista
党首 ダニエル・シオリ
成立年月日 1947年
本部所在地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
政治的思想・立場 ペロン主義
公式サイト www.pj.org.ar
国際組織 中道民主インターナショナル
米州キリスト教民主主義機構
ラテンアメリカ常任政党協議
ラテンアメリカ政党同盟
テンプレートを表示

正義党(せいぎとう、Partido Justicialista, 略称:PJ)は、アルゼンチンの政党である。通常ペロン党Partido Peronista)として知られている。アルゼンチンにおける最大政党であり、クリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル大統領の与党である。またアルゼンチン下院においては最大議席を保有しており、上院においても多数派を占めている。なお、支持者はペロニスタと呼ばれる。

概要[編集]

1947年に当時のフアン・ペロン大統領によって結成され、「自由革命」と呼ばれる軍事クーデターによりペロンが追放された1955年から、ペロンが再び大統領に就任した1973年まで非合法化された。

政治思想による明確な分類は当てはまらず、ペロン大統領支持を基盤に結成された寄せ集め的な政党であった。特に1973年以降からは左派だけでなく、ホセ・ロペス・レガなど極右のグループをも包含する政党となった。

1983年に行われた民政移管後初の総選挙では急進市民同盟ラウル・アルフォンシンに敗れたが、1989年には正義党のカルロス・メネムが勝利したことにより政権を奪還した。メネム大統領は、これまでの正義党の伝統的な政策だけでなく公約にも反して新自由主義を掲げ、正義党のイメージを全面的に作り変えた。1999年の選挙では急進党と正義党から分裂したフレパソが擁立したフェルナンド・デ・ラ・ルアに敗れた。しかし2001年10月の議会選挙では勢力を取り戻し、アルゼンチン経済危機の混乱の中で、議会によって正義党のエドゥアルド・ドゥアルデが暫定大統領に選出された。

2003年の総選挙では、有権者の支持が右派のメネムと、左派のネストル・キルチネル、他党との連立で政権を運営していたアドルフォ・ロドリゲス・サアの三者に割れたが、結果キルチネルが勝利し、正義党は彼の下でより左派的な側面を著しくし始めた。

2005年の議会選挙では、上院のブエノスアイレス州選出議席を巡りクリスティーナ・フェルナンデス・デ・キルチネル(現大統領)と、イルダ・ゴンサレス・デ・ドゥアルテを中心とする2つの党派に分裂した。クリスティーナ陣営は他の少数勢力などと連携し、ドゥアルテ陣営を大差で圧倒した。

出身のアルゼンチン大統領[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]