ガイズ&ドールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ガイズ&ドールズ (Guys & Dolls) は、1950年初演のミュージカルデイモン・ラニアンの2つの短編『The Idyll of Miss Sarah Brown』『Blood Pressure』を原作としている。ブロードウェイでも、最も陽気なミュージカル・コメディの一つとして、評価の高い作品である。

概要[編集]

舞台版[編集]

1950年、ブロードウェイで作曲:フランク・レッサー、演出:ジョージ・S・カウフマン、振り付け:マイケル・キッドらにより初演され、上演回数1200回、4年のロングラン公演となった。

トニー賞では、ミュージカル作品賞をはじめ、演出賞、作詞・作曲賞、台本賞(ジョー・スワーリング/エイブ・バローズ)、振付賞、主演男優賞(ロバート・アルダ)などを受賞。 このあとブロードウェイでは、1976年にオール黒人キャスト版が、また1992年4月から1995年1月まで1143回のロングラン公演が行われている。

初演での主役の中心軸は、スカイ・マスターソンとサラ・ブラウンだが、1992年4月から1995年1月までの公演では、主役の中心軸を、ややネイサン・デトロイドとアデレイドに移した作りになっている。また、1992年4月から1995年1月までの公演ではトニー賞で、ベスト・リバイバル賞をはじめ、演出賞(ジュリー・サックス)、舞台美術賞(トニー・ウォルトン)、主演女優賞(アデレイド役のフェイス・プリンス)などを受賞している。

また、この公演は、テレビ朝日の開局35周年記念公演として、1993年9月から10月まで日生劇場において、来日公演が行われた。この時、アデレイド役として、ローナ・ロフトライザ・ミネリの妹)が、来日している。

日本では、宝塚歌劇団で、1984年11月から12月に宝塚歌劇70周年の記念公演として上演され、その後1993年5月には日生劇場開場30周年記念として、東宝版(タイトルは、「ガイズ&ドールズ」ではなく、「ガイズ・アンド・ドールズ」)が、2002年1月から2月には宝塚歌劇88周年記念として、再び宝塚版が上演されている。 因みに宝塚版では、初演・再演どちらも月組によって上演されている。

2010年4月、内博貴主演で上演。同年8月に名古屋での再演が決定している。

映画版[編集]

映画版は1955年に、スカイ=マーロン・ブランド、サラ=ジーン・シモンズで上映され、日本では翌1956年に、『野郎どもと女たち』と言う題で上映されている。この映画版では、ニューヨークの話ながら、ニューヨーク・ロケは行われず、スタジオにニューヨークのセットを作って撮影された。また、一部ミュージカルナンバーも異なっている。

あらすじ[編集]

1948年頃のニューヨークタイムズ・スクエアに巣喰っている賭博師のネイサン・デトロイドは、アデレイドと婚約したまま賭博に熱中、今日も今日とて賭場を開きたいのだが、ブラニガン警部をチーフとしたニューヨーク市警の取締りが厳しいため、適当な場所が見つからず困っていた。 そんな時、ジョーイ・ビルトモアと言う男が、前金千ドルで倉庫を貸そうと言って来た。しかし、金が無い。ネイサンは、仲間のスカイ・マスタースンに、一つの“賭けを”申し込む。 「俺が指名する女を一晩でものにしたら千ドルを払おう。できなければ、千ドルは俺のものだ」と。プレイボーイのスカイが、このうまい話に乗らない訳が無い。すぐさまOKした。

ところが、ネイサンが指名した女は、お堅い事で有名な救世軍の娘サラ・ブラウンだった。スカイは彼女に「次の水曜の夜、一緒に食事をしないか。その代わりに、伝道所の集会に十二人の信者を出席させよう」と言葉巧みに誘った。しかし、サラは単なる食事の誘いだけでは無いと見抜いたが、折も折、カーライト将軍から信者が少ないのを理由に伝道所の閉鎖を言い渡されていた時でもあったので、スカイの申し出を受け入れたのだった。

デートの夜、初めての遠出でハバナへ出掛けたサラ。つい羽目を外してしまい、酒に酔った勢いでスカイに愛の告白をしてしまった。だが、スカイの返事は意外なものだった。「酔っている女を自分の物にするのは、俺の自負心が許さない」と、心の内とは裏腹に冷たく突き放したのだった。

話し変わってちょうどその夜、サラもいない、救世軍の連中も布教に出掛けて留守と言う伝道所では賭場が開かれていた。そして、間の悪いことに、ニューヨーク市警の手入れを受けてしまった。このことを知ったサラは、スカイがこの賭博を開くために自分を騙したのだと誤解した。一方、スカイは、ネイサンに賭けの結果を報告する為に出掛けて行くと、彼は賭博で大負けの有様で、「俺、今は“文無し”だから、掛け金の千ドルは当分払えないよ」と言う。スカイは、実はこうこうしかじかだと言い、「賭けは俺の負けだ」と言って千ドルをネイサンに渡した。

スカイは、サラとの約束を果たす為に、賭博仲間に「今夜、伝道所の集会に出席してくれないか」と頼むが断わられる。そこで仕方なく、スカイは彼らと賭けをした。「俺が勝てばお前達は伝道所へ行ってくれ。俺が負けたら一人当たり千ドルを払う」結果は、スカイが勝った。賭博師たちはしぶしぶ伝道所に向かう。

それから数日後、スカイとサラの結婚式が挙げられ、スカイはすっかり伝道所の一員になっていた。そして、ネイサンも又、十四年間もおあずけだった婚約者アデレイドと、目出度く結ばれたのだった。

主な登場人物[編集]

  • スカイ・マスタースン(主人公。クラップ・シューター)
  • ネイサン・デトロイト(副主人公。スカイの仲間)
  • サラ・ブラウン(ヒロイン。救世軍の女軍曹)
  • アデレイド(“ホット・ボックス”の踊り子、ネイサンと14年間婚約したままの間柄)
  • ブラニガン警部(スカイやネイサンが賭場を開こうとするのを取り締まる)
  • ナイスリー・ナイスリー・ジョンソン(ネイサンの仲間)
  • ベニー・サウスストリート(同)
  • ラスティ・チャーリー(同)
  • ハリー・ザ・ホース(同)
  • ビッグ・ジュール(シカゴの大親分)
  • ジョーイ・ビルトモア(車庫の持ち主)
  • カートライト将軍(サラの上司)
  • アーヴァイト・アバーナシー(救世軍の一員、サラの後見人)
  • マーサ(救世軍兵士)
  • タバサ(同)
  • アガサ(同)
  • カルヴィン(同)
  • クロスビー(同)
  • ミミ(踊り子)

宝塚版での主な配役[編集]

本公演キャスト
  1984年11月〜12月月組
宝塚大劇場
1985年3月月組
東京宝塚劇場
2002年月組
スカイ 大地真央 紫吹淳
ネイサン 剣幸 大和悠河
サラ 黒木瞳 映美くらら
アデレイド 条はるき 春風ひとみ/仁科有理[1] 霧矢大夢
ブラニガン警部 麻月鞠緒 立ともみ
ナイスリー 未沙のえる 大空祐飛
ベニー 郷真由加 月船さらら
ラスティ 涼風真世 北翔海莉
ハリー 桐さと実 越乃リュウ
ビッグ・ジュール 旺なつき 汐美真帆
ジョーイ 有明淳 光樹すばる
カートライト将軍 京三紗 夏河ゆら
アーヴァイト 汝鳥怜 嘉月絵理
マーサ 常盤幸子 穂波亜莉亜
タバサ 翼ひかる 茜みつ希
アガサ 富美さかえ 美原志帆
カルヴィン 白川亜樹 麗たまき[2] 麻真もゆ
クロスビー 桃梨江子 [3]旭麻里 夏輝れお
ミミ 仁科有理 邦なつき[1] 美々杏里
  1. ^ a b 条はるき の退団に伴う、役代わり(3/1〜18春風・3/19〜31仁科)
  2. ^ 白川亜樹が退団したことに伴う役代わり
  3. ^ 桃梨江子が旭麻里へ芸名を改名したことによる
新人公演キャスト
  1984年12月月組
(宝塚大劇場)
1985年3月月組
(東京宝塚劇場)
2002年月組
スカイ 郷真由加 月船さらら
ネイサン 涼風真世 北翔海莉
サラ 朝凪鈴 城咲あい
アデレイド こだま愛 紫城るい
ブラニガン警部 大和なつ希 楠恵華
ナイスリー 一文字新 青樹泉
ベニー 若央りさ 真野すがた
ラスティ 美輪さいこ 彩那音
ハリー 高原るみ花 瀬央みつき
ビッグ・ジュール 愛川麻貴 研ルイス
ジョーイ 麻路さき 良基天音
カートライト将軍 翼ひかる 宝生ルミ
アーヴァイト 波音みちる 風雅湊
ミミ 並樹かおり 憧花ゆりの

1993年 帝国劇場版での主な配役[編集]

 他

2010年東宝版での主な配役[編集]

( )内は中日劇場公演(8月再演)で変更があった配役

 他

関連項目[編集]