リッキー・マーティン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リッキー・マーティン
(Ricky Martín)
リッキー・マーティン(2003年)}
リッキー・マーティン(2003年)
基本情報
出生名 エンリーケ・ホセ・マルティーン・モラーレス
Enrique Martín Morales
出生 1971年12月24日(42歳)
出身地 プエルトリコの旗 プエルトリコ サンフアン
ジャンル ポップ・ミュージック
ラテン音楽
職業 歌手
担当楽器 ボーカル
活動期間 1984年 - 現在
レーベル ソニー・ミュージック
コロムビア・レコード
共同作業者 メヌード
マーク・アンソニー

リッキー・マーティンRicky Martin1971年12月24日 - )は、プエルトリコ出身の歌手。本名エンリーケ・ホセ・マルティーン・モラーレス(Enrique Martín Morales)。

経歴[編集]

メヌード[編集]

1984年に、当時スペイン語圏およびアメリカで大人気を誇っていたプエルトリコ出身の少年ボーカルアイドルグループ、メヌードの追加メンバーとしてデビューした。

ソロ活動[編集]

1989年に脱退後はメキシコに活動の拠点を移す。舞台やテレノベラで俳優として活躍した後、1991年ソロシンガーとしてデビュー。1997年の『マリア』のフランスでのヒットを受け1998年1998 FIFAワールドカップでテーマソングである『ザ・カップ・オブ・ライフ』を歌い国際的に人気が高まる。その後1999年に『リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ』で全米にて英語アルバムデビューを果たし、以後活動拠点をアメリカに移す。1999年に発売したアルバム「Ricky Martin Here I Am」は全世界で1700万枚以上、日本で100万枚以上のセールスとなった。

世界各国でのツアーを行うほか、ユニセフの活動にも積極的に参加。「Ricky Martin Foundation」を設立し、世界中の学校へ行けず働かされている子どもたちや津波などで家をなくした子どもたちに教育の場などを与える活動を続けている。

私生活[編集]

2008年8月に代理出産にて誕生した双子、マテオとヴァレンティノの父親となる。

ソロデビュー以降幾度と無く同性愛疑惑が持ち上がったが、子供が誕生し彼らと自分自身、またファンに正直でありたいとの理由でゲイであることを2010年3月に公式サイトにて公表した。[1]

2010年11月に自叙伝"Yo"を発表。自身のカミングアウトについても記している。

ディスコグラフィ[編集]

主なヒット曲[編集]

アルバム[編集]

  • Ricky Martin (1991)
  • Me Amaras (1993)
  • A Medio Vivir (1995)
  • Vuelve (1997)
  • Ricky Martin (1999, ファーストアルバムとは収録曲が異なる) オリコン最高位5位
  • Sound Loaded (2000)
  • La Historia (2001, スペイン語ベスト盤)
  • The Best of Ricky Martin (2001, 英語ベスト盤)
  • Almas Del Silencio (2003)
  • Life (2005)
  • MTV UNPLUGGED (2007)
  • Música + Alma + Sexo (2011)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
FIFAワールドカップ
公式イメージソング・
アーティスト
1998年・フランス
『The Cup of Life』
次代:
2002年・日本・韓国
アナスタシア
『Boom』